ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

雨に唄えば / 1952年 アメリカ  









【解説】

 原題: SINGIN' IN THE RAIN

 サイレント映画からトーキー映画に移る時代を描いたコメディあふれる傑作バックステージ(舞台裏)・ミュージカル。

 監督は、主演のジーン・ケリーとスタンリー・ドーネンが共同で務めた。
 サイレント映画からトーキー映画に移り変わる映画業界のドタバタっぷりを歌と踊りでコメディタッチに描き出した。
 華やかな映画業界の舞台裏では、大騒動が起こっていたという映画の歴史をちょっとだけ知る事ができる作品でもある。
 本作は、「トップ・ハット」、「バンド・ワゴン」、「巴里のアメリカ人」などと並ぶミュージカル映画の傑作として知られている。

 監督・主演は、「踊る大紐育」のジーン・ケリー。 ジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で、主題歌を歌いながらタップダンスを踊る場面は、映画史に残る名シーンとされているる。
 キャシー役のデビー・レイノルズ(「スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソードIV 」などのレイア姫役でお馴染みキャリー・フィッシャーの実母)も、ひたすらに可愛らしくてはつらつとしたダンスと優しい歌声を披露している。
 それ以外にもジーン・ケリー、ドナルド・オコナー、デビー・レイノルズの3人が陽気に歌う数々のナンバーが楽しめる(『サウンドトラック』)。

【あらすじ】

 無声映画からトーキーに移行し始めた頃のハリウッド。
 人気スターのドン(ジーン・ケリー)とリナ(ジーン・ヘイゲン)は何度も共演し結婚を噂される間柄だが、ドンはつけ上がった態度のリナに愛想を尽かしている。
 そんなある夜、ドンは歌も踊りも上手い新進女優キャシー(デビー・レイノルズ)と恋に落ちる。
 その後、ドンとリナの新作がトーキーで製作されることになるが、リナの致命的な悪声のために不評を買ってしまう。
 そこでドンはリナの声をキャシーに吹き替えて製作することを思い立つ…。

◎ Singing in the Rain Soundtrack
【キャスト】

 ジーン・ケリー(ドン・ロックウッド)
 デビー・レイノルズ(キャシー・セルドン)
 ドナルド・オコナー(コズモ・ブラウン)
 シド・チャリシー(ドンのパートナーダンサー)
 ジーン・ヘイゲン(リナ)
 ミラード・ミッチェル(シンプソン)
 ダグラス・フォーリー(デクスター)
 リタ・モレノ(ゼルダ)

【スタッフ】

 監督: ジーン・ケリー
 スタンリー・ドーネン
 製作: アーサー・フリード
 脚本: アドルフ・グリーン
 ベティ・コムデン
 撮影: ハロルド・ロッソン
 作詞: アーサー・フリード
 作曲: ナシオ・ハーブ・ブラウン
 音楽: レニー・ヘイトン

 上映時間: 102分 (日本語字幕)



忍者AdMax


スポンサーサイト

category: 雨に唄えば

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/343-a1e7300d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)