ロンリBIGI バナー 2

ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 カチンコ

メカゴジラの逆襲 / 1975年 日本  










【解説】

 英題: REVENGE OF MECHAGODZILLA
 別題: TERROR OF MECHAGODZILLA
 別題: MECHAGODZILLA NO GYAKUSHYU

 「ゴジラ」シリーズ15作目で「メカゴジラ」シリーズ2作目。
前作1974年「ゴジラ対メカゴジラ」で初登場し人気となったメカゴジラをメインタイトルに据えて再登場させた。

 ストーリーは、完全に前作の続きという形を取り、ブラックホール第三惑星人の新たな攻撃を描いているが、ストーリーの主軸となるのはサイボーグ少女・桂をメインとした悲恋物語の色が濃いものとなっている。

 本作では、破壊されたメカゴジラが地球征服を企む宇宙人に復元修理され、ゴジラと対決する。
 また前作ではなかった、白昼堂々都市を襲撃するメカゴジラの姿が拝見できる。

 監督は、「妖星ゴラス 」の本多猪四郎。
 劇場作品としては最終作となった。

 特撮監督は、「エスパイ」の中野昭慶。
 パワフルな描写と、メカゴジラの持つパワフルさがシンクロし、見ごたえのあるものとなっている。
 また、チタノザウルスも“恐竜”という設定に基づいて描写がされており、魅力的な新怪獣となっている。

 シリーズ1作目から重要な役どころで出演してきた平田昭彦が真船博士役で主演。
 防衛隊指令官役は、佐原健二(ゴジラ映画最多出演…13作)。
 真船桂役には、1974年にTV「ウルトラマンレオ」でデビューした藍とも子。
 そして、ブラックホール第三惑星人のトップを前作と同じ睦五郎が演じている。

 1954年の「ゴジラ」から続いたシリーズは本作で一応の終了を迎え、これより9年後の新「ゴジラ(1984) 」まで沈黙する事になる。

【あらすじ】

 メカゴジラの残骸を調査していた潜水艇・あかつきが未知の恐竜に襲われた。
 それは15年前に学会を追放された、真船信三博士(平田昭彦)によって操られるチタノザウルスだった。
 博士のコントロールシステムに目をつけたブラックホール第三惑星人は、実験中に死んだ博士の娘・桂(藍とも子)をサイボーグ手術によって甦らせ、その代償としてメカゴジラの修復作業を真船博士に行わせていたのだ…。

Loading...
【キャスト】

平田昭彦(真船信三…海洋生物学博士)
藍とも子(真船桂)
佐原健二(防衛隊司令)
大門正明(草刈)
睦五郎(ムガール隊長…ブラックホール第三惑星人)
中丸忠雄(田川…インターポール東京支局長)
内田勝正(村越二郎…インターポール捜査官)
佐々木勝彦(一之瀬明…海洋開発研究所員)
麻里とも恵(山本ユリ)
伊吹徹(津田…ムガールの部下)
六本木真(若山勇一…海洋開発研究所員)
富田浩太郎(太田)
沢村いき雄(真船家の老人)
鈴木和男(宇宙人)
梅津昭典(街の少年)


【スタッフ】

監督: 本多猪四郎
製作: 田中友幸
脚本: 高山由紀子
撮影: 富岡素敬
特殊効果: 渡辺忠昭
美術: 本多好文
編集: 黒岩義民
音楽: 伊福部昭
特撮監督: 中野昭慶

上映時間: 83分




FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: メカゴジラの逆襲



ホームへ戻る
[PV]