ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

REC/レック [R-15指定] / 2007年 スペイン  










【解説】

 原題: [REC]

 何が起こっても撮り続ける―

 一軒のアパートが突然惨劇の場と化す戦慄のスペイン製パニック・ホラー。
 感染を題材にしているが、病原菌のウイルスではなく悪魔の感染症として描かれている。
 主人公の女性レポーターが取材現場で人間を凶暴化させる伝染病の恐怖に巻き込まれるさまを、手持ちカメラによる主観映像でリアリスティックに描く。

 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」や「クローバーフィールド/HAKAISHA 」と同じく、全編ビデオカメラを用いた主観撮影によるモキュメンタリー作品。 P.O.V. リアルパニック・ムービー。

 監督は、スパニッシュ・ホラーの旗手でもある「ダークネス」のジャウマ・バラゲロと「ガリシアの獣」のパコ・プラサが共同で務めた。
 封鎖されたアパートで起こった伝染病の惨劇を、テレビ番組クルーの手持ちカメラ視点でとらえ、ドキュメンタリー調の臨場感あふれる作品となっている。ラストに映し出される衝撃映像に目がくぎ付けになる。

 本作は、本国スペインでは観客動員150万人の大ヒットを記録。 ハリウッドでもリメイク版が制作され、「REC:レック/ザ・クアランティン」として2008年10月に公開された。

 ・2007年 ヴェネチア映画祭、公式上映部門出品。
 ・2007年 シッチェス映画祭、監督賞、観客賞、批評家賞、主演女優賞、ヨーロッパ映画部門賞、計5部 門受賞。
 ・2007年 ヴェネチア国際映画祭に正式出品。
 ・2007年 かつてクエンティン・タランティーノ、サム・ライミらが受賞したシッチェス映画祭で5部門を受賞。

 <関連作品>
 「REC/レック2 」(2009) 第2作
 「REC:レック/ザ・クアランティン」(2008) リメイク
 「REC/レック3 ジェネシス 」(2012) 第3作

【あらすじ】

 レポーターのアンヘラ(マニュエラ・ヴェラスコ)は、あるアパートに出動する消防団に同行取材を行う。
 現場にいたのは血まみれの老婆。老婆は警官にかみ付き、建物は外から封鎖されてしまう。
 救出に来た衛生士の口から、この建物で発生したと思われる人や動物を凶暴にする病原菌の存在を知らされ…。

【キャスト】

マヌエラ・ベラスコ(アンヘラ)
フェラン・テラッサ(マヌー)
ホルヘ・ヤマン・セラーノ(セルヒオ)
カルロス・ラサルテ(セサール)
パブロ・ロッソ(マルコス)
ダビ・ベルト(アレックス)
ビセンテ・ヒル
マーサ・カーボネル
カルロス・ビセンテ

【スタッフ】

監督: ジャウマ・バラゲロ
パコ・プラサ
製作: フリオ・フェルナンデス
製作総指揮: フリオ・フェルナンデス
カルロス・フェルナンデス
脚本: ジャウマ・バラゲロ
パコ・プラサ
ルイス・A・ベルデホ
撮影: パブロ・ロッソ
編集: ダビ・ガラルト

上映時間: 77分  (日本語吹替)



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: REC/レック

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/293-dfaef244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)