ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

ロンリBIGI バナー 2

YouTube

>
 カチンコ

砂時計 / 2008年 日本  









【解説】

 ずっと、一緒にいたかった。

 4人の幼なじみが歩んできた14歳から26歳までの12年間と、ヒロインの初恋の行方を描くラブストーリー。
 母親の離婚を機に、母親の故郷の島根に引っ越すことになった杏と、そんな杏を支える大悟との初恋の行方とそれぞれの成長をドラマチックに描き出す。

 2007年には昼帯でTVドラマ化もされ好評を博した芦原妃名子原作の少女コミック『砂時計』を映画化。

 監督は、「 LOVE SONG 」、「修羅雪姫」の佐藤信介。 今回はキャストを一新し、珠玉のラブストーリーに仕上げている。

 松下奈緒と夏帆が、ダブルキャストで1人の女性を演じている。 ヒロイン杏を「未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」などの松下奈緒、10代の中高生時代を「天然コケッコー」などの夏帆。
 中高生時代の主人公たちを夏帆と池松壮亮、大人になってからの2人を松下奈緒と井坂俊哉が演じる。

 本作では、ヒロインの人生の時間を刻む砂時計をモチーフにした、壮大な時間の旅とドラマに心酔する。

【あらすじ】

 両親の離婚で東京から母の実家がある島根県に移住してきた14歳の水瀬杏(夏帆)は、田舎特有の雰囲気と祖母になじめずにいたが、同い年の北村大悟(池松壮亮)らと出会い自分の居場所を見付けていく。
 それから12年後、東京で暮らす26歳になった杏(松下奈緒)は同窓会に出席するため、初恋の相手である大悟(井坂俊哉)が住む島根を訪れる…。

◎ 映画「砂時計」 メイキング
【キャスト】

 松下奈緒(水瀬杏…大人時代)
 夏帆(水瀬杏…中高生時代)
 井坂俊哉(北村大悟…大人時代)
 池松壮亮(北村大悟…中高生時代)
 塚田健太(月島藤…中高生時代)
 岡本杏理(月島椎香…中高生時代)
 戸田菜穂(植草美和子)
 高杉瑞穂(佐倉圭一郎)
 伴杏里(月島椎香…大人時代)
 風間トオル(水瀬正弘)
 藤村志保(植草美和子)

【スタッフ】

 監督・脚本: 佐藤信介
 原作: 芦原妃名子
 撮影監督: 河津太郎
 美術: 斎藤岩男
 録音: 北村峰晴
 編集: 今井剛
 音楽:上田禎
 主題歌: いきものがかり 『帰りたくなったよ

 上映時間: 121分


忍者AdMax


スポンサーサイト



category: 砂時計



ホームへ戻る
[PV]