ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 カチンコ

がんばれ!ベアーズ / 1976年 アメリカ (日本語字幕)  



【解説】

原題: THE BAD NEWS BEARS

 愛を投げ、打ち、走る はじめて燃えたちびっ子13人!
 名優ウォルター・マッソーと 最年少アカデミー受賞者テイタム・オニールはじめ 子役のオールスターチームが、がっちりスクラム組んで贈る 涙と笑いのファミリー・メルヘン!!

 アメリカ西海岸の町にある少年野球リーグを題材に、お荷物的存在のチーム“ベアーズ”が、奮戦しながら勝ち抜いていく姿を描く傑作スポーツ・ コメディ。

 監督は、1969年「白銀のレーサー」などスポーツ映画を得意とするマイケル・リッチー。

 可愛いいアマンダを演じたのは、「ペーパー・ムーン」で史上最年少のアカデミー賞受賞のテイタム・オニール(Tatum O'Neal)。 当時、最も稼ぐ子役スターだった。

 全編に流れる音楽はビゼー作曲の『カルメン』。

 本作は、世界的ヒットとなり2本の続編1977年「がんばれ!ベアーズ特訓中」、1978年「がんばれ!ベアーズ大旋風-日本遠征-」が作られた他、TVシリーズにもなった。

【あらすじ】

 かつてはマイナー・リーグで活躍した事もあるプール清掃人バターメイカー(ウォルター・マッソー)は、市議会からの要請で少年野球チーム“ベアーズ”のコーチを任せられる。
 だが問題児ばかり抱えた“ベアーズ”が強くなる事など絶対不可能だと知ったバターメイカーは、昔の恋人の娘で抜群の投球センスを持つアマンダ(テイタム・オニール)と、オートバイを乗り回している不良少年ケリー(ジャッキー・アール・ヘイリー)をチームに加え、連勝街道に乗り出していく…。

【キャスト&スタッフ】

出演: ウォルター・マッソー(モーリス・バターメイカー)、テイタム・オニール(アマンダ)、ヴィック・モロー(ロイ・ターナー)、ジャッキー・アール・ヘイリー(ケリー・リーク)、ジョイス・ヴァン・パタン(クリーヴランド)、デヴィッド・ポラック(ルディ・スタイン)、ベン・ピアッツァ(ボブ・ホワイトウッド)、ゲイリー・リー・キャヴァナロ(エンゲルバーグ) 他。
監督: マイケル・リッチー 
製作: スタンリー・R・ジャッフェ 
脚本: ビル・ランカスター 
撮影: ジョン・A・アロンゾ 
音楽: ジェリー・フィールディング

上映時間: 103分




FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: がんばれ!ベアーズ



ホームへ戻る
[PV]