ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 カチンコ

顔のない女[R18+] / 2004年 韓国 (日本語字幕)  




【解説】

 原題: 顔のない美女
 英題: HYPNOTIZED
 別題: Faceless Beauty

 狂気が起こす男と女、狂った心の因縁

 神経症の一種である境界型人格障害(ボーダーライン)を持った女性と彼女の傷を治癒する
精神科専門医との間に発生する危険な愛を描いたエロティック・スリラー。18歳以上 観覧可
 男に去られたことで精神を病み,現実と妄想の間を彷徨う女と,その治療に当たる精神科医
とのドラマ。

 監督は、本作が第二作目のキム・インシク。

 境界型人格障害をもつジスを演じるのは、「爆烈野球団!」のキム・ヘス(KimHyesoo)。
 元々はそのナイスバディーが魅力的なキム・ヘス。本作では、それを惜しみなく披露(大胆なオールヌード)している。
 精神科医のソグォンを演じるのは「 JSA 」、「女は男の未来だ」のキム・テウ。
 ジスの夫ミンソクを演じるのはユン・チャン。
 ソグォンの妻ヒソンを演じるのはキム・ナンフィ。
 ジスの昔の恋人チャンソを演じるのはハン・ジョンス。
 ミンソクの浮気相手ヘヨンを演じるのはキム・ヨンエ。

 キム・ヘスは本作で、2005 百想芸術大賞の女子最優秀演技賞と “韓国のアカデミー賞”と呼ばれる2005 大鐘賞映画祭の主演女優賞を受賞した。

【あらすじ】

 神経症の一種である境界型人格障害(ボーダーライン)を持った女性ジス(キム・ヘス)は、精神科医のソグォン(キム・テウ)の診療を受けるようになる。
 ジスの病気は周囲から捨てられるかも知れないという危機感から起こる心の病である。
 ジスがソグォンのところに来たときは、ソグォンは病院を退職する日だった。
 彼女を他の医者に引継ぎして病院を去って行った。
 1年後、偶然ジスと再会したソグォンは、患者と医師ではなく友人関係としてお互いの内心を見せて自然に近づき始める。
 ソグォンに心を開き始めたジスは誰にも言うことができなかった胸の中の愛の傷を告白する。
 ソグォンは、催眠状態で過ぎ去った愛を回想するジスの姿と誰かを切望する彼女の身振りに、ソグォンは自制心をなくし、催眠中のジスと関係を持つようになる。
 ある日、ジスは夫ミンソク(ユン・チャン)との新しい出発のために、ソグォンに別れを告げる。
 しかし、ジスへの想いが断ち切れないソグォンは最後に会う日、ある行動にでてしまう…。

【キャスト&スタッフ】

出演: キム・ヘス(ジス)、キム・テウ(ソグォン…精神科医師)、ユン・チャン(ミンソク…ジスの夫)、ハン・ジョンス(チャンソ…ジスの昔の恋人)、キム・ナンフィ(ヒソン…ソグォンの妻)、キム・ヨンエ(ヘヨン…ミンソクの女)、パク・チュンミョン(ユンス…精神科医師)、チョ・ドンヒョク(青い髪…ヒソンの男)、ソ・ユナ(イ・スヨン)、イム・ジフン(ヒョンギ)、ト・ヨング(スヨンの父)、チン・ミョンソン(スヨンの母)、チョン・インギ(ミンソクのチーム長)、イ・チャン(ミンソクの同僚)、ノ・スンジン(ジスの先輩…出版社)、チョ・ウン(トレーナー)、チェ・ユミン(マート従業員)、イ・サビ(バーの女…モデル)ほか。

脚本: キム・インシク
監督: キム・インシク
助監督: キム・ジュンス
撮影: キム・ウヒョン
照明: イム・ジェヨン
音楽: チャン・ミンスン

上映時間: 104分




FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 顔のない女



ホームへ戻る
[PV]