ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


>
 カチンコ

いっツー THE MOVIE 2 / 2014年 日本  









【解説】

 クラブ活動でゾンビ映画を撮ることになった主人公と仲間たちのストーリーを軸に、主人公と憧れの美少女、主人公に思いを寄せるメガネっ娘の三角関係を描く青春コメディ。
 エッチなことで頭がいっぱいの男子高校生が繰り広げる青くさい恋を描いた実写映画二部作の後編。
 典型的な学園コメディだが、性的な言動や表現が多いのが特徴。

 原作は、『すんドめ』、『いびつ』などで知られる人気漫画家・岡田和人が一方通行な恋心を抱える男女を描いた漫画『いっツー』。
 2014年に2本の実写映画が製作されたが、本作(2本目)は原作から離れている。

 前作に引き続き城定秀夫が監督を務めた。 前作「いっツー THE MOVIE 」で、見事憧れの先輩ユイに再会するも想いを告げられず、いまだ悶々とした日々を送る少年サガミの恋の行方を描き出している。

 主演は、“小蜜”の愛称で親しまれる人気グラビアアイドル・副島美咲。 キュートでセクシーな魅力が満載となっている。
 1作目に出演した副島美咲(ユイ)と主人公を演じる中山龍也(サガミ)に加え、サガミに恋心を寄せるメガネっ娘のヨシコ役で、ゾンビアイドルとして人気の小明が出演する。

【あらすじ】

 高校に入学したサガミ(中山龍也)は、憧れの先輩・ユイ(副島美咲)のいる映画部に入部。
 新作のゾンビ映画の主役に選ばれる。
 映画部には、サガミに思いを寄せるゾンビマニアのメガネっ娘・ヨシコ(小明)も入部していた。
 こうしてゾンビ映画の撮影がスタート。
 しかし、ユイのパンチラにサガミの股間が毎回反応することで撮影がストップするなどのトラブルに見舞われ…。

◎1作目 「いっツーTHE MOVIE 」 2014
【キャスト】

 副島美咲(ユイ)
 中山龍也(サガミ)
 小明(ヨシコ)
 鈴木淳(見所部長)
 のんの
 伊田麻友香

【スタッフ】

 監督: 城定秀夫
 原作: 岡田和人 『いっツー』
 脚本: 城定秀夫
 撮影: 今井哲郎
 編集: 城定秀夫

 上映時間: 70分

 配給: クロックワークス


忍者AdMax


スポンサーサイト

category: いっツー THE MOVIE 2

 カチンコ

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? / 2017年  









【解説】

 英題: FIREWORKS
 製作国: 日本

 繰り返す夏休みの1日、
 何度でも君に恋をする


 転校する同級生に秘かな想いを寄せる中学生男子が、不思議な玉によって夏の一日を繰り返す中で辿り着く淡く切ない初恋の顛末を綴る青春ラブ・ストーリー。
 現代の要素を入れながら長編として再構築し、夏休みを過ごす中学生の男女を主人公に、何度も繰り返されるある1日を描く。

 岩井俊二監督の出世作でもある1993年の名作TVドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」をアニメ映画化。

 脚本を「モテキ」、「バクマン。」の大根仁、総監督は「化物語」、「魔法少女まどか☆マギカ」の新房昭之が務めた。

 声の出演は、主人公・典道役に「共喰い」などの菅田将暉、ヒロイン・なずな役に「ちはやふる」シリーズなどの広瀬すず。 共演に宮野真守、松たか子、人気声優の宮野真守ら。

【あらすじ】

 夏休みの登校日。中学生の典道と祐介は、なずなの前で競泳対決をすることに。
 典道は、競争のさなかに水中で不思議な玉を見つける。一方祐介は競争に勝ち、なずなに花火大会に誘われる。
 放課後、皆が打ち上げ花火のことで盛り上がっている中、なずなが母の再婚に悩んでいることを知る典道。
 どうすることもできない自分に典道はもどかしさを感じ、ふいに玉を投げると、なぜか競泳対決の最中に戻っていた…。

◎ DAOKO × 米津玄師 『打上花火』 MV
【キャスト(声の出演)】

 広瀬すず(及川なずな)
 菅田将暉(島田典道)
 宮野真守(安曇祐介)
 浅沼晋太郎(田島純一)
 豊永利行(和弘)
 梶裕貴(稔)
 三木眞一郎(なずなの母の再婚相手)
 花澤香菜(三浦晴子先生)
 櫻井孝宏(光石先生)
 根谷美智子(典道の母)
 飛田展男(典道の父)
 宮本充(祐介の父)
 立木文彦(花火師)
 斎藤千和、嶋村侑(看護師)
 新垣樽助(屋台の兄ちゃん)
 種崎敦美(レポーター)
 井之上潤(アナウンサー)
 小原好美、廣田悠美、内田修一(生徒)
 松たか子(なずなの母)

【スタッフ】

 原作: 岩井俊二
 総監督: 新房昭之
 監督・絵コンテ・美術設定: 武内宣之
 脚本: 大根仁
 キャラクターデザイン: 渡辺明夫
 サブキャラクターデザイン: 山村洋貴
 総作画監督: 山村洋貴
 美術原案: 秋山健太郎
 美術デザイン: 田中直哉
 音楽: 神前暁
 主題歌: DAOKO×米津玄師 『打上花火
 アニメーション製作: シャフト

 上映時間: 90分


忍者AdMax


category: 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?から見るか?横から見るか?

 カチンコ

あん / 2015年 日本・フランス・ドイツ  









【解説】

 元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。
 おいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。

 原作は、詩人や作家、ミュージシャンとして活動するドリアン助川の小説『あん』。

 監督・脚本は、「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯(もがり)の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美。

 主演は、2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林(2018年9月15日2時45分、東京都渋谷区の自宅で家族に看取られ、死去。75歳没。)。 観客を魅了する樹木の円熟した演技に注目。
 千太郎役に永瀬正敏、ワカナ役には樹木の孫娘である内田伽羅が扮した。
 主題歌は、秦基博の『水彩の月』。

【あらすじ】

 刑務所から出所したのち、どら焼き屋“どら春”の雇われ店長となった千太郎(永瀬正敏)の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。
 その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。
 徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛。
 そんな中徳江は、つぶれたどら焼きをもらいに来ていた女子中学生のワカナ(内田伽羅)と親しくなる。
 ところがある日、かつて徳江がハンセン病を患っていたことが近所に知れ渡り…。

◎樹木希林/映画「あん」インタビュー
【キャスト】

 樹木希林(徳江)
 永瀬正敏(千太郎)
 内田伽羅(ワカナ)
 市原悦子(佳子)
 水野美紀(ワカナの母)
 太賀(陽平)
 兼松若人(田中)
 浅田美代子(大将の奥さん)

【スタッフ】

 監督・脚本・編集: 河瀬直美
 原作: ドリアン助川『あん』
 撮影: 穐山茂樹
 照明: 太田康裕
 録音: 森英司
 美術: 部谷京子
 衣装: 小林身和子
 編集: Tina Baz
 音楽: David Hadjadi
 主題歌: 秦基博『水彩の月』

 上映時間: 113分


忍者AdMax


category: あん

 カチンコ

映画 暗殺教室 / 2015年 日本  









【解説】

 新学期を迎え暗殺のタイムリミットが迫る中、謎の超生物“殺せんせー”に隠された過去や暗殺を託された生徒たちの様子、さらに地球の運命を懸けたバトルの行方が描かれるサスペンス。
 1年後に地球を滅ぼすと宣言する“殺せんせー”が担任教師となった椚ヶ丘中学3年E組の生徒たちに、政府から“殺せんせー”暗殺の指令が下される。

 連載開始から二年足らずで単行本の発行部数が累計1000万部突破という松井優征の大ヒットコミック『暗殺教室』を実写映画化。

 監督は、「海猿」シリーズ、「 MOZU 」シリーズのの羽住英一郎。
 奇想天外な世界観と予想不可能な展開にクギづけ。
 暗殺という使命が課せられた彼らに攻撃されながらも巧みにかわし、その過程で築かれていく奇妙な友情と終盤の展開には期せずして感動させられる。
 “殺せんせー”は、着ぐるみとスーツアクターによる演技を3DCGでトレースして描かれている。

 出演は、本作が映画初主演となる<Hey! Say! JUMP>の山田涼介、「共喰い」の菅田将暉、「アウトレイジ」の椎名桔平。 
 そして、“殺せんせー”の声を<嵐>の二宮和也が担当していることが、映画公開初日に発表された。
 また、“殺せんせー”の存在感に圧倒される一方、近年は怪優になりつつある高嶋政伸演じる鷹岡の振り切れぶりには爆笑させられる。

【あらすじ】

 1年後に地球を破壊すると宣言しながら、椚ヶ丘中学校の落ちこぼれ学級3年E組の担任となった“殺せんせー”と、政府から殺せんせーの暗殺依頼を受けた生徒たち。
 新学期を迎え暗殺のタイムリミットが迫る中、同じクラスの茅野カエデが暗殺者として正体を明かす。
 それを受け、“殺せんせー”は自らの過去を振り返るが、その告白は生徒たちに動揺をもたらし…。

◎テレビアニメ 第1話 [暗殺の時間]
【キャスト】

 山田涼介(潮田渚)
 菅田将暉(赤羽業)
 山本舞香(茅野カエデ)
 竹富聖花(中村莉桜)
 優希美青(神崎有希子)
 上原実矩(奥田愛美)
 橋本環奈(自律思考固定砲台…律)
 加藤清史郎(堀部イトナ)
 知英(イリーナ・イェラビッチ)
 高嶋政伸(鷹岡明)
 椎名桔平(烏間惟臣)
 葵わかな(斎藤綾香)
 武田玲奈(不破優月)
 二宮和也(殺せんせー[声])
 桐谷美玲

【スタッフ】

 原作: 松井優征『暗殺教室』
 監督: 羽住英一郎
 脚本: 金沢達也
 音楽: 佐藤直紀
 撮影: 江崎朋生
 照明: 三善章誉
 録音: 柳屋文彦
 美術: 棈木陽次
 装飾: 小山大次郎
 編集: 松尾浩
 VFXスーパーバイザー: オダイッセイ
 主題歌: 『殺せんせーションズ』- せんせーションズ(Hey! Say! JUMP)

 上映時間: 110分


忍者AdMax


category: 暗殺教室

 カチンコ

オーバー・フェンス / 2016年 日本  









【解説】

 函館の短い新緑の季節を舞台に人々が愛を探し求め、家族とは、夫婦とは、共に生きるとは…人間の普遍的なテーマに向き合う物語。
 原作者・佐藤泰志が職業訓練校に通った自身の体験を交えてつづった小説『黄金の服』に収められている短編作品[オーバー・フェンス]を基に、それぞれ苦悩を抱える孤独な男女が共に生きていこうとする姿を描き出すラブ・ストーリー。

 「海炭市叙景」、「そこのみにて光輝く」に続く“函館三部作”の最終章。

 監督は、「マイ・バック・ページ」、「味園ユニバース」など闇を抱えた人間たちに柔らかな光を与える名手・山下敦弘。 新緑の季節の函館を舞台に、愛すること、共に生きることに向き合っていく男女の姿を映し出した。
 41歳で他界した作家の実体験を基につづられた原作の魅力が光る愛の物語には心を奪われる。

 脚本・音楽・撮影にも、国内外で評価された「そこのみにて光輝く」のスタッフ陣が再集結した。

 主人公・白岩役にオダギリジョー、白岩と恋に落ちる女性・聡(さとし)役に蒼井優、そして白岩と同じ職業訓練校の生徒・代島役に松田翔太など豪華キャストが競演する。

【あらすじ】

 これまで好きなように生きて来た白岩(オダギリジョー)は妻にも見放され、東京から生まれ故郷の函館に舞い戻る。
 彼は実家に顔を見せることもなく、職業訓練校に通学しながら失業保険で生活していた。
 ただ漫然と毎日を過ごしてしていた白岩は、仲間の代島(松田翔太)の誘いで入ったキャバクラで変わり者のホステス聡(蒼井優)と出会い…。

◎映画プレミア上映会1
【キャスト】

 オダギリジョー(白岩義男)
 蒼井優(田村聡)
 松田翔太(代島和久)
 北村有起哉(原浩一郎)
 満島真之介(森由人)
 松澤匠(島田晃)
 鈴木常吉(勝間田憲一)  優香(尾形洋子)
 塚本晋也(義男の元義父[声])

【スタッフ】

 監督: 山下敦弘
 原作: 佐藤泰志
 脚本: 高田亮
 撮影: 近藤龍人
 音楽: 田中拓人
 製作: 永田守

 上映時間: 112分


忍者AdMax


category: オーバー・フェンス



ホームへ戻る
[PV]