ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

デビルマン / 2004年 日本  










【解説】

 英題: DEVILMAN

 人間は庇護(まも)るにたるべき存在か。

 1970年代にTVアニメでも一世を風靡した神と悪魔の闘いを描いた永井豪原作の傑作漫画『デビルマン』を完全実写映画化。
 デビルマンとなり悪魔と戦う主人公が、守るべき人間が抱える心の闇とも対峙し、苦悩を深めながら最終決戦へと向かう姿を壮大なスケールで描くファンタジー・エンターテインメント。PG-12指定。

 監督は、これが遺作となった「ビー・バップ・ハイスクール」の那須博之。
 “原作漫画の完全実写映画化”というキャッチフレーズのもと、制作費10億円をつぎ込み、VFXをふんだんに用いて製作された。
 終盤にかけてのデビルマンとサタンの芸術的なまでの美しい闘いは圧巻。

 孤高のヒーロー・不動明役には人気ユニット“ FLAME ”の伊崎央登。
 同ユニットの伊崎右典が飛鳥了を演じる。
 ヒロインは、「バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム)」の酒井彩名。
 冨永愛がシレーヌ役で映画デビューを飾るのも話題となった。

 しかし本作の評判はというと、10億の資金と1年間の製作期間を用いて、漫画史上に輝く傑作『デビルマン』を実写化し、邦画ワースト史上に残る超駄作に仕上げた…など酷評、悪い。
 2004年ワースト1映画として週刊文春にて“きいちご賞”を受賞している。

【あらすじ】

 同じ高校に通う2人の親友、不動明(伊崎央登)と飛鳥了(伊崎右典)。
 明は4年前に両親を亡くし、クラスメイトである美樹(酒井彩名)の家族に引き取られ穏やかな毎日を送っていた。
 一方、飛鳥教授(本田博太郎)を父に持つ了は何不自由なく育ち、スポーツも成績も優秀で、明にとって憧れの存在。
 そんなある日、新エネルギーを探索する飛鳥教授は南極地底湖のボーリング中に“デーモン”を呼び覚してしまう。
 それは他の種族の体を乗っ取り進化し続ける邪悪な魂を持つ知的生命体。
 次々と人間を乗っ取り始めたデーモンたち。
 やがて明の体にもデーモンが侵食する。
 しかし、明の素直な心は負けず、デーモンの姿に変身し驚異的な戦闘力を有しながらも、人間の心を持ったデビルマンとなったのだった。
 彼は愛する美樹と人類を守るため、デビルマンとしてデーモンと戦うことを決意する。
 しかし、デーモンの脅威に怯えた人類は、“悪魔狩り”と称し、人間と悪魔の区別もつかないまま互いに無差別な殺戮を始めてしまうのだった…。

Loading...


【キャスト】

伊崎央登(不動明/デビルマン)
伊崎右典(飛鳥了/サタン)
酒井彩名(牧村美樹)
宇崎竜童(牧村啓介)
阿木燿子(牧村恵美)
本田博太郎(飛鳥教授)
冨永愛(シレーヌ)
渋谷飛鳥(川本巳依子…ミーコ)
染谷将太(ススム)
ボブ・サップ(ニュースキャスター モリソン)
大沢樹生(重森隆夫)
きたろう(上田)
今井雅之(沼田)
小倉一郎(ススムの父)
布川敏和(中学校の先生)
KONISHIKI(アジトのデーモン)
小林幸子(隣家の中年女)
永井豪(神父)
的場浩司(銃を受け取る車椅子の男)
嶋田久作(地下鉄の乗客)

【スタッフ】

原作: 永井豪
製作総指揮:泊懋
企画: 遠藤茂行、森下孝三
監督: 那須博之
脚本: 那須真知子
特撮監督・VFXプロデューサー: 佛田洋
デビルマンコンセプトデザイン: 寺田克也
キャラクターデザイン: 衣谷遊
CGプロデューサー: 氷見武士
CGスーパーバイザー: 野口光一
キャスティングプロデューサー: 福岡康裕
特殊撮影・VFXコーディネーター: 高橋政千
アクションコーディネーター: 野口彰宏
衣装: 森口誠治、鶴岡英門
音楽: 安川午朗
主題歌: hiro 『光の中で』

上映時間: 116分



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: デビルマン

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/289-88bb415c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)