ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

この森で天使はバスを降りた / 1996年 アメリカ  










【解説】

 原題: THE SPITFIRE GRILL

 誰にも言えない過去を抱えて、 彼女はここにやって来た--。
 凍てついた心を癒せるのは 傷ついた心だけ…。

 さびれた町にやって来たよそ者の少女が、しだいに人々の傷ついた心を癒していく様を描くヒューマンドラマ。
 ある町に降り立った少女が巻き起こす出来事を温かい視点で描くハートウォーミング・ストーリー。
 刑務所を出所して、ある小さな町の<スピットファイア・グリル>と言う軽食喫茶店に行き、そこで働く女性の物語。

 監督・脚本は、テレビシリーズ「探偵レミントン・スティール」で知られる新鋭リー・デイヴィッド・ズロートフ。 劇映画デビュー作。
 淡々と流れる表向きのストーリと その裏に隠された暗黙のストーリが二重写しの様に表現されている。
 彼女はなぜ罪を犯したか、ハナのとる奇異な行動など、数々の謎がサスペンスタッチで描かれ、ラストシーンまでついひきこまれてしまうストーリー展開が絶妙。
 また、舞台ギリアドを囲む森林や谷間の急流など、大自然の映像美は必見となっている。

 主演は、「メビウス」のアリソン・エリオット(Alison Elliott)。共演は「キルトに綴る愛 」のエレン・バースティン(Ellen Burstyn)、「クラッシュ」のマーシャ・ゲイ・ハーデン(Marcia Gay Harden)ほか。

 ラストはとても悲しい結末。しかし、鑑賞後にはすがすがしい感動を与えてくれる。パーシーが村の人たちに与えたものはとても大きく、そして大切なものを運んでくれた。

 本作は、1996年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞したため複数の配給会社による競争入札が行われた。

【あらすじ】

 森の奥深くにある小さな町を通るバスからパーシー(アリソン・エリオット)という少女が降りてくる。
 彼女は、ハナという無愛想な女が経営するレストラン<スピットファイア・グリル>で働くことになる。
 町の人々はよそ者であるパーシーに奇異のまなざしを向けるが、パーシーの魅力に周囲の人々は惹かれてゆく。
 だが、彼女は誰にも言えない暗い過去があった…。

Loading...
>
【キャスト】

 アリソン・エリオット(パーシー・タルボット)
 エレン・バースティン(ハナ・ファーガソン)
 マーシャ・ゲイ・ハーデン(シェルビー・ゴダード)
 ウィル・パットン(ネイハム・ゴダード)
 キーラン・マローニー(ジョー・スパーリング)
 ゲイラード・サーテイン(ゲイリー・ウォルシュ保安官)
 ルイーズ・デ・コーミア(エフィ)

【スタッフ】

 監督: リー・デヴィッド・ズロトフ
 製作: フォレスト・マーレイ
 脚本: リー・デヴィッド・ズロトフ
 撮影: ロブ・ドレイパー
 音楽: ジェームズ・ホーナー

 上映時間: 116分   (日本語字幕)



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: この森で天使はバスを降りた

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/297-d0a76cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)