ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

ロンリBIGI バナー 2

YouTube

>
 カチンコ

仄暗い水の底から / 2002年 日本  









【解説】

 ずっとずっと いっしょだよね、ママ。  

 とあるマンションを舞台に、幼い娘をかかえた母親を襲う非日常の出来事とは?
 “水”という生活に不可欠な要素をモチーフに恐怖を描くことによって、ありとあらゆる角度から恐怖を生み、魂を揺さぶるグランド・ホラー。

 原作は、鈴木光司のホラー短編集『仄暗い水の底から』(ほのぐらいみずのそこから)。 水と閉鎖空間をテーマとした7編の物語が収録され、そのうちの1編[浮遊する水]を映画化。

 監督は、「リング」で日本中を世紀末ホラー・ブームへ巻き込ませた中田秀夫。 再び鈴木光司・原作に挑戦した。
 原作は東京湾をテーマにしたホラー連作短編だが、映画はその舞台をベースに、離婚・親権問題を抱えた母親の苦悩と、母娘が住むマンションで続発する怪奇現象が同時進行する。 そして、ホラー映画としては珍しく、悲しみと自己犠牲が涙を誘う結末も味わい深い作品となった。

 次第に恐怖に浸食されながら母性を貫き通そうとする主人公に黒木瞳。 深みのある感情表現によって、精神的に不安定ながらも、娘への慈愛に満ちた淑美の姿を体現している。 そして、彼女が味わう恐怖はひしひしとこちらに伝わってくる。

 本作は、2003年のジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭でグランプリを受賞。  2005年にはハリウッド版のリメイク「ダーク・ウォーター」も製作された。

【あらすじ】

 5歳の娘・郁子(菅野莉央)の親権をめぐって別れた夫と争っている松原淑美(黒木瞳)は、新しい就職先である出版社にほど近いマンションへ引っ越してきた。
 はじめは快適そうに見えたマンション暮らしだが、大きくなる天井のシミや、上階の子供の足音など、淑美の気にさわることが次第に増えていく。
 そんな中、淑美は真夜中にマンションの屋上に上がる郁子を目撃する。
 屋上の高架水槽付近で誰かと会話しているような郁子。
 だが、そこには子供用の赤い手提げバックしかない。
 淑美はバックを管理人に届けるが、いつの間にかそれは元の場所に戻っていた…。

▽ビデオ版 「呪怨 (2000年)」▽
 
▲▲物語は全ての呪いの発端を描いたもの。 家の持ち主は、佐伯家→村上家→北田家という順番で住人が変わり、これ以後は“劇場版”の
徳永家へと続いていく…。
【キャスト】

 黒木瞳(松原淑美)
 小日向文世(浜田邦夫)
 小木茂光(弁護士・岸田)
 徳井優(不動産屋・太田)
 水川あさみ(浜田郁子…16歳)
 菅野莉央(松原郁子)
 小口美澪(河合美津子)
 谷津勲(管理人・神谷)

【スタッフ】

 監督: 中田秀夫
 プロデューサー: 一瀬隆重
 原作: 鈴木光司
 脚本: 中村義洋、鈴木謙一
 撮影: 林淳一郎
 特殊効果: 岸浦秀一
 視覚効果: 橋本満明
 美術: 中澤克巳
 編集: 高橋信之
 音楽: 川井憲次
 主題歌: スガシカオ 『青空
 サウンドエフェクト: 柴崎憲治
 照明: 豊見山明長
 制作プロダクション: オズ
 整音: 柿澤潔
 装飾: 松本良二

 上映時間: 101分




スポンサーサイト



category: 仄暗い水の底から

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/415-02083e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



ホームへ戻る
[PV]