ロンリBIGI バナー 2

ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 カチンコ

雨に唄えば / 1952年 アメリカ  









【解説】

 原題: SINGIN' IN THE RAIN

 サイレント映画からトーキー映画に移る時代を描いたコメディあふれる傑作バックステージ(舞台裏)・ミュージカル。

 監督は、主演のジーン・ケリーとスタンリー・ドーネンが共同で務めた。
 サイレント映画からトーキー映画に移り変わる映画業界のドタバタっぷりを歌と踊りでコメディタッチに描き出した。
 華やかな映画業界の舞台裏では、大騒動が起こっていたという映画の歴史をちょっとだけ知る事ができる作品でもある。
 本作は、「トップ・ハット」、「バンド・ワゴン」、「巴里のアメリカ人」などと並ぶミュージカル映画の傑作として知られている。

 監督・主演は、「踊る大紐育」のジーン・ケリー。 ジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で、主題歌を歌いながらタップダンスを踊る場面は、映画史に残る名シーンとされているる。
 キャシー役のデビー・レイノルズ(「スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソードIV 」などのレイア姫役でお馴染みキャリー・フィッシャーの実母)も、ひたすらに可愛らしくてはつらつとしたダンスと優しい歌声を披露している。
 それ以外にもジーン・ケリー、ドナルド・オコナー、デビー・レイノルズの3人が陽気に歌う数々のナンバーが楽しめる(『サウンドトラック』)。

【あらすじ】

 無声映画からトーキーに移行し始めた頃のハリウッド。
 人気スターのドン(ジーン・ケリー)とリナ(ジーン・ヘイゲン)は何度も共演し結婚を噂される間柄だが、ドンはつけ上がった態度のリナに愛想を尽かしている。
 そんなある夜、ドンは歌も踊りも上手い新進女優キャシー(デビー・レイノルズ)と恋に落ちる。
 その後、ドンとリナの新作がトーキーで製作されることになるが、リナの致命的な悪声のために不評を買ってしまう。
 そこでドンはリナの声をキャシーに吹き替えて製作することを思い立つ…。

◎ Singing in the Rain Soundtrack
【キャスト】

 ジーン・ケリー(ドン・ロックウッド)
 デビー・レイノルズ(キャシー・セルドン)
 ドナルド・オコナー(コズモ・ブラウン)
 シド・チャリシー(ドンのパートナーダンサー)
 ジーン・ヘイゲン(リナ)
 ミラード・ミッチェル(シンプソン)
 ダグラス・フォーリー(デクスター)
 リタ・モレノ(ゼルダ)

【スタッフ】

 監督: ジーン・ケリー
 スタンリー・ドーネン
 製作: アーサー・フリード
 脚本: アドルフ・グリーン
 ベティ・コムデン
 撮影: ハロルド・ロッソン
 作詞: アーサー・フリード
 作曲: ナシオ・ハーブ・ブラウン
 音楽: レニー・ヘイトン

 上映時間: 102分 (日本語字幕)



忍者AdMax


スポンサーサイト

category: 雨に唄えば

ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 カチンコ

エージェント:ライアン / 2014年 アメリカ  









【解説】

 原題: JACK RYAN: SHADOW RECRUIT

 巨大な謎を《解析》せよ。


 投資銀行員という表向きの顔を持つCIA情報分析アナリストのジャック・ライアンが、世界恐慌勃発を狙う巨大な陰謀に立ち向かうサスペンス・アクション。
 現代を舞台に、経済アナリストからCIAのエージェントへと転身したジャックが、その天才的情報分析力で世界規模のテロに挑み、若きジャックがいかにしてCIA捜査官として活躍するようになったかを描く。「

 「レッド・オクトーバーを追え!」、「パトリオット・ゲーム」、「今そこにある危機」、「トータル・フィアーズ」とこれまでに4つの映画化作品がある人気作家トム・クランシーによる大ヒット・キャラクター“ジャック・ライアン”を主人公に実写化。

 「マイティ・ソー」のケネス・ブラナーがメガホンをとり、悪役として自ら出演している。

 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のクリス・パインが新生“ジャック・ライアン”を演じている。
 共演には、監督も務めるケネス・ブラナーに「プライドと偏見」などのキーラ・ナイトレイ、ベテランのケヴィン・コスナーと、実力派が集結した。

【あらすじ】

 ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストという、二つの顔を持つジャック・ライアン(クリス・パイン)。
 ある日、モスクワの投資会社チェレヴィン・グループの不審な動きをキャッチし、上官ハーパー(ケヴィン・コスナー)にエージェントの現地派遣を要請する。
 しかし、彼から返ってきたのはライアン自身による調査命令だった。
 チェレヴィン・グループへの監査を装ってモスクワへと飛んだライアンだが、そんな彼に同グループの警護員が襲い掛かってくる…。

◎メイキング
【キャスト】

 ・クリス・パイン(ジャック・ライアン)
 ・ケヴィン・コスナー(ハーパー)
 ・ケネス・ブラナー(チェレヴィン)
 ・キーラ・ナイトレイ(キャシー・ミューラー)
 ・ノンソー・アノジー(エムビー・デン)
 ・コルム・フィオール(ロブ・ベリンガー)
 ・ジェンマ・チャン(エイミー・チャン)
 ・デヴィッド・ペイマー(ディクソン・ルイス )
 ・カレン・デヴィッド( FBI捜査長官)
 ・ペーター・アンデション(ディミトリ・レムコフ)

【スタッフ】

 監督: ケネス・ブラナー
 製作: ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
 メイス・ニューフェルド
 デヴィッド・バロン
 マーク・ヴァーラディアン
 キャラクター創造: トム・クランシー
 脚本: アダム・コザッド
 デヴィッド・コープ
 撮影: ハリス・ザンバーラウコス
 プロダクションデザイン: アンドリュー・ロウズ
 衣装デザイン: ジル・テイラー
 編集: マーティン・ウォルシュ
 音楽: パトリック・ドイル

 上映時間: 106分 (日本語字幕)



忍者AdMax


category: エージェント:ライアン

ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 カチンコ

アウトロー / 2012年 アメリカ (日本語字幕)  










【解説】

 原題: JACK REACHER

 その男、行き着く先に事件あり。
 彼の名前はジャック・リーチャー。世界で最も危険な流れ者(アウトロー)。


 無差別殺人の罪で捕まった男の有罪に疑問を抱き事件の真相を暴くべく危険な調査に乗り出した主人公ジャック・リーチャーの運命をスリリングに描くアクション・サスペンス。
   街から街をさすらう元軍の秘密捜査官だった男が、たった一人で悪に鉄拳を食らわすさまを描き出す。
 原作は、英作家 リー・チャイルドの全米でベストセラーとなっているハードボイルド小説『ジャック・リーチャー』シリーズ9作目の2005年『アウトロー』(原題: One Shot)。
 監督・脚本は、「ユージュアル・サスペクツ」、「ワルキューレ」の脚本で知られ、監督作は2000年の「誘拐犯」に続いて2作目となるクリストファー・マッカリー。

 「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズが一匹狼の元軍人ジャック・リーチャーに扮し熱演する。 世界一の無法者が仕掛ける一世一代の大勝負の行方に注目。
 共演には、「タイタンの逆襲」などのロザムンド・パイク、ロバート・デュヴァル、ドイツの鬼才監督ヴェルナー・ヘルツォークが悪役ゼックに扮している。

【あらすじ】

 真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、5名が命を落とすという事件が発生。
   警察は事件発生後1時間という早さで、元軍人で腕利きスナイパーだったジェームズ(ジョセフ・シコラ)を容疑者として拘束する。
   だが彼は容疑を全面否認し、かつて軍の内部で一目置かれていたジャック(トム・クルーズ)への連絡を求める…。

【キャスト】

 トム・クルーズ(ジャック・リーチャー)
 ロザムンド・パイク(ヘレン)
 リチャード・ジェンキンス(ロディン)
 デヴィッド・オイェロウォ(エマーソン)
 ヴェルナー・ヘルツォーク(ゼック)
 ジェイ・コートニー(チャーリー)
 ジョセフ・シコラ(ジェームズ・バー)
 ロバート・デュヴァル(キャッシュ)

【スタッフ】

 監督: クリストファー・マッカリー
 製作: トム・クルーズ
 ドン・グレンジャー
 ポーラ・ワグナー
 ゲイリー・レヴィンソン
 原作: リー・チャイルド 『アウトロー』
 脚本: クリストファー・マッカリー
 撮影: キャレブ・デシャネル
 プロダクションデザイン: ジム・ビゼル
 衣装デザイン: スーザン・マシスン
 編集: ケヴィン・スティット
 音楽: ジョー・クレイマー

 上映時間: 130分



忍者AdMax


category: アウトロー

ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 カチンコ

オカンの嫁入り / 2010年 日本  










【解説】

 おかあさん 結婚することにしたから。
 ぶつかり合って、分かり合って、生きていく。母と娘は、どうしてこんなに素直になれないのだろう。
 一緒にいられたら、それでいい。


 長年、母一人子一人で仲良く暮らしてきた母娘が、母親の突然の再婚宣言によって揺れ動くさまを、ユーモラスかつ温かく描いた人間ドラマ。 第15回釜山国際映画祭出品作品。
 ひと回り以上も年の離れた男性と突然の結婚宣言した母と、そんな母に戸惑い反発してしまう娘が繰り広げる切なくも心温まる人間模様を綴る。

 原作は、第三回日本ラブストーリー大賞ニフティ/ココログ賞を受賞した人気小説『さくら色 オカンの嫁入り』。

 監督は、「酒井家のしあわせ」でデビューを飾った俊英、呉美保(オ・ミポ)。在日韓国人3世。
 母の不意の再婚によって揺れ動く娘の心理を、ユーモラスかつ温かく描き出した。繊細な描写にも注目。

 母娘には大竹しのぶと宮崎あおいが扮し、親子の葛藤をリアルに体現する。 ぶつかり合いながらも互いを思う母娘、そして彼らを見守る周囲の人々の姿が温かな感動を誘う。
 共演に桐谷健太、絵沢萠子、國村隼 など。

【あらすじ】

 陽子(大竹しのぶ)と娘の月子(宮崎あおい)は、ずっと母一人子一人で仲良く支え合って暮らしてきた。
 ある晩、酔っ払った陽子が若い金髪の男・研二(桐谷健太)を連れて帰ってきて、彼との結婚を宣言する。
 あまりに突然の事態に戸惑う月子は、母に裏切られたという思いから陽子にも研二にも素直に心を開けず、家を飛び出してしまうが…。

【キャスト】

 宮崎あおい(森井月子)
 大竹しのぶ(陽子…月子の母)
 桐谷健太(服部研二)
 絵沢萠子(上野サク)
 林泰文(本橋信也)
 斎藤洋介(佐々木義男)
 綾田俊樹(猪瀬亮二)
 春やすこ(島村幸)
 たくませいこ(和田真)
 友近(小谷聖子…友情出演)
 國村隼(村上章)

【スタッフ】

 監督: 呉美保
 製作: 椎名保
 企画: 福原英行
 原作: 咲乃月音
 『さくら色~オカンの嫁入り』
 脚本: 呉美保
 撮影: 谷川創平
 美術: 吉田孝
 編集: 高橋信之
 音響効果: 帆苅幸雄
 音楽: 田中拓人

 上映時間: 110分



忍者AdMax


category: オカンの嫁入り

ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 カチンコ

SPドラマ あんみつ姫の大冒険! / 2008年 フジテレビ  













【解説】

 “ラブ”をテーマに思いやり、友情、家族愛をコメディタッチで描く痛快娯楽時代劇。
 城を抜け出したお転婆な姫が巻き起こす騒動を描いたスペシャルドラマ
 物語は、お見合いをすっぽかし城を脱走したあんみつ姫が、少年スリ集団を率いる煎兵衛と出会い、ある騒動に巻き込まれる姿を描く。

 フジテレビ系新春スペシャルドラマとして、2008年1月6日(19:00~20:54)に放送された。

 原作は、倉金章介による名作時代劇ギャグ漫画『あんみつ姫』。

 あんみつ姫に扮するのは、「花より男子」の井上真央。 キュートなおてんばぶりが好評を得た。 劇中で殺陣や乗馬シーンに挑戦し、お姫様から、町娘、渡世人の男装まで披露している。 

 主題歌は、あんみつファミリー(井上真央、中川翔子、柳葉敏郎、夏木マリ、泉谷しげる、京本政樹、白川由美、森三中)の『ダイアモンド』。

 ※ 親子三代で楽しめる不朽の名作時代劇コメディー「あんみつ姫」。 1954年に雪村いづみ主演、1960年に鰐淵晴子主演で映画化された他後に舞台化もされ、1958年に中原美紗緒主演でテレビドラマ化、1983年に小泉今日子主演で単発テレビドラマシリーズ化、そして1986年には連続テレビアニメ化もされた。

【あらすじ】

 16歳になったというのに、結婚どころか恋もしたことのない、甘辛城のじゃじゃ馬プリンセスあんみつ姫(井上真央)。
 そんな姫をのんびり見守る父(柳葉敏郎)と、心配する母(和久井映見)。
 ある日あんみつ姫は、政略でセッティングされたお見合いに嫌気がさし、小姓の甘栗の助(今井悠貴)を連れて城を脱走! いざ城下町へ。
 初めて庶民の暮らしに触れるあんみつ姫は、次々と大騒ぎ小騒ぎを引き起こし…?! 
 そんな中、貧しい子供たちのスリ集団“こんぺい党”と出くわし、団を引率する少年・煎兵衛(小出恵介)に淡い恋心を抱きはじめる。
 しかし、その子供たちとともに、悪の軍団との騒動に巻き込まれることに! 
 それは、家族が待つお城の中の秘宝を盗み出すというとんでもない計画だった…!!

【キャスト】

 井上真央(あんみつ姫)
 小出恵介(煎兵衛)
 夏木マリ(カステラ夫人)
 泉谷しげる(あべかわ彦左ェ門)
 森迫永依(おはぎ)
 今井悠貴(甘栗の助)
 中条きよし(腹黒伊蔵)
 白川由美(しぶ茶)
 中川翔子(いちご大福)
 早乙女太一(桃山三太夫)
 森三中(しるこ&あんこ&きなこ)
 ペナルティ(うい郎&やき餅)
 段田安則(喜多内太郎)
 京本政樹(金つばのリュウ)
 和久井映見(てん茶)
 柳葉敏郎(あわの団子の守)

【スタッフ】

 原作: 倉金章介 『あんみつ姫』 (光文社)
 脚本: いずみ吉紘
 企画: 松崎容子
 演出: 西浦正記
 プロデュース: 浅野澄美、三田真奈美
 制作: フジテレビ、FCC



FC2 Blog Ranking

category: あんみつ姫の大冒険!



ホームへ戻る
[PV]