ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

緋牡丹博徒 / 1968年 日本  










【解説】

 居並ぶ兄さん、お見知りおきを!    
 ぱっくり割れた着物の下で      
 牡丹の花が真っ赤に燃えた     
 二つ異名は緋牡丹お竜 
 仁義も切りやす 
 ドスも抜く

 女渡世人を主人公にした異色の東映任侠映画。
 任侠もののジャンルに新たな歴史を刻んだ、“緋牡丹博徒”シリーズ第一作。

 脚本は、「兄弟仁義 関東兄貴分」の鈴木則文。監督は、「日本侠客伝 昇り龍」の山下耕作。

 藤純子が、緋牡丹の刺青を背中に負った“緋牡丹のお竜”役で初主演を務めた。
 男顔負けの凛々しさと可憐な女らしさを兼備した新鮮な魅力溢れるヒロインとなった。
 鉄火の啖呵、小太刀と手裏剣の巧みな技で女一匹鉄火場渡世を披露する。

 本作は、主演・藤純子(現・富司純子)、助演・若山富三郎、特別出演・高倉健のキャスティングで爆発的なヒットとなった。

 大ヒットを受けてシリーズ化され、「緋牡丹博徒 一宿一飯」、「緋牡丹博徒 花札勝負」、「緋牡丹博徒 二代目襲名」、「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」、「緋牡丹博徒 お竜参上」、「緋牡丹博徒 仁義通します」、「緋牡丹博徒 お命戴きます」と、計8作が製作された。

【あらすじ】

 明治初期、九州の博徒矢野仙蔵のひとり娘・竜子(富司純子)は、幼くして母親と死に別れ、男手一つで育てられた。
 竜子が18歳のとき、堅気の人間との縁談がも決まり、数日後に挙式を控えたある日、仙蔵が何者かの闇討ちにあい殺されてしまう。
 竜子は一家を離散し、父の仇を探して旅に出る。
 牡丹の刺青に女を封じ、全国津々浦々の賭場を流れ歩いた竜子は、やがて“緋牡丹のお竜”の異名をとる。
 そして5年、お竜はようやく仇を探しあて、一匹狼のやくざ片桐(高倉健)の助けで仇を討つ…。

【キャスト】

富司純子(緋牡丹のお竜)
若山富三郎(熊坂虎吉)
待田京介(不死身の富士松)
大木実(加倉井剛蔵)
山本麟一(フグ新)
若水ヤエ子(熊坂清子)
金子信雄(岩津源蔵)
清川虹子(お神楽のおたか)
山城新伍(吉太郎)
志賀勝(ロクロの亀)
高倉健(片桐直治)
Loading...

【スタッフ】

監督: 山下耕作
企画: 俊藤浩滋
日下部五朗
佐藤雅夫
脚本: 鈴木則文
撮影: 古谷伸
美術: 雨森義充
編集: 宮本信太郎
音楽: 渡辺岳夫
主題歌: 『緋牡丹博徒』 藤純子

上映時間: 98分



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 緋牡丹博徒

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/269-c8b26895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)