ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 音楽・映画ランキング

 カチンコ

パッチギ! LOVE&PEACE / 2007年 日本  










【解説】

 生き抜くんだ、どんなことがあっても。

 舞台を1968年の京都から1974年の東京へ移し、親子三代に渡り苦難を乗り越えて生き抜く一家を清々しく描く、井筒和幸監督の大ヒット青春ドラマ「パッチギ ! 」の続編。
 アンソンの一家を中心とした在日コリアンの人々の生活と、前作では描かれなかった父親世代の姿を描いた熱い人間ドラマ。

 監督は、大ヒットを記録した前作「パッチギ!」の井筒和幸。
 エグゼクティブプロデューサーは、韓国映画を日本に根付かせたシネカノンの李鳳宇。

 主演の2人は、2200人のオーディションから選ばれた。
 キョンジャ役には、前作と同じく沢尻エリカを予定していたが、出演を固辞されたため、新たにオーディションで選ばれた「ララピポ」の中村ゆりが演じた。本作公開中に自身が在日コリアンであることを明かしている。
 同じくアンソン役も前作の高岡蒼甫から、新たにオーディションで選ばれた「美しいこと」の井坂俊哉が演じた。慣れない関西弁と朝鮮語にも果敢に挑戦し、息子の命を救おうと突っ走る若い父親の焦燥感を体当たりで表現している。

 “ザ・フォーク・クルセダーズ”、“サディスティック・ミカ・バンド”を率いた加藤和彦が前作に引き続き音楽を担当。『イムジン河 』が印象的に使われている。またエンディングの『~あの素晴しい愛をもう一度~』では、藤井隆とチャンスを演じた今井悠貴も参加している。

 本作では、1974年当時の世相、ファッション、流行等が垣間見える。また、在日コリアンが直面していたとされる差別の場面が数多く登場する。
 また、冒頭の駅での乱闘シーンは、前作の鴨川の乱闘シーンを超える300人の出演者やエキストラが参加した。
 タイトルの“パッチギ”とは、は喧嘩の“頭突き”のこと。

【あらすじ】

 1974年、アンソン(井坂俊哉)は、病気を患った息子チャンス(今井悠貴)のために京都から東京へ引っ越してきた。
 そしてある日、駅のホームで因縁のライバル近藤(桐谷健太)と大乱闘しているところを気のいい国鉄職員の佐藤(藤井隆)に助けられ、以来家族ぐるみで親しくなっていく。
 一方、芸能プロダクションからスカウトを受けた妹のキョンジャ(中村ゆり)は、狭い世界を飛び出したいという思いとチャンスの治療費を稼ぐために芸能界入りを決意、やがて先輩俳優の野村(西島秀俊)と出会う。
 だがそんな中、チャンスの病気が次第に悪化、日本では助かる見込みがないことを知らされる…。

Loading...
【キャスト】

井坂俊哉(アンソン)
中村ゆり(キョンジャ)
西島秀俊(野村健作)
藤井隆(佐藤政之)
風間杜夫(ビョンチャン)
手塚理美(キョンスン)
今井悠貴(チャンス)
米倉斉加年(枝川の長老)
馬渕晴子(ホルモン屋のおばさん)
村田雄浩(朝鮮将棋のおじさん)
ラサール石井(三浦プロデューサー)
杉本哲太(映画監督)
でんでん(ライトエージェンシー社長)
寺島進(イカ釣り船の船長)
国生さゆり(お志摩)
宮川大輔(水中運動会のAD)
松尾貴史(ギャグ好きのおじさん)
桐谷健太(国土舘応援団団長の近藤)
愛染恭子(スナックのママ)
並樹史朗(倉田プロデューサー)
川村亜紀(水中運動会の司会)
中村有志(宇野重吉)
温水洋一(マスター)
木村祐一(漁船の船長)

【スタッフ】

監督: 井筒和幸
製作総指揮: 李鳳宇
脚本: 羽原大介、井筒和幸
CGIディレクター: 太田垣香織
CGIプロデューサー: 坂美佐子
撮影: 山本英夫
美術: 山下修侍
衣裳: 星野和美、塚本志穂
編集: 冨田伸子
音響効果: 北田雅也
音楽: 加藤和彦

上映時間: 127分



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: パッチギ! LOVE&PEACE



ホームへ戻る
[PV]