ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

四季・奈津子 / 1980年 日本  










【解説】

 性格も全然違う四人姉妹の次女・奈津子が自分の居場所を探しながら人間的に成長していく様を描くドラマ。
 平凡なOL奈津子がそれまでの殻を破り経験する小さな冒険を軸に、現代女性の自分らしい生き方を模索するさまを自由で軽快なタッチで描く。

 原作は、月刊誌『MORE』に連載された五木寛之の小説『四季・奈津子』。

 監督は、「もう頬づえはつかない」の東陽一。
 これまでの映画の形にこだわらず、自由な映像を目指すということから、シナリオを作らず原作をもとに演出がなされた。“音楽のように、自由に映画を作る”という実験的な姿勢は評価出来る。

 また本作では、ダイアローグ・ライター(台詞作家)に、ニッポン放送第一回青春文芸賞を受賞した粕谷日出美が参加、そのダイアローグをもとに、撮影現場で状況に応じて台詞をふくらませていく試みがなされた。

 ヒロイン奈津子役には一般公募で烏丸せつこ(からすま せつこ)が選ばれた。
 奈津子の生き方に大きな影響を与えるケイ役の阿木耀子は、これが映画初出演。
 烏丸と阿木のグラマラスな肢体は、目に焼きつくほど衝撃的。

 奈津子と3年前から結婚の約束をしている達夫に風間杜夫、カメラマンの中垣には本田博太郎。
 そして俳優役の岡田真澄が若くてセクシーで粋!

 第5回報知映画賞で最優秀助演女優賞(阿木燿子)を受賞。
 第2回ヨコハマ映画祭で最優秀助演男優賞(風間杜夫)を受賞。

【あらすじ】

 博多郊外に住む一家の4姉妹の次女・奈津子。
 ある日、四女とともに前衛劇団の公演を観たことで彼女の中の何かが触発される。
 そして、そこで知り合った写真家・中垣に自分のヌード写真を撮ってほしいと頼むのだった…。

【キャスト】

 烏丸せつこ(奈津子)
 佳那晃子(波留子)
 本田博太郎(中垣)
 風間杜夫(金森達夫)
 阿木燿子(ケイ)
 岡田裕介(医師・沢木)
 牟田悌三(奈津子の父)
 山谷初男(北京料理店のチーフ)
 火野正平(中垣の友人・河本)
 岡田眞澄(俳優・森隆人)
 田村隆一(詩人・金子貞生)
 影山仁美 (亜紀子)
 太田光子(布由子)
 藤田敏八
Loading...

【スタッフ】

 監督: 東陽一
 原作: 五木寛之
 『四季・奈津子』
 台詞: 粕谷日出美
 撮影: 川上皓市
 美術: 綾部郁郎
 編集: 市原啓子
 音楽: 田中未知
 主題歌: チェリッシュ
 『四季奈津子

 上映時間: 120分



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 四季・奈津子

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/274-3a3d5b8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)