ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

ロンリBIGI バナー 2

YouTube









>
 YouTube

スペシャルドラマ 天城越え / 1998年 日本  











【解説】

 家出を決意して天城峠を旅していた14才の少年が、ふとめぐりあった1人の美しい娼婦。 そんな彼らの間で生じる運命の事件を叙情性豊かに描いた秀作ドラマ。

 1998年の元旦(21:00-23:09)に、スペシャルドラマとして放送された。 "ドラマのTBS "ならではの重厚なドラマ作品。

 原作は、松本清張による短編傑作ミステリー小説『天城越え』。
 1983年に松竹で映画化、また1978年に日本放送協会( NHK )で、1998年に TBS でテレビドラマ化されている。

 本作では、少年の天城越えを大正15年6月に設定。 他映像化作品にはない、“少年が大人になってからの大塚ハナとの再会”という創作部分が存在する。

 田中美佐子が娼婦役に挑戦し話題に。
 主人公の少年として抜擢されたのは、<嵐>としてデビューする前の二宮和也。
 二宮和也は、大ヒット映画「硫黄島からの手紙」でハリウッドデビューを飾り、ドラマ「拝啓、父上様」では主役を務めるなど、演技力には絶大な信頼がある。
 撮影当時14歳だった彼が、早くも才能の萌芽を見せつけた。 純朴な多吉少年のイメージのままに、坊主頭で臨んだ二宮の姿は清冽で初々しい。
 そして蟹江敬三、長塚京三ほかベテランの演技が満喫出来る。

 本作は、第35回ギャラクシー賞優秀賞受賞作品。 そして第38回日本テレビ技術賞受賞(録音)作品。

【あらすじ】

 大正十五年の夏。
 読書好きで向学心に燃える少年、多吉(二宮和也)。
 不幸で自堕落な人生を送ってきた娼婦、ハナ(田中美佐子)。
 二人は伊豆の天城山中で偶然出会う。
 謎めいた大人の女ハナと旅を供にし、純粋な少年多吉は少年から大人への階段を上がり出す。
 数日後、男の他殺体が天城山中で発見される。
 その当時、山中にいたハナは容疑者として手配される…。

◎【田中美佐子】画像集。
童顔の美女アイドル



◎『天城越え』 - 石川さゆり
【キャスト】

 田中美佐子(大塚ハナ)
 二宮和也(西浦多吉…少年時代)
 長塚京三(西浦多吉…29年後)
 蟹江敬三(田島刑事)
 不破万作(太吉の父)
 余貴美子(太吉の母)
 風間杜夫(呉服屋)
 柳沢慎吾(菓子売り)
 遠藤憲一
 松金よね子(茶店の店主)
 六平直政(土工)
 中丸新将
 佐戸井けん太
 温水洋一
 渡辺寛二
 三浦賢二
 室田日出男(飯屋の主人)
 寺島しのぶ(娼婦)
 河原さぶ
 斉藤洋介(検死医)

【スタッフ】

 脚本: 金子成人
 音楽: 奥慶一
 プロデューサー: 大岡進
 北川雅一
 林悦子
 演出: 大岡進
 方言指導: 谷津勲
 水森コウ太
 撮影協力:天城湯ヶ島町
 輪島市
 ホテル高州園
 日光江戸村
 東通
 NK特機
 共映
 タカハシレーシング
 緑山スタジオ・シティ
 製作協力: 霧企画
 製作著作: TBS

 時間: 107分




スポンサーサイト



category: 天城越え



ホームへ戻る
[PV]