ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ インフォ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

武士の一分(いちぶん) / 2006年 日本  










【解説】

 人には命をかけても守らねばならない一分がある。

 小藩の下級武士である主人公が、妻とのつましくも幸せな生活を踏みにじられたとき、一人の男としての尊厳を懸け毅然と立ち上がる姿を描く異色人間ドラマ。

 原作は、藤沢周平の時代小説『盲目剣谺返し』。

 「たそがれ清兵衛」、「隠し剣 鬼の爪」に続く藤沢周平原作もの時代劇三部作の完結編。
 監督&脚本は、前2作と同じく名匠・山田洋次。
 全編にナレーションが入るという異例の構成になっており、視覚障害者でもそのまま作品を堪能することもできる。

 SMAPの木村拓哉が初めて時代劇の主演を務めた。盲目の剣士・三村新之丞に扮し、“視覚“に頼らない凄まじい殺陣を繰り広げている。
 妻役には、宝塚出身でこれがスクリーンデビューとなる檀れいが扮し、新鮮な存在感を見せている。
 そして、新之丞が復讐を誓う宿敵・島田藤弥を歌舞伎役者の坂東三津五郎ほか、緒形拳や桃井かおりなど、日本を代表とする実力派俳優が勢ぞろいした。

 タイトルの“武士の一分”とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。

 本作は、松竹配給映画としての歴代最高記録(当時)を樹立した(後に、「おくりびと」がこの記録を更新)。興行収入は40億円を超えている。
 第30回日本アカデミー賞には12部門のノミネートという偉業を達成(木村拓哉は、事務所の方針により日本アカデミー賞主演男優賞のノミネートを辞退)した。

【あらすじ】

 三村新之丞(木村拓哉)は東北の小藩に仕える三十石の下級武士。
 剣術の覚えもあり、藩校でも秀才と言われながら、現在の勤めは毒味役。
 張り合いのない役目に不満を持ちながらも、美しく気立てのいい妻・加代(檀れい)とつましくも笑いの絶えない平和な日々を送っていた。
 ところが、そんな平穏な生活が一変してしまう。貝の毒にあたった新之丞が、一命は取り留めたものの失明してしまったのだ。
 絶望し、自ら命を絶とうとする新之丞を、加代は懸命に思い留まらせるのだった。
 しかし、武士としての勤めを果たせなくなった以上、藩の沙汰次第では生きていくことも叶わない。
 そこで加代は、嫁入り前からの顔見知りだった上級武士の島田藤弥(坂東三津五郎)に相談を持ちかけるのだったが…。

【キャスト】

木村拓哉(三村新之丞)
檀れい(三村加世)
笹野高史(徳平)
岡本信人(波多野東吾)
左時枝(滝川つね)
綾田俊樹(滝川勘十郎)
桃井かおり(波多野以寧)
緒形拳(木部孫八郎)
赤塚真人(山崎兵太)
近藤公園(加賀山嘉右衛門)
歌澤寅右衛門(藩主)
大地康雄(玄斎)
小林稔侍(樋口作之助)
坂東三津五郎(島田藤弥)
Loading...

【スタッフ】

監督: 山田洋次
原作: 藤沢周平 『盲目剣谺返し』
脚本: 山田洋次
平松恵美子
山本一郎
撮影: 長沼六男
美術: 出川三男
衣裳: 黒澤和子
編集: 石井巌
音楽: 冨田勲

上映時間: 121分



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 武士の一分

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigipiki.blog.fc2.com/tb.php/262-89fcefd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)