ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 カチンコ

恐怖 / 2009年 日本  




【解説】

 米題: The Sylvian Experiments

 お母さん、私の脳味噌をどうするの?

 脳実験に魅了された一家を中心に恐怖の物語が展開していく狂気ホラー。

 死の誘惑にとりつかれた姉、脳の人体実験を繰り返す母親など家族の狂気に直面するヒロインの姿を描いていく。

 ハリウッドでリメイクされた「リング」「仄暗い水の底から」「呪怨」を世に送り出してきた
一瀬隆重プロデューサーが放つ最新作。

 監督・脚本は、「リング」の高橋洋。  人間の感情や思考わ司る“脳”をテーマに、謎のモノクロ記録フィルム、集団自殺、隔離病棟での怪実験、シルビウス裂、幽体離脱といった異様なイメージを
錯綜させて描き出した。

 失踪した姉を探し求めるかおりに扮するのは、「シムソンズ」の藤井美菜。
 衝撃的な運命をたどる姉のみゆきを、「パッチギ!LOVE&PEACE」の中村ゆりが演じ新境地をみせた。
 また数々のTVドラマや映画で強烈なインパクトを残してきた片平なぎさが、姉妹との骨肉の情を超越した脳実験に執着する母親、悦子の狂気を渾身の演技でみせた。

  本作は、「感染」「予言」「輪廻」「」「怪談」に続くJホラーシアター最終章。

【あらすじ】

 戦前の16mmフィルムの中に出現した不思議な白い光を目撃した姉妹、みゆき(中村ゆり)とかおり(藤井美菜)。
 17年後、死への誘惑に取り付かれてしまった姉、みゆきは失踪する。
 姉の行方を追うかおりは、禁断の脳実験を繰り返す母親、悦子(片平なぎさ)と再会。
 美しき姉妹と狂気の母親を待ち受けていたのは、彼女たちが生きる現実そのものを揺るがす異常な惨劇だった…。

【キャスト&スタッフ】

出演: 藤井美菜(太田かおり)、中村ゆり(太田みゆき)、片平なぎさ(太田悦子)、日下部そう、斉藤陽一郎、吉野公佳、長宗我部陽子、郭智博、波多野桃子、高橋長英、松嶋亮太、滝藤賢一 ほか。

脚本・監督: 高橋洋
プロデューサー: 一瀬隆重
撮影: 芦澤明子
美術: 井上心平
音楽: 長嶌寛幸
編集: 深沢佳文

上映時間: 95分


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 恐怖



ホームへ戻る
[PV]