ロンリBIGI バナー 2

ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 カチンコ

ライアー ライアー / 1997年 アメリカ (日本語吹替)  










【解説】

 原題: LIAR LIAR

 突然ウソがつけなくなってしまった、やり手の弁護士の悪戦苦闘ぶりを描いたハートウォーミング・コメディ。 

 監督は、「エース・ベンチュラ」が出世作となったトム・シャドヤック。 
 ジム・キャリーのアクティブな魅力を活かしてコミカルな見せ場を演出している。
 また笑いの一方で、父と子の絆がさわやかな後味を与えてくれる、優しくて温かくって笑える映画に仕上がった。

 主演は、「ケーブルガイ」のコメディアン、ジム・キャリー(Jim Carrey)。
 お得意の顔面演技や形態模写、オーバーアクトを披露して笑いを誘っている。

 共演は、「真実の行方」のモーラ・ティアニー(Maura Tierney)、「バウンド」のジェニファー・ティリー(Jennifer Tilly)、「ツイスターw」のケイリー・エルウェス(Cary Elwes)、「白蛇伝説」のアマンダ・ドノホー(Amanda Donohoe)、「リアリティ・バイツ」のスージー・カーツ(Swoosie Kurtz)、「N.Y.式ハッピー・セラピー」のクリスタ・アレン(Krista Allen)、「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 」のジャスティン・クーパー(Justin Cooper)ほか。

【あらすじ】

 フレッチャー(ジム・キャリー)は一流の弁護士だが、それは得意な“嘘”のおかげ。
 どんな依頼でも、その口先で無罪を勝ち取ってしまうのだ。
 そんな彼は私生活でも、別れた妻に引き取られた息子マックス(ジャスティン・クーパー)との面会日をすっぽかす始末だった。
 ところが誕生日のパーティをすっぽかされたマックスが、パパが嘘をつきませんようにとお願いすると奇蹟が起きる。
 フレッチャーは絶対に嘘をつけないようになってしまったのだ。
 しかし彼には大事な裁判があって…。

【キャスト】

ジム・キャリー(フレッチャー・リード)
モーラ・ティアニー(オードリー・リード)
ジャスティン・クーパー(マックス・リード)
ジェニファー・ティリー(サマンサ・コール)
ケイリー・エルウィズ(ジェリー)
アマンダ・ドノホー(ミランダ)
スウージー・カーツ(ダナ・アップルトン検事)
エリック・ピアポイント(リチャード・コール)
クリスタ・アレン
Loading...


【スタッフ】

監督: トム・シャドヤック
製作: ブライアン・グレイザー
製作総指揮: マイケル・ボスティック
ジェームズ・D・ブルベイカー
脚本: ポール・グアイ
スティーヴン・メイザー
撮影: ラッセル・ボイド
音楽: ジョン・デブニー

上映時間: 87分



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: ライアー ライアー



ホームへ戻る
[PV]