ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

私をスキーに連れてって / 1987年 日本  










【解説】

 ゲレンデの恋人たちに贈る、
 とびっきりキュートなラヴストーリー


 人気ウィンタースポーツ、“スキー”の魅力を徹底的に描いたロマンティック・アドベンチャー・コメディ。
 クリスマス・イヴのゲレンデで出会った男女の恋の軌跡をハートフルに綴る傑作青春ムーヴィー。
 略称“私スキ”。 スキーシーンを語る上で欠かせない映画。

 ホイチョイ・プロダクションの馬場康夫が監督にあたった。 脚本は一色伸幸。
 “スキー”をモチーフに、現代の若者像を瑞々しく切り取った演出や、ゲレンデでの躍動感溢れるアクションなど、後に“ホイチョイ・ムービー”と呼ばれる礎を築いた記念作。
 「彼女が水着にきがえたら」、「波の数だけ抱きしめて」と続くホイチョイ三部作の第1作。
 ドラマ性より“スキー”の魅力を重視するというそれまでの日本映画になかった発想、若い観客にアピールするトレンド感が当時注目の的となった。
 そして、“スキー”や“冬”テーマにした、ユーミンこと松任谷由実の歌の数々(『 SURF&SNOW 』)をBGMにするなど、作り手の楽しみが観客を刺激するというアプローチは、以後の同プロの各作品にも受け継がれた。

 主題歌は、「サーフ天国、スキー天国」。
 挿入歌は、「恋人がサンタクロース」、「ロッヂで待つクリスマス(メロディーのみ)」、「A HAPPY NEW YEAR」、「BLIZZARD」。
 「恋人がサンタクロース」は、本作と言えばこの曲の名前が真っ先に挙がるほど一般に浸透した。 主題歌を凌駕した本作品の象徴とも言うべき挿入歌であり、クリスマスの定番曲として現在でも数多くのアーティストによってカヴァーされ続けている。

 主役は、映画「時をかける少女」でブレイクした原田知世、そして、当時無名だった三上博史が抜擢された。
 日本アカデミー賞では、話題賞(原田知世)を受賞している。

【あらすじ】

 大学時代、スキー選手としてならしたが、都会ではパッとしない商社マンの文夫(三上博史)。
 彼は友人と出掛けた奥志賀のスキー場で、OLの優(原田知世)と出会う。
 クリスマスのゲレンデで楽しい時を過ごす文夫と優。
 だが彼のシャイな性格を誤解した優は、再会しようと言った文夫にウソの電話番号を教える…。

【キャスト】

 原田知世(池上優)
 三上博史(矢野文男)
 原田貴和子(佐藤真理子)
 沖田浩之(小杉正明)
 高橋ひとみ(羽田ヒロコ)
 布施博(泉和彦)
 鳥越マリ(恭世)
 上田耕一(ロッジのオーナー)
 飛田ゆき乃(ゆり江)
 小坂一也(課長…文男の上司)
 竹中直人(所崎)
 田中邦衛(田山雄一郎)

【スタッフ】

 監督: 馬場康夫
 製作: 三ツ井康
 企画: 宮内正喜
 プロデューサー: 宮島秀司、河合真也
 原作: ホイチョイプロダクション
 脚本: 一色伸幸
 撮影: 長谷川元吉
 美術: 和田洋
 編集: 冨田功
 音楽: 杉山卓夫
 助監督: 佐藤敏宏

 上映時間: 98分



忍者AdMax


スポンサーサイト

category: 私をスキーに連れてって

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/323-ec21a419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)