ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2





YouTube

>
 カチンコ

残穢(ざんえ)住んではいけない部屋 / 2016年 日本  









【解説】

 事件をつなぐ<穢(けが)れ>の正体とは?

 読者の女子大生から“今住んでいる部屋で、奇妙な音がする”という手紙を受け取ったミステリー小説家が、二人で異変を調査するうちに驚くべき真実が浮かび上がってくる様を描くミステリー・ホラー。

 『屍鬼』などで知られるベストセラー作家・小野不由美の本格ホラー小説『残穢(ざんえ)』(第26回山本周五郎賞受賞)を映画化。、

 監督は、「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」などの中村義洋。
 実話とフィクションが混ざりあったドラマを臨場感たっぷりに描き出した。
 土地に残る“穢(けが)れ”が徐々に明かされていく恐怖が本作の魅力だが、ホラーというよりもミステリー寄り。 怪異現象の原因が解き明かされていく過程は面白い。

 主人公“私”には、中村監督とは5度目(8年ぶり)のタッグとなる竹内結子が扮している。
 彼女と一緒に事件の調査に乗り出す大学生を、「リトル・フォレスト 夏・秋」などの橋本愛が演じた。
 そして、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一らが脇を固めている。

【あらすじ】

 ミステリー小説家である私(竹内結子)に、読者の女子大生・久保さん(橋本愛)から自分が住んでいる部屋で変な音がするという手紙が届く。
 早速二人で調べてみると、そのマンションに以前住んでいた人々が自殺や心中、殺人などの事件を起こしていたことが判明。
 久保さんの部屋で生じる音の正体、そして一連の事件の謎について調査していくうちに、予想だにしなかった事実がわかり…。

◎完成披露試写会
【キャスト】

 竹内結子(私)
 橋本愛(久保さん)
 佐々木蔵之介(平岡芳明)
 坂口健太郎(三澤徹夫)
 滝藤賢一(直人)
 山下容莉枝

【スタッフ】

 監督: 中村義洋
 原作: 小野不由美
 脚本: 鈴木謙一
 企画: 永田芳弘
 プロデュース: 永田芳弘
 プロデューサー: 池田史嗣
 撮影: 沖村志宏
 照明: 岡田佳樹
 美術: 丸尾知行
 音楽: 安川午朗  助監督: 片桐健滋


 上映時間: 107分




スポンサーサイト



category: 残穢(ざんえ)住んではいけない部屋

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/416-b50f7986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



ホームへ戻る
[PV]