ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

サード / 1978年 日本  










【解説】

 ふとしたことから少年院に入ることになった少年が、そこでさまざまな経験を通じて少しずつ大人へと成長していく姿を描いた青春ドラマ。 ATG映画の中でも評価の高い作品。

 原作は、軒上泊の『九月の町』。

 脚本は、「ボクサー」の寺山修司。
 ほとんどオリジナルといってもいいほどの斬新さを見せている。

 監督は「日本妖怪伝サトリ」、「もう頬づえはつかない」の東陽一。
 荒んだ青春を送る非行少年の心の闇をダークに切り取った。
 演出に若干幻想的なタッチが入るのは寺山修二のテイスト。

 サード役の永島敏行が大人になりきれない少年の焦りや苛立ちをナチュラルに巧く体現している。
 元々高校球児だったことから抜擢された「ドカベン」(1977年)に続き、再び本作でも元野球部員という役どころになった。
 この年に数々の新人賞を獲得した。以後、青春映画に立て続けに主演することになる。

 新聞部の少女を演じた「もっとしなやかにもっとしたたかに」などの森下愛子の美少女ぶりが印象に残る。
 デビュー間もないにも関わらず大胆なヌードを披露している。

 ※“ATG(日本アート・シアター・ギルド)”は、1961年から1980年代にかけて活動した日本の映画会社。他の映画会社とは一線を画す非商業主義的な芸術作品を製作・配給し、日本の映画史に多大な影響を与えた。

【あらすじ】

 高校野球の3塁手として活躍していたサード(永島敏行)。
 友人のIIB(吉田次昭)と女の子ふたりで、“どこか大きな町へ行こう”と話し合う。
 そのためにはお金が必要だと4人は売春を始める。
 が、ある日ヤクザにつかまったサードは傷害事件を起こしてしまい少年院へ入れられてしまう…

【キャスト】

永島敏行(“サード”妹尾新次)
吉田次昭(IIB)
森下愛子(新聞部)
志方亜紀子(テニス部)
島倉千代子(サードのおふくろ)
水岡彰宏(異論)
内藤武敏(裁判官)
峰岸徹(ヤクザ)
片桐夕子(赤いセーター)
Loading...

【スタッフ】

監督: 東陽一
製作: 前田勝弘
企画: 葛井欣士郎
原作: 軒上泊『九月の町』
脚本: 寺山修司
撮影: 川上皓市
美術: 綾部郁郎
編集: 市原啓子
音楽: 田中未知
演奏: スキンロケット

上映時間: 102分



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: サード

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/267-9d7eae5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)