ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 音楽・映画ランキング

 カチンコ

幻魔大戦 / 1983年 日本  









【解説】

 英題: HARMAGEDON

 大宇宙の破壊を企む暗黒の支配者、幻魔と戦う地球の各地から集まったエスパーたちの活躍を描く超能力バトル・アクション。

 原案:平井和正、画:石ノ森章太郎で人気を得た名作漫画『幻魔大戦』および平井和正による小説『幻魔大戦』を原作とした、“幻魔大戦”シリーズ最初の映像化作品。
 映画では、漫画版の全編と、小説版のうち角川文庫版で第3巻あたりまでの展開をベースにした物語に、オリジナルの結末を加えて物語を完結している。

 大作の映画化だけに、スタッフ、声優ともに最高の布陣で製作された。
 絵柄や雰囲気からは、石森章太郎テイストは感じられず、平井和正&りんたろうテイストが強いため、好みが分かれるところであるが、シナリオ、画作すべてにおいて、本当に丁寧に作られている。

 角川映画(旧・角川春樹事務所)による“角川アニメーション映画”第1作であり、実制作をしたマッドハウス黎明期の長編映画の一つでもある。 当時、角川春樹事務所所属のアイドルだった原田知世がタオ役で出演している。

 監督は、「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」の りんたろうが担当。 当時のリアルでデジタルチックな、そして怖い映像で仕上がっている。 さらに、構図、色調、背景の音、全てにこだわりを感じる。
 近頃はCG自慢のアニメも多いが、本作を見ると、そんなものがなくても、かなりの表現ができることを証明している。  

 声優には美輪明宏、小山茉美、 原田知世、 池田昌子、古谷徹ら一流の俳優、女優が参加し、 音楽は、<ELP>のキース・エマーソン。
 主題歌は、ローズマリー・バトラーの『光の天使(CHILDREN OF THE LIGHT)』。

 映画および原作は、オウム真理教を生み出すきっかけになったのでは?と指摘され、のちに一部で猛批判にさらされたという。 しかし善悪を超えた、1980年代的作品だった!。

【あらすじ】

 大宇宙の破壊者“幻魔”が地球に接近しつつあった。
 宇宙の意識体“フロイ”のメッセージを受け取った、トランシルバニアの王女にしてエスパーの“  ルナ”は、やはり幻魔と戦っているというサイボーグ兵“ベガ”と共に地球を守る戦いを開始する。
   ルナは全世界のサイオニクサー(超能力者)を集め、幻魔に対抗しようと考える。
 そのうちのひとり、高校生の東丈は自分の能力にまったく気付いていなかったが、ベガの挑発によって超能力を開花させる。
 しかし、精神的に幼い彼は、宇宙を守る戦いに参加するよう説得するルナに対して心を閉ざしてしまう。そんな彼の元にも敵は容赦なく現れ…。

◎ 主題歌 『光の天使』
【キャスト (声の出演)】

 古谷徹(東丈)
 恵比寿まさ子(東丈…幼年期)
 小山茉美(ルナ)
 江守徹(ベガ)
 池田昌子(東三千子)
 潘恵子(沢川 淳子)
 美輪明宏(フロイ)
 佐藤正治(幻魔大王)
 穂積隆信(カフー)
 永井一郎(ザンビ)
 滝口順平(ザメディ)
 塩沢兼人(江田四郎)
 林泰文(ソニー・リンクス)
 原田知世(タオ)
 槐柳二(ヨーギン)
 田中秀幸(アサンシ)
 内海賢二(サラマンダー)
 寺田誠(オライリー署長)
 白石加代子(女占星術師)
 宮内幸平(侍従長)
 矢田耕司(アナウンサー)
 塩屋翼、塩屋浩三(黒人ギャング)
 加藤友子、青木典子(若い女)

【スタッフ】

 製作: 角川春樹・石森章太郎(石ノ森章太郎)
 原作: 平井和正・石森章太郎
 脚本: 桂千穂・内藤誠・真崎守
 監督: りん・たろう
 キャラクターデザイン・原画: 大友克洋
 作画監督: 野田卓雄
 作画監督補佐: 富沢和雄
 美術監督: 椋尾篁
 美術: 男鹿和雄・窪田忠雄
 撮影: 八巻磐
 スペシャルアニメーション: 金田伊功
 音楽: キース・エマーソン、青木望
 音響監督: 明田川進
 編集: 田中修

 上映時間: 135分


忍者AdMax


スポンサーサイト

category: 幻魔大戦

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/366-b7b42019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



ホームへ戻る
[PV]