ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

黒部の太陽 / 2009年 フジテレビ(特別企画)  











【解説】

 昭和31年から7年の歳月と、延べ1,000万人の労力を費やした黒部ダムの建設。その中でも特に苦労を強いられた大町トンネル掘削工事に見える人間ドラマを感動的に描くテレビドラマ。
 フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画としてフジテレビ系列で2009年3月21日・22日(2夜連続)の21時から放送された。

 原作は、木本正次の小説『黒部の太陽』。当時、世紀の難工事と言われた黒部ダム建設の苦闘、特にトンネル工事を描いている。

 ドラマは、人物、内容とも、映画に比べ木本正次氏の原作に忠実なものになる。物語はダム建設の中でも最大の難工事といわれた大町トンネル工事に焦点を当てた。
 映画では、トンネルの大出水シーンなどで俳優やスタッフが負傷するほどの迫力あるシーンも見どころの1つだった。ドラマでももちろん、大出水シーンを再現。全編にCGを利用し、映画に負けない迫力を目指している。

 映画で石原裕次郎が演じた主人公に香取慎吾、三船敏郎が演じたダム建設責任者を小林薫が演じている。
 熱い魂のぶつかり合いをリードしていく、トンネル工事の最前線で奮闘する工夫たちの若きリーダー、熊谷組倉松班親方、倉松仁志を演じるのが、香取慎吾。
 さらに香取演じる倉松と共にトンネル貫通を目指す関西電力の滝山薫平役を小林薫が演じる。
 静かなたたずまいの中に熱い心を持つ滝山と、倉松親方を中心に汗と涙の熱い魂のぶつかりあい、人と人との深い絆を描き出している。

 ※ 映画「黒部の太陽は、世紀の難工事といわれた黒部ダム建設に挑む男たちの姿を、事実に基づいて描かれてある。 同時に親子の確執も描かれ、魅力あふれる人間ドラマになっているが、実は映画製作に至るまでにも、大きな確執があった。 映画化を強く願う石原裕次郎の行く手を阻んだもの、それが“五社協定”(映画会社が俳優監督の引き抜きや貸し出しを禁じた制度)。 だが、石原は諦めることなく、尊敬する宇野重吉の助けもあって、高い志をもったキャスト&スタッフが集結。 映画化発表から4年の歳月をかけて完成に至った。 1968年に公開され、当時戦後最大のヒットとなった。 劇団民藝の全面協力による、三船プロダクションと石原プロモーションの共同制作。 石原プロモーション設立50周年を記念して、Blu-ray & DVD 化された。

【あらすじ】

 舞台は黒部川第四発電所。 富山県黒部市の標高1500メートル以上の高地、黒部川上流にある関西電力の水力発電所、通称“くろよん”と呼ばれている。
 電力不足を解消するために関西電力が決意したのは、日本一のアーチ型ダムの建設だ。
 場所は、黒部川の最上流域。黒部川最上流域の現場まで資材を運ぶためには、トンネルが必要だ。
 トンネル工事は、困難を極めることが目に見えていた。一体誰が、この難工事にいどむことができるのだろうか。
 白羽の矢は、トンネル工事に実績のある熊谷組・倉松班の親方・倉松仁志(香取慎吾)に向けられた。
 倉松の母・ツル(泉ピン子)は猛反対。
 倉松は工夫たちと山に入り工事は順調に運んでいたが、やがて脆弱な土壌にぶつかることになる…。

【キャスト】

 出演は、香取慎吾(倉松仁志)、小林薫(滝山薫平)、火野正平(島崎哲蔵)、國村隼(沢井甚五郎)、中村敦夫(太田垣士郎)、竜雷太(林昭太郎)、平泉成(芦田昌章)、小野武彦(平岡栄太郎)、宇梶剛士(向坂一徳)、寺脇康文(吉村亘)、柳葉敏郎(根岸弘泰)、津川雅彦(大牧治郎)、伊武雅刀(船田克巳)、ユースケ・サンタマリア(木塚一利)、風吹ジュン(滝山ふじ江)、綾瀬はるか(滝山幸江)、志田未来(滝山光子)、泉ピン子(倉松ツル)、深田恭子(川口文子)、浅野ゆう子(北島 香)、古谷一行(遠山博士)、田中邦衛(源吉)、本仮屋ユイカ(民子)、三上博史(ナレーション)ほか。

【スタッフ】

 原作: 木本正次 『黒部の太陽』
 脚本: 大森寿美男
 プロデュース: 鈴木吉弘
 保原賢一郎
 菊地裕幸
 演出: 河毛俊作
 制作: フジテレビドラマ制作センター
 放送時間: 21:00 - 23:30 (150分)



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 黒部の太陽 TV

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/315-c2c60323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)