ロンリBIGI バナー 2


ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
 カチンコ

妖怪大戦争 / 1968年 日本  







【解説】

 英題: Spook Warfare

 「妖怪百物語(1968年)」に次ぐ“妖怪”三部作の第二弾。 永田雅一時代の大映が得意とした、妖怪ものの一編 
 バビロニアの古都ウル遺跡で4千年の眠りから覚めた吸血妖怪が、江戸時代の日本を来襲する恐怖を描く妖怪映画の名作。

 4千年の眠りからさめた吸血妖怪ダイモンはバビロン遺跡から天下泰平の日本に襲来してきた。それを知った、日本の妖怪達は、秘術を尽くしてダイモン打倒作戦を展開する。

 監督は、「大魔神」シリーズや「釈迦」を手掛けた、特撮ものを得意とする黒田義之。
 脚本は、「妖怪百物語」の吉田哲郎が執筆。

 本作での妖怪たちは、時と場合に応じて人間たちと共闘し、海外妖怪ダイモンに挑んでいく。そのダイモンは、どこかユーモラスな外観の日本妖怪たちとは異なり、いかにも悪辣な表情、そして魔王然とした存在感が圧倒的。

 2005年に三池崇史監督の手で、CG妖怪たちが飛び回る平成バージョンがリメイクされた。

 ※ “大映の妖怪三部作(妖怪シリーズ)”とは、「妖怪百物語」および「妖怪大戦争」、続く「東海道お化け道中(1969年)」を指す。

【あらすじ】

 バビロニアの遺跡で蘇る悪魔ダイモン。
 発掘者2人を岩で押しつぶし、空を飛んで江戸時代の日本に向かう。
 ダイモンは釣りをしていたある班の代官をまず狙い、血をすすり乗り移る。乗り移られた代官は人が変わったようになり、仏壇、神棚を破壊し燃やしてしまう。
 家臣、娘も様子の変貌に気づいたのだが、ダイモンは女中、家臣までも血をすすり仲間を増やしていった。
 その時庭に住む河童が一部始終を見ており、仲間の日本妖怪に助けを求めに行く…。

【キャスト&スタッフ】

出演: 青山良彦(真山新八郎)、川崎あかね(千絵)、大川修(大館伊織)、神田隆(磯辺兵庫)、木村玄(川野左平次)、内田朝雄(大日坊)、若井はんじ・けんじ(門番)、西川ヒノデ(下役人)、沖時男(安蔵)、伴勇太郎(警護の侍)、井上ヒロミ(しのぶ)、渡辺幸保(茂市)、神田真里(お咲)、戸浦六宏(語り手)他。

監督: 黒田義之
企画: 八尋大和
脚本: 吉田哲郎
撮影: 今井ひろし
助監督: 国原俊明
美術: 太田誠一、加藤茂
録音: 林土太郎
照明: 美間博
編集: 谷口登司夫
特殊合成: 田中貞造
音楽: 池野成


上映時間: 79分


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 妖怪大戦争(1968)



ホームへ戻る
[PV]