ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

黄金の七人 / 1965年 イタリア (日本語字幕)  










【解説】

 原題: SETTE UOMINI D'ORO
 英題: SEVEN GOLDEN MEN

 奇想天外な手口でスイス銀行の金庫から金塊を盗み出す7人組の泥棒の活躍を描いた痛快泥棒アクション。
 軽快な音楽をバックに銀行泥棒の大計画が繰り広げらるイタリアのサスペンス・コメディ映画。

 マルコ・ヴィカリオが脚本・監督・製作を務めた。
 イタリア映画ならではの軽快かつこってりした味わいで魅せる。

 マルコ・ヴィカリオ監督の妻であるロッサナ・ポデスタ(Rossana Podesta)がヒロイン役で次々と奇抜なファッションに身を包んで登場し、妖艶な大人の魅力を存分に発揮する。ころころ変わるセクシー衣装と髪型が大きな魅力となった。

 フィリップ・ルロワ(Philippe Leroy)演じる教授もインテリ風でカッコつけているが、案外マヌケなのが笑える。
 他にも、クセのある個性派俳優たちがそろって愉快でにぎやかな演技を披露している。

 音楽は、アルマンド・トロバヨーリが担当。
 全編に流れるジャズとスキャットとバロックを融合させた独特のメロディが奏でるオシャレ感覚こそ“小粋さ”を示していて素晴らしい。

 本作は、「ルパン三世」に影響を与えた作品と言われている。ロッサナ演じるヒロインのジョルジアも、実写版・峰不二子といっても過言ではない。
 本作の大ヒットを受けて、「続・黄金の七人/レインボー作戦」など、その後3本の続編が作られた。

【あらすじ】

 ジュネーヴのスイス銀行に眠る7トンの金塊を狙って展開される一大強奪作戦。
 銀行の真向かいにあるホテルの一室に陣取った“教授”(フィリップ・ルロワ)から無線で指示が飛び、6人の仲間が実働部隊として地上に地下に待機している。
 “教授”の傍らには妖しい美女ジョルジア(ロッサナ・ポデスタ)の姿も。そして、遂に決行の時が来た…。

Loading...
【キャスト】

ロッサナ・ポデスタ(ジョルジャ)
フィリップ・ルロワ(“教授”アルベール)
ガストーネ・モスキン(アドルフ)
ガブリエレ・ティンティ(アルド)
モーリス・ポリ(アルフレッド)
マヌエル・サルツォ(アルフォンソ)
ジャン・ピエロ・アルベルティーニ(アウグスト)
ダリオ・デ・グラッシ(アンソニー)
ホセ・スアレス(銀行の頭取)

【スタッフ】

監督: マルコ・ヴィカリオ
製作: マルコ・ヴィカリオ
脚本: マルコ・ヴィカリオ
マリアノ・オゾレス
ノエル・ギルモア
撮影: エンニオ・グァルニエリ
音楽: アルマンド・トロヴァヨーリ

上映時間: 91分



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 黄金の七人

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/285-a65e2ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)