ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

ロンリBIGI バナー 2

YouTube

>
 カチンコ

悪魔島のプリンス 三つ目がとおる / 1985年 日本  













【解説】

 写楽と和登さんが謎の老朽船の調査に出向き、そのまま奇怪な島めぐりの航海へと巻き込まれて行くアニメーション。

 かつて地上に栄えながらも滅びた三つ目族の末裔・写楽保介が、親友の和登千代子とともに様々な事件を解決していく、手塚治虫
後期の代表作である伝奇SFマンガ「三つ目がとおる イースター島航海編」のアニメ化作品。

 1985年8月25日 日曜10:00~12:00 に日本テレビの『 24時間テレビ』スペシャルアニメーション第8弾として放送された。

 今回は手塚プロではなく東映動画の制作となっていて、手塚治虫は原作とアニメ用シノプシス(あらすじ)だけを担当。  写楽誕生のエピソードから、後半はナチス残党などが登場するアニメオリジナルの展開となっている。
 テーマ性よりもエンターテイメント性が重視されていて、この路線変更が、手塚プロがこのシリーズを離れた理由のひとつでもある。

 このアニメ化の後、1990年10月から約1年間テレビ東京系でもTVシリーズ「三つ目がとおる」としてアニメ化(全48話)されている。

【あらすじ】

 いつも額に大きな絆創膏を貼っている、まるで幼い子どものように純真な少年・写楽。
 ある日、イジメがエスカレートし、ついに写楽の額の絆創膏がはがされてしまった。
 その下から現れたのは、第三の目!その日から、写楽は変わった。イジメをしていた連中は、写楽の“三つ目”に睨まれて、階段から転げ落ちたり、屋上から落下したりして、大怪我をする。
 ひとたび絆創膏がはがれ、第三の目が現れると、たちまち、恐ろしい超能力を発揮する写楽。
 そんな折、写楽の書いた落書きを科学者が調査したところ、それが古代マヤ文明の壁画と同じ種類のものだということが確認された。
 そして、写楽のまわりには、謎の鳥人間が出没しはじめていた…。

◎人気の動画 - 三つ目がとおる
【キャスト(声の出演)】

 藤田淑子(写楽)
 高嶋雅羅(和登さん)
 横沢啓子(パンドラ)
 八奈見乗児(ヒゲオヤジ)
 田中康郎(須武田教授)
 岸野一彦(犬持先生)
 塩沢兼人(鬼胴)
 熊倉一雄(雲名警部)
 飯塚昭三(巨人のボス)

【スタッフ】

 原作、構成: 手塚治虫
 製作: 今田智憲
 企画: 都築忠彦(日本テレビ)、
 松谷孝征(手塚プロダクション)
 プロデューサー: 武井英彦(日本テレビ)、
 田宮武
 演出: 芹沢有吾
 脚本: 山崎晴哉
 音楽: 大谷和夫
 撮影: 森田俊昭
 美術: 池田裕二
 制作: 日本テレビ、東映動画

 時間: 85分




スポンサーサイト



category: 悪魔島のプリンス 三つ目がとおる

 カチンコ

アイアムアヒーロー / 2016年 日本  









【解説】

 ようこそ。絶叫のZQN(ゾキュン)
パニックへ。


 突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映すパニック・アクション。
 ある日突然、謎の感染によってZQN(ゾキュン)と呼ばれるゾンビが街に溢れた日本を舞台に、冴えない漫画家アシスタントの男が、偶然出会った一人の女子高生を守るために死力を尽くして繰り広げる決死のサバイバルの行方を、迫力のバイオレンス・アクションと臨場感あふれるパニック描写で描き出す。

 原作は、花沢健吾によるベストセラーコミック『アイアムアヒーロー』( I Am a Hero )。

 監督は、「 GANTZ 」「図書館戦争」シリーズを手がける佐藤信介。 本作では、スリルと恐怖が次々と押し寄せる展開はもちろん、鮮烈なビジュアルも見ものとなった。

 主人公・英雄を演じる大泉洋と、歯のない赤ん坊ZQNにかまれ、人間に危害を加えない半ZQN状態になるヒロイン・比呂美役の有村架純、大胆な行動力でZQNに立ち向かう藪役の長澤まさみが共演する。

【あらすじ】

 漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。
 そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。
 慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQN(ゾキュン)と呼ばれる感染者であふれていた。
 出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。
 比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる…。

◎dTVオリジナル
「アイアムアヒーローはじまりの日」
2016年製作の日本配信ドラマ。 同年4月に公開された映画「アイアムアヒーロー」に先駆けて4月9日に公開されたスピンオフ作品。
【キャスト】

 大泉洋(鈴木英雄)
 有村架純(比呂美)
 吉沢悠(伊浦)
 岡田義徳(サンゴ)
 片瀬那奈(てっこ)
 片桐仁(中田コロリ)
 マキタスポーツ(松尾)
 塚地武雅(三谷)
 徳井優(アベサン)
 長澤まさみ(藪)

【スタッフ】

 監督: 佐藤信介
 製作: 市川南
 原作: 花沢健吾
 脚本: 野木亜紀子
 CGディレクター: 土井淳
 特撮: 神谷誠
 特殊メイク: 藤原カクセイ
 美術: 斎藤岩男
 撮影監督: 河津太郎
 衣装デザイン: 宮本まさ江
 編集: 今井剛
 音楽: ニマ・ファクララ

 上映時間: 127分




category: アイアムアヒーロー

 カチンコ

映画 ひみつのアッコちゃん / 2012年 日本  









【解説】

 この恋には  秘密がある。

 魔法のコンパクトで大人の女性に変身した10歳の少女が、買収問題に揺れる化粧品会社を舞台に、仕事に恋に大奮闘する姿をコミカルに描くロマンティック・コメディ。
 魔法のコンパクトで小学生から22歳の大学生に変身してしまったアッコちゃんが、ひとめぼれした青年が勤める化粧品会社を立て直すため奮闘する。

 “テクマクマヤコン~”、“ラミパスラミパス~”の呪文でおなじみ、赤塚不二夫の国民的人気コミック『ひみつのアッコちゃん』を実写映画化。
 『ひみつのアッコちゃん』は、1960年代から2010年代に至るまでたびたびテレビアニメ化され、人気を呼んだ。 また、テレビドラマも製作されている。

 監督は、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」の川村泰祐。 時代背景を現代に置き換えたオリジナルストーリーが展開する。

 22歳のアッコちゃんに「ハッピーフライト」、「おっぱいバレー」などの綾瀬はるか。 フィギュアスケーター、客室乗務員、バイクレーサーなど次々に変身する綾瀬の七変化には心が躍る。
 彼女の初恋の相手には「プリンセス トヨトミ」で共演している岡田将生。
 そして、会社の専務役に谷原章介、守衛役に塚地武雅、恋のライバルOL役に吹石一恵。 また、原作にしか登場しない“鏡の精”には香川照之が起用され、黒のタキシードにサングラスと赤塚作品らしい怪しい雰囲気で作品を盛り上げている。

【あらすじ】

 鏡の精(香川照之)から魔法のコンパクトをもらい、10歳の小学生から22歳の大学生に変身をとげた加賀美あつ子(綾瀬はるか)。
 大好きなメイクやおしゃれを楽しみ浮かれる中、遊園地で出会った化粧品会社に勤める早瀬尚人(岡田将生)にひとめぼれする。
 その翌日、再会を機に、アイデアを次々と披露するあつ子を気に入った尚人は、自分の会社に彼女をアルバイトとして招き入れることを決める。
 個性的なメンバーの中で、失敗しつつも楽しみながら毎日を過ごしていたあつ子だったが…。

◎綾瀬はるか登場! 初日舞台あいさつ
【キャスト】

 綾瀬はるか(加賀美あつ子…22歳)
 吉田里琴(加賀美あつ子…10歳)
 岡田将生(早瀬尚人)
 谷原章介(熱海専務)
 吹石一恵(青山マリ)
 塚地武雅(守衛さん)
 大杉漣(中村前社長)
 堀内敬子(あつ子のママ)
 内田春菊(総理夫人)
 肘井美佳(黒川朋美)
 柿澤勇人(サトウ先生)
 もたいまさこ(大庭鶴子)
 鹿賀丈史(鬼頭大五郎)
 香川照之(鏡の精)
 堀内まり菜(モコ)

【スタッフ】

 監督: 川村泰祐
 原作: 赤塚不二夫
 『ひみつのアッコちゃん』
 脚本: 山口雅俊、大森美香、福間正治
 音楽: 遠藤浩二
 製作指揮: 城朋子
 撮影: 唐沢悟
 視覚効果: 松本肇
 美術: 岩城南海子
 キャスティング: 杉野剛
 スクリプター: 近藤真智子
 スタイリスト: 杉山まゆみ
 照明: 石田健司
 録音: 小松将人
 助監督: 吉田和弘

 主題歌: YUKI 『わたしの願い事

 上映時間: 120分




category: 映画 ひみつのアッコちゃん

 カチンコ

おと・な・り / 2009年 日本  









【解説】

 はじめて好きなったのは、
 あなたが生きている音でした。


 都会のアパートの隣同士に暮らし、一度も顔を合わせたことはないが、音によって惹かれ合っていく男女の恋の行方を描くラブストーリー。
 人生の分岐点に立つ30歳の男女を主人公に、都会の古いアパートでお隣り同士となった2人が、顔を合わせることもなく、互いの生活音だけを介して次第に惹かれ合っていくさまを繊細に綴る。

 監督は、「ニライカナイからの手紙」や「虹の女神 Rainbow Song 」などの熊澤尚人。
 撮影は東京都国分寺市にある花屋で行われた。
 さまざまな葛藤を抱えた男女の心情をリアルかつ丁寧にすくい取った、等身大のラブストーリーとして堪能できる一作となっている。

 主演は、「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」、「> 陰日向に咲く」などの岡田准一と「夕凪の街 桜の国」、「時効警察」などの麻生久美子。
 進むべき道を模索するカメラマンを岡田准一、30代の女性として揺れ動きながら夢の実現を目指すヒロインを麻生久美子が演じる。

 ストーリーに絡む挿入歌にはっぴいえんどの『風をあつめて』が採用されている。

【あらすじ】

 風景写真を撮りたいという夢を抱きながら、友人でもある人気モデルの撮影に忙しい日々を送るカメラマンの聡(岡田准一)。
 一方、フラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをしながら、フランス留学を控えた七緒(麻生久美子)。
 同じアパートの隣同士に暮らす二人は、いつしか互いの生活音に癒しを感じるようになる…。

◎麻生&岡田 ◆消したい過去を大公開SP!!
【キャスト】

 岡田准一(野島聡)
 麻生久美子(登川七緒)
 谷村美月(上田茜)
 岡田義徳(氷室肇)
 池内博之(SHINGO)
 市川実日子(平川由加里)
 とよた真帆(雅子)
 平田満(荒木社長)
 森本レオ(喫茶店マスター・堀)
 西口有香(アテレコで出演)
 辻萬長(七緒の父)

【スタッフ】

 監督: 熊澤尚人
 脚本: まなべゆきこ
 撮影: 藤井昌之
 美術: 橋本優
 音楽: 安川午朗
 スタイリスト: 宮本まさ江
 照明: 舘野秀樹
 整音: 田上祐二
 装飾: 平井浩一
 録音: 古谷正志
 助監: 浅利宏

 上映時間: 119分




category: おと・な・り

 カチンコ

アテンションプリーズ スペシャル ハワイ・ホノルル編  











【解説】

 製作年: 2007年
 製作国: 日本


 国際線移行訓練を受けることになった洋子たちが厳しい業務を経て、実際にホノルルに行くも、そこで騒動が起こるコメディ。

 2006年に放映され、好評を博したドラマ「アテンションプリーズ」のスペシャル編。
 2007年1月13日・21:00 より土曜プレミアム枠にて2時間スペシャルとして放送された。
 美咲洋子が、国際線移行訓練中に訪れるハワイでのできごとをドラマティックに、そしてハプニングあり、恋あり、そしてイマドキCA(キャビンアテンダント)のリアリティーありのストーリーを、ハワイの美しい映像とともに描いてある。 洋子と整備士の中原翔太との恋の行方にも注目。

【あらすじ】

 キャビンアテンダントとしての一歩を踏み出した美咲洋子(上戸彩)は、持ち前の明るさを武器に国内線の乗務をこなしていた。
 そんなある日、洋子や弥生(相武紗季)、関山(大塚ちひろ)は、国際線に乗務するための訓練を受けるために訓練センターに行くよう命じられる。
 一方、航空整備士の翔太(錦戸亮)は、一等航空整備士試験に挑んでいた。
 すでに学科試験は終わり、最後の実技試験を受けるという段階だ。
 訓練センターを訪れた洋子たちは、かつての教官で、国際線移行訓練を担当するインストラクター・三神(真矢みき)と再会する。
 再会を懐かしむ洋子たちを尻目に、厳しい口調で、さっそく授業を始める三神。
 ミールサービスやカクテルサービスなどの国際線の業務を学んだ洋子たちは、実際に国際線に乗務して学ぶOJT(オンザジョブトレーニング)に進む。
 洋子がOJTを受けるのはホノルル便。
 副操縦士は堤(小泉孝太郎)、洋子のインストラクターを務めるのは、苦手な先輩CAのカオル(笛木優子)だ。
 しかも、洋子の乗務する便には、会社の陸上部の代表として、ホノルルマラソン事務局との打ち合わせに行く三神も乗っていた…。

◎Attention Please Sydney special…
【キャスト】

 上戸彩(美咲洋子)
 錦戸亮(中原翔太)
 相武紗季(若村弥生)
 大塚ちひろ(関山有紀)
 上原美佐(弘田沙織)
 笛木優子(麻生カオル)
 大友みなみ(東野はるか)
 小市慢太郎(渡辺誠)
 小泉孝太郎(堤修介)
 浅野和之(若村昭三)
 眞野裕子(村山瑞穂)
 田中聡元(大木光也)
 井上順(太宰晋一郎)
 小日向文世(桜田信哉)
 真矢みき(三神たまき)

【スタッフ】

 演出: 佐藤祐市
 企画: 大辻健一郎
 プロデューサー: 岩田祐二
 原案: 上篠逸雄
 脚本: 後藤法子
 音楽: 菅野祐悟
 主題歌: 木村カエラ『サウンドトラック~OH PRETTY WOMAN~

 時間: 98分


category: アテンションプリーズ スペシャル ハワイ・ホノルル編



ホームへ戻る
[PV]