ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 音楽・映画ランキング

 カチンコ

GODZILLA ゴジラ / 1998年 アメリカ (日本語字幕)  




【解説】

原題: GODZILLA

 Size Does Matter(サイズがものを言う)
 人類に打つ手は無い。

 日本が世界に誇る怪獣“ゴジラ”をハリウッドでリメイクしたSF怪獣映画の大作。
 大西洋・・・フランスの核実験による突然変異で、イグアナが巨大化した怪獣ゴジラが出現し、ニューヨークにやって来る…。

 監督のローランド・エメリッヒ、製作のディーン・デヴリン以下、1996年「インデペンデンス・デイ」のスタッフが再集結、巨費をかけて制作。
 デジタル技術を駆使し、アクションにスピード感を出した。

 “ゴジラ”は着ぐるみを主体とする日本版と異なり、CGを多く使用して描いてある。

 本作については、コアな“ゴジラ”ファンの間では賛否両論だが、第19回ゴールデンラズベリー賞において最低リメイク賞、および女優のマリア・ピティロが最低助演女優賞を受賞している。

【あらすじ】

 大西洋一帯で不可解な破壊事件が続発。
 核実験による突然変異で、巨大獣ゴジラが出現したのだ。
 ニューヨークに現れたゴジラは、強大な兵力を誇る米国軍隊をものともせず、マンハッタンのビル街を破壊して地下へ消える。
 米国政府の調査隊に加わった生物学者ニック・タトプロス(マシュー・ブロデリック)は、摩天楼がゴジラの巣に選ばれたことを知る。
 そんな彼に保険調査員を自称する正体不明のフランス人、フィリップ・ローシェ(ジャン・レノ)が接近。
 実はフィリップは、自国の核実験によってゴジラが生み出されたことに対して、フランス政府が秘密裏に派遣したトップ・エージェントだった…。

【キャスト&スタッフ】

出演: マシュー・ブロデリック(ニック・タトプロス)、ジャン・レノ(フィリップ・ローシェ)、ハンク・アザリア(ビクター・“アニマル”パロッティ)、マリア・ピティロ(オードリー・ティモンズ)、ケヴィン・ダン(ヒックス大佐)、マイケル・ラーナー(ニューヨーク市長)、ハリー・シェアラー(チャールズ・ケイマン)、アラベラ・フィールド(ルーシー・パロッティ)、ヴィッキー・ルイス(エルシー・チャップマン博士)、ダグ・サヴァント(オニール軍曹)、マルコム・ダネア(メンデル・クレイブン)、クライド草津、加藤雅也、グレン・モーシャワー、リチャード・ガント ほか。
監督: ローランド・エメリッヒ
製作: ディーン・デヴリン
製作総指揮: ローランド・エメリッヒ
ウテ・エメリッヒ
ウィリアム・フェイ
原案: テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
脚本: ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
撮影: ウエリ・スタイガー
音楽: デヴィッド・アーノルド
字幕: 戸田奈津子

上映時間: 138分


Loading...


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: GODZILLA ゴジラ



ホームへ戻る
[PV]