ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

ロンリBIGI バナー 2

YouTube

>
 カチンコ

新感染 ファイナル・エクスプレス / 2016年 韓国  









【解説】

 英題: TRAIN TO BUSAN

 ソウルとプサンを結ぶ高速鉄道の中で突如として発生した、謎のウィルスの感染拡大によって引き起こされる恐怖と混沌を描いた韓国製パニックホラー。

 感染した者を凶暴化させる謎のウイルスが高速鉄道の車両内にまん延する中、乗客たちが決死のサバイバルを繰り広げる。
 主人公のソグ親子のほか、妊婦と夫、野球部の高校生たち、身勝手な中年サラリーマンなど、さまざまな乗客たちが、感染者に捕らわれれば死が待ち受けるという極限状態の中で、生き残りをかけて決死の戦いに挑み、それぞれの人間ドラマが描かれる。

 韓国のアニメーション界で注目を集めてきた新鋭ヨン・サンホ監督が初めて手がけた実写長編映画。 群れを成して襲い掛かる感染者たちに恐怖を覚える。
 本作は、カンヌ国際映画祭やシッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭などで話題となった。
 本作の前日譚となる物語が長編アニメ「ソウル・ステーション/パンデミック」で明らかにされている。

 「トガニ 幼き瞳の告発」「サスペクト 哀しき容疑者」などのコン・ユらが出演している。

【あらすじ】

 別居中の妻がいるプサンへ、幼い娘スアンを送り届けることになったファンドマネージャーのソグ(コン・ユ)。
 夜明け前のソウル駅からプサン行きの特急列車 KTX101 号に乗り込むが、発車直前に感染者を狂暴化させるウイルスに侵された女性も乗ってくる。
 そして乗務員が彼女にかみつかれ、瞬く間に車内はパニック状態に。
 異変に気づいたソグは、サンファ(マ・ドンソク)とその妻ソンギョン(チョン・ユミ)らと共に車両の後方へ避難する。
 やがて彼らは、車内のテレビで韓国政府が国家非常事態宣言を発令したことを知り…。

◎前日譚! アニメ映画「ソウル・ステーション/パンデミック」予告篇
【キャスト】

 ・コン・ユ(ソグ)
 ・キム・スアン(スアン)
 ・チョン・ユミ(ソンギョン)
 ・マ・ドンソク(サンファ)
 ・チェ・ウシク(ヨングク)
 ・アン・ソヒ(ジニ)
 ・キム・ウィソン(ヨンソク)
 ・チェ・グィファ(ホームレス)
 ・パク・ミョンシン(ジョンギル)
 ・シム・ウンギョン(感染者の女)
 ・イェ・スジョン(インギル)

【スタッフ】

 脚本: パク・ジュソク
 監督: ヨン・サンホ
 撮影: イ・ヒョンドク
 照明: パク・ジョンウ
 美術: イ・モグォン
 録音: カン・ボンソン
 衣装: クォン・ユジン、イム・スンヒ
 ヘアメイク: イ・ウンジュ
 特殊メイク: クァク・テヨン、ファン・ヒョギュン
 振り付け: パク・ジェイン
 特殊効果: デモリッション
 編集: ヤン・ジンモ
 音楽: チャン・ヨンギュ
 サウンドスーパーバイザー: チェ・テヨン
 DI: ケヴィン・カン
 VFXスーパーバイザー: チョン・ファンス

 上映時間: 118分




スポンサーサイト



category: 新感染 ファイナル・エクスプレス



ホームへ戻る
[PV]