ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

ロンリBIGI バナー 2

YouTube









>
 YouTube

8 Mile [エイトマイル] / 2002年 (日本語字幕)  




【解説】

原題: 8 Mile

 ヒップホップ( HIP HOP )界のスーパースター、エミネムの半生を基に描かれた青春音楽ドラマ。
 デトロイトを舞台にした、エミネムの半自伝的な作品。
 貧しい地域で暮らし、いつしかラップ歌手で有名になることを夢見る白人の青年が、様々な問題にぶつかりながらもやがて成功を掴んでいく。

 監督は、「L.A.コンフィデンシャル」のカーティス・ハンソン。 ヒップホップに興味がなくても、あるいは苦手でも、物語自体に共感でき、心にズシリと響く作品に仕上げた。 劇中のラップ・バトル・シーンは圧巻。

 エミネムが全編、観る者を射抜くような鋭い眼差しで、役者としてもカリスマ性を発揮している。 初劇場主演作。
 1999年に鮮やかなデビューを飾り、グラミー賞を始め、数々の音楽賞を総なめにした白人ラップ・アーティスト、エミネムはデトロイトの町で生まれ育った。
 ミシガン州デトロイトに実在する“8マイル・ロード”。この通りは、デトロイトの境界線であるとともに、北側の町ウォレスに暮らす中産階級の白人と、南側のデトロイトに暮らす黒人社会を分断する“ボーダーライン”でもある。

 共演は、「ナインハーフ」、「L.A.コンフィデンシャル」のキム・ベイシンガー(Kim Basinger)と「サウンド・オブ・サイレンス」のブリタニー・マーフィ(心不全のため2009年12月20日32歳の若さで急逝。)、「ホワイト・オランダー」のタリン・マニング など。

 本作では、トレードマークの染め上げた金髪を本来のダークグレイにして主人公を演じきったエミネムの演技が話題を呼んだ。
 作品は大ヒットを記録。 そして、主題歌『ルーズ・ユアセルフ』(Lose Yourself)は2002年度 アカデミー歌曲賞を受賞した。

【あらすじ】

 デトロイトのヒップホップ・クラブで、毎週末に行われるラップ・バトル。
 白人のラビット(エミネム)は、その才能を発揮できずにいた。
 現在バトルを制する“フリーワールド”は、ラビットを目の敵にしている。
 ある日ラビットは、モデル志望のアレックス(ブリタニー・マーフィ)と出会い、恋に落ちた。
 だが、甘い時は長くは続かない。
 母親ステファニー(キム・ベイシンガー)との確執、アレックスの裏切り、そして“フリーワールド”の暴行で心の擦り切れたラビットは、その思いを抱え、仲間とともにバトルへと向かった…。

【キャスト&スタッフ】

出演: エミネム(ジミー・“B-ラビット”・スミス・Jr.)、キム・ベイシンガー(ステファニー・スミス)、ブリタニー・マーフィ(アレックス)、メキー・ファイファー(フューチャー)、エヴァン・ジョーンズ(チェダー・ボブ)、オマー・ベンソン・ミラー(ソル・ジョージ)、タリン・マニング(ジャニーン)、マイケル・シャノン(グレッグ)、クロエ・グリーンフィールド(リリー・スミス)、アンソニー・マッキー(パパ・ドク)、ユージン・バード(ウィンク)他。

監督: カーティス・ハンソン
製作: ブライアン・グレイザー
カーティス・ハンソン
ジミー・アイオヴィン
脚本: スコット・シルヴァー
撮影: ロドリゴ・プリエト
編集: ジェイ・ラビノウィッツ
クレイグ・キットソン
音楽: エミネム
主題歌: エミネム 『ルーズ・ユアセルフ』

上映時間: 110分




FC2 Blog Ranking

category: 8 Mile

 YouTube

17歳のカルテ / 1999年 アメリカ (日本語字幕)  




【解説】

 原題: GIRL, INTERRUPTED

 探しに行こう 
 心にできた隙間をーー 
 埋めてくれる何かを。

 精神病院を舞台に、思春期の揺れる少女の心を描いた珠玉の青春ドラマ。

 監督は、「コップランド」のジェームズ・マンゴールド。

 原作は、スザンナ・ケイセンが1960年代後半に精神病院で過ごした2年間の体験を綴った自伝『思春期病棟の少女たち』。 スザンナ・ケイセンは17歳の時にアスピリンを大量に飲んで自殺を図り、精神科に入院している。

 主演・製作総指揮は、「オータム・イン・ニューヨーク」のウィノナ・ライダー(Winona Ryder)。 硝子のように繊細な魂を持つ17歳のヒロインを熱演。
 自らも境界性パーソナリティ障害で精神科入院歴のあるウィノナ・ライダーは、精神病棟を患者の視点で赤裸々に描いた原作に惚れ込んで映画化権を買い取り、制作総指揮を買って出た。

 共演に、「 60セカンズ」のアンジェリーナ・ジョリー。 リサ役でエキセントリックな演技を披露した。
 また、若手女優たちが、様々な精神障害を抱える患者たちをそれぞれの個性を活かして演じている。

 本作は、作品のテーマに於いて「カッコーの巣の上で」と比較される事が多いが、本作は原作がノンフィクションである点が異なっている。

 アンジェリーナ・ジョリーは本作で、第72回 アカデミー助演女優賞、ゴールデングローブ賞助演女優賞、全米映画批評家協会賞新人賞を受賞した。

【あらすじ】

 17歳のスザンナ(ウィノナ・ライダー)はアスピリンを大量に飲んで自殺を図り、親の勧めで精神科に入院する。
 医師の診断は“境界性人格障害”。情緒不安定で著しい衝動性を持つ精神病だった。
 同じ病棟の患者は、顔に火傷の痕があるポリー(エリザベス・モス)、虚言症のジョージーナ(クレア・デュヴァル)、大食症のデイジー(ブリタニー・マーフィ)、そしてリサ(アンジェリーナ・ジョリー)。
 常に監視され管理される入院生活の中で絶望感を感じていたスザンナは、病棟のリーダー格であるエキセントリックなリサに惹かれ次第に仲良くなっていく…。

【キャスト&スタッフ】

出演: ウィノナ・ライダー(スザンナ)、アンジェリーナ・ジョリー(リサ)、クレア・デュヴァル(ジョージーナ)、ウーピー・ゴールドバーグ(ヴァレリー)、ジャレッド・レトー(トビー)、ブリタニー・マーフィ(デイジー)、エリザベス・モス(ポリー)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(ウィック)、ケイディー・ストリックランド、アンジェラ・ベティス、ジェフリー・タンバー、トラヴィス・ファイン、ケイディー・ストリックランド、レイ・ベイカー、ミシャ・コリンズ、ジリアン・アルメナンテ 他。

監督: ジェームズ・マンゴールド
製作: ダグラス・ウィック
キャシー・コンラッド
製作総指揮: ウィノナ・ライダー
カロル・ボディ
原作: スザンナ・ケイセン
脚本: ジェームズ・マンゴールド
リサ・ルーマー
アンナ・ハミルトン・フェラン
撮影: ジャック・グリーン
音楽: マイケル・ダナ

上映時間: 127分




FC2 Blog Ranking

category: 17歳のカルテ

 YouTube

8人の女たち / 2002年 フランス (日本語字幕)  




【解説】

 原題: 8 FEMMES

 一家の主の刺殺事件を機に、人間関係のもつれが露呈していく様を描く、絢爛豪華にしてとびきり楽しいミュージカル仕立てのミステリー。

 舞台は1950年代のフランス。クリスマス・イブの朝、雪のため密室となった大邸宅で、主人の死体が発見される。邸宅にいるのは8人の女たち。果たして犯人は誰なのか。

 監督は、「焼け石に水」、「まぼろし」の鬼才フランソワ・オゾン。
 アガサ・クリスティ風の古典的な密室殺人劇を題材に、そこに往年のハリウッド映画を彷彿させるメロドラマやミュージカルの要素を盛り込み、きらびやかな中にも毒味が効いた、娯楽大作を生み出した。

 「ポーラX」のカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)、「彼女たちの時間」のエマニュエル・ベアールらフランスを代表する名女優8人が豪華競演。
 彼女たちが歌って踊って熱演する姿はもちろん、それぞれが身にまとうクラシカルで華麗な衣裳、かわいらしい雰囲気が漂うカラフルなセットなど、見どころは満載。

 本作は、その年いきなり「アメリ 」を抜くオープニング記録を樹立し、続いて公開されたドイツでもフランス映画史上歴代第1位のヒットを記録する快挙を成し遂げた。
 ベルリン国際映画祭では、8人全員に銀熊賞(最優秀芸術貢献賞)が授与された。

【あらすじ】

 1950年代のフランス。
 雪に閉ざされた大邸宅にクリスマスを祝うべく家族が集うが、やがて一家の主のマルセルが何者かに殺されているのが発見される。
 被害者の老母マミー(ダニエル・ダリュー)、妹のピレット(ファニー・アルダン)、妻のギャビー(カトリーヌ・ドヌーヴ)、その妹でオールドミスのオーギュスティーヌ(イザベル・ユペール)、長女のスゾン(ヴィルジニー・ルドワイヤン)、次女のカトリーヌ(リュディヴィーヌ・サニエ)、メイドのルイーズ(エマニュエル・ベアール)、家政婦のマダム・シャネル(フィルミーヌ・リシャール)と、邸宅に居合わせた8人の女たちには各自彼を殺す何らかの動機があり、犯人捜しは紛糾するが…。 .

【キャスト&スタッフ】

出演: ダニエル・ダリュー(マミー…妻の母)、カトリーヌ・ドヌーヴ(ギャビー…妻)、イザベル・ユペール(オーギュスティーヌ…妻の妹)、エマニュエル・ベアール(ルイーズ…メイド)、ファニー・アルダン(ピレット…主の妹)、ヴィルジニー・ルドワイヤン(スゾン…長女)、リュディヴィーヌ・サニエ(カトリーヌ…次女)、フィルミーヌ・リシャール(マダム・シャネル…ハウスキーパー)他。

監督・脚本: フランソワ・オゾン
製作: オリヴィエ・デルボスク
マルク・ミソニエ
原案: ロベール・トマ
脚本: マリナ・デ・ヴァン
撮影: ジャンヌ・ラボワリー
衣裳: パスカリーヌ・シャヴァンヌ
美術: アルノー・ド・モレロン
音楽: クリシュナ・レヴィ

上映時間: 111分




FC2 Blog Ranking

category: 8人の女たち

 YouTube

1303号室 / 2007年 アメリカ  




【送料無料】1303号室 [ 大石圭 ]

【送料無料】1303号室 [ 大石圭 ]
価格:620円(税込、送料別)

【解説】

原題: APARTMENT 1303

 あの部屋にいる人は、みんなみんな死んじゃうんだよ。

 そこに住んだ人間は例外なく、飛び降り自殺を遂げるという海辺のリゾートマンション1303号室の謎を描く戦慄のホラー。

 原作は、数多くのホラー作品を手掛けてきた大石圭が、自らの最高傑作と公言する『1303号室』。

 監督は、「吉祥天女」や「富江」シリーズなどの及川中。

 主人公の真利子役には「ストロベリーショートケイクス
夕凪の街 桜の国」などに出演し、その演技力に評価が高い
中越典子。オムニバス・ホラー「コワイ女」に続いてのホラー
映画への出演となった中越は、影中もまったく手を抜かないせいか、生傷が絶えなかったという。
 共演は、映画、TV、舞台と幅広く活躍する古田新太、「 tokyo,sora 」「クローズドノート」の板谷由夏、「ツィゴイネルワイゼン」「蛇イチゴ」の大谷直子など、近年のホラー作品には珍しく実力派が揃う。

 本作は、海外20ヶ国以上での公開が決定し、日本より先に公開された国では観客が殺到したという。海外公開版とは異なるディレクターズ・カット・エディションで日本公開された。

  本作は、アメリカ合衆国の映画であり、“邦画”ではなく“洋画”。原作完成前から映像化権利のプリセールを行い、
ロサンゼルスの[モンテクリストファンド]が全額を出資した。

【あらすじ】

 真利子(中越典子)の妹は、海が見渡せる高級マンションに引っ越してすぐにベランダから身投げをする。
 妹の突然の死を不信に思った彼女は、荷物の整理かたがた1303号室を訪れる。
 何か手がかりはないかと1302号室のドアをノックすると、その部屋に住む少女は、隣の部屋の女の人はみんな死んでしまうのだと不吉なことを言い始め…。

【キャスト&スタッフ】

出演: 中越典子(緑川真利子)、初音映莉子(杉内幸世)、深田あき(緑川沙弥香)、松尾敏伸(岩田健一郎)、板谷由夏(1302の母親)、大谷直子(緑川直子)、古田新太(桜井刑事)、渡部豪太(金田洋)、加藤理恵(吉野朋子)、柏木貴代(松田美穂)、街田しおん(杉内幸子)、松野莉奈(1302の少女)、阿部進之介(太田)、鈴木一功(管理人)、上原香代子(川原ユカ)、春日潤也(川口亮太)、安井真理子(菜央)、立花彩野(麻美)、百瀬実咲(千草) ほか。

監督: 及川中
原作: 大石圭(河出書房新社刊)
プロデューサー: 原田知明、Daniel Fridell
脚本: 大石圭、佐藤孝昌、及川中
撮影: 喜久村徳章
照明: 鈴木秀幸
美術: 小泉博康
音楽: 三善雅己、John Lissauer
主題歌: Bahashishi 『 Clover 』

上映時間: 94分




FC2 Blog Ranking

category: 1303号室

 YouTube

13日の金曜日 [R-15] / 2009年 アメリカ (日本語吹替)  




【解説】

 原題: FRIDAY THE 13TH

 全世界を恐怖のどん底に陥れた“ホッケーマスク”の怪人ジェイソンを生み出した1980年の名作「13日の金曜日」の生誕30周年を記念して、新たな解釈で甦らせた衝撃の リメイク・ホラー。

 曰く付きのキャンプ場を訪れた若者たちが、“ホッケーマスク”を着けた謎の大男によって次々と血祭りに上げられていく…。
 ストーリーや設定はオリジナルの1-4作目を詰め込んだ内容。

 2003年「テキサス・チェーンソー」のマイケル・ベイ製作&マーカス・ニスペル監督が再タッグを組んだ。

 主人公役にはTVシリーズ「スーパーナチュラル」でブレイクした人気俳優、ジャレッド・パダレッキ。ジェイソン役にはデレク・ミアーズ、ホイットニー役にはアマンダ・リゲッティが起用された。

 ※ 「13日の金曜日」は、1980年に登場し、数多くのシリーズとブームを生み出したスラッシャー映画の代名詞的作品。
 スプラッター・ムービー・ブームの火付け役になり、シリーズはスピンオフ作品を含めてこれまで11本が製作されている。
 おなじみの“ホッケーマスク”姿は3作目から登場する。

【あらすじ】

 行方不明になった妹を探すため、クレイ(ジャレッド・パダレッキ)は古い小屋の佇む薄気味悪い伝説の森、クリスタル・レイクへ向かう。
 警察と地元民の警告に耳をかさず、クレイはわずかな手がかりをもとに、スリルある週末を過ごすためにやってきた大学生のグループの女性と一緒に捜索を開始するが、アメリカ史上最も恐れられている者が潜む領域に足を踏み込んでしまう。
 それは、剃刀のように鋭いナタを持ち、クリスタル・レイクに出没する有名な殺人鬼ジェイソン・ボーヒーズ(デレク・ミアーズ)だった…。

【キャスト&スタッフ】

出演: ジャレッド・パダレッキ(クレイ)、ダニエル・パナベイカー(ジェナ)、アマンダ・リゲッティ(ホイットニー)、トラヴィス・ヴァン・ウィンクル(トレント)、アーロン・ヨー(チューウィー)、アーレン・エスカーペタ(ローレンス)、デレク・ミアーズ(ジェイソン)、ジョナサン・サドウスキー、ジュリアンナ・ギル、ベン・フェルドマン ほか。
監督: マーカス・ニスペル
製作: マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッド・フラー
ショーン・カニンガム
原案: ダミアン・シャノン
マーク・スウィフト
マーク・ホイートン
脚本: ダミアン・シャノン
マーク・スウィフト
撮影: ダニエル・C・パール
編集: ケン・ブラックウェル
音楽: スティーヴ・ジャブロンスキー

上映時間: 97分




FC2 Blog Ranking

category: 13日の金曜日(2009)



ホームへ戻る
[PV]