ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

ロンリBIGI バナー 2

YouTube









>
 YouTube

東京マグニチュード8.0 / 2009年 日本  











【解説】

 家族に会いたい、と初めて思った。

 巨大地震に見舞われた2012年の東京を舞台に、主人公の小野沢姉弟が体験を通して成長する様を描いたSFテレビアニメ。
 防災、危機管理の視点も持ち合わせている内容で、巨大地震が発生し大きな被害を受けた東京を舞台に、一人の少女を中心とした被災者の目線で物語が進んでいく。

 本作は、近年発生が想定される首都直下型地震発生時を想定して製作された日本のTVアニメ。 フジテレビ ノイタミナ枠で 2009年7月10日から9月18日に放映された。 
 全11話
ノイタミナ枠では前作「東のエデン」に次いで2作目となるオリジナルストーリーアニメ。

 その“防災アニメ”という側面から、内閣府や陸上自衛隊、東京消防庁、コアラのマーチビスケット(非常用食料)などとコラボしたポスターが作成された。  放映終了後も各地の防災イベントで総集編の上映が行われている。
 また、2010年に開業した<東京臨海広域防災公園exit>では本作を再構成した「東京マグニチュード8.0~東京直下72h~」が常設上映されているなど、本作はアニメ作品としては独特な展開が行われている。

 そして本作は、平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門において優秀賞を受賞した。

【あらすじ】

 夏休みに入ったばかりのお台場。
 中学1年生の未来は、弟の悠貴に付き合わされロボット展を見に来ていた。
 はしゃぐ弟を横目に、反抗期真っ盛りの未来は退屈そうにケータイをいじっている。
 “毎日毎日ヤなことばっかり…。いっそのこと、こんな世界、壊れちゃえばいいのに”そう思った瞬間、突然地面が激しく揺れた。
 東京を襲った、マグニチュード 8.0 の海溝型大地震。
 連絡橋は崩れ落ち、東京タワーは倒壊-。
 一瞬にしてすべてが変わった東京。
 未来は悠貴の手をひき、お台場で出会ったバイク便ライダー・真理の力を借りながら 世田谷にある自宅へ向かう。
 果たして3人は無事に家に帰ることができるのか…。

◎辻詩音 『 M/elody 』
【キャスト(声の出演)】

 花村怜美(小野沢未来)
 小林由美子(小野沢悠貴)
 甲斐田裕子(日下部真理)
 中博史(小野沢誠司)
 山口愛(日下部ヒナ)
 水落幸子(日下部和代)
 羽多野渉(日下部隆太)
 喜多村英梨(マユ)
 遠藤綾(リサ)
 高平成美(メグ)
 滝川クリステル(ニュースキャスター)
 青野武(古市匡司)
 望木祐子(古市美佐子)
 野中藍(川崎彩)
 浜添伸也(野々宮健斗)
 沢城みゆき(川島樹)
 中原麻衣(コンビニ店員)
 高橋研二(山根先生)

【スタッフ】

 監督: 橘正紀
 シリーズ構成: 高橋ナツコ
 キャラクターデザイン: 野崎あつこ
 セットデザイン: 植田均
 3D監督: 井野元英二
 美術監督: 中島美佳、小木斉之
 色彩設計: 加藤里恵
 撮影監督: 大神洋一
 編集: 廣瀬清志
 音響監督: たなかかずや
 音楽: 大谷幸
 プロデューサー: 尾崎紀子、松家雄一郎
 アニメーション制作: ボンズ、キネマシトラス
 主題歌
 オープニングテーマ: abingdon boys school『キミノウタ
 エンディングテーマ: 辻詩音 『 M/elody




スポンサーサイト



category: 東京マグニチュード8.0

 YouTube

アニメ映画 時をかける少女 / 2006年 日本  









【解説】

 待ってられない 未来がある。

 ひょんなことから過去へ行くことの出来る力を手に入れた真琴が、過去を変えてしまったために巻き起こる騒動を描く劇場版SFアニメーション。
 恋に臆病な高校2年生が、その決定的瞬間を回避するために“時間跳躍能力”を使う姿を描く青春ドラマ。

 原作は、これまで何度もテレビドラマや映画で映像化されてきた筒井康隆の名作小説『時をかける少女』。

 本作は、新たな構想で製作、原作の物語の映画化ではなく、原作の出来事から約20年後を舞台に次世代の登場人物が繰り広げる物語を描く続編。

 監督は、「未来のミライ」「おおかみこどもの雨と雪」などの細田守。
 恋に臆病な17歳の少女が“タイムリープ(=時間跳躍)”をする設定はそのままに、新たに用意された結末など見どころが満載となった。

 声の出演は、約200名超のオーディションで選ばれたヒロイン・紺野真琴役の仲里依紗をはじめ、「蝉しぐれ」の石田卓也が声優に挑戦するなどフレッシュな面々が集結した。
 本作では奥華子の楽曲『ガーネット』が主題歌に起用された。

 2006年に劇場公開された当時、はじめは全国21館のみという小規模で上映されていた本作は、口コミで話題を呼び、満席の回が続出し、9ヶ月に及ぶロングランヒットを記録。
 各国の映画祭などで多くの賞を受賞するなど、高い評価を受け、国内外における映画・アニメ賞など23冠を受賞している。

【あらすじ】

 高校2年生の紺野真琴は、自転車事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を持ってしまう。
 その能力のことを叔母の芳山和子に相談すると、それは“タイムリープ”といい、記憶の確かな過去に飛べる能力だという。
 半信半疑の真琴だが、日常の些細(ささい)な不満やストレス解消などのため、むやみやたらに能力を乱用しだし…。

◎映画「時をかける少女 」(1983年)
【キャスト(声の出演)】

 仲里依紗(紺野真琴)
 石田卓也(間宮千昭)
 板倉光隆(津田功介)
 原沙知絵(芳山和子)
 谷村美月(藤谷果穂)
 垣内彩未(早川友梨)
 関戸優希(紺野美雪)
 横張しおり(上杉盛子)
 松岡そのか(野分析美)
 立木文彦(福島)
 反田孝幸(加藤)
 山本圭子(おばさん)
 中村正(老守衛)
 松田洋治(高瀬宋次郎)
 桂歌若(真琴の父)
 安藤みどり(真琴の母)

【スタッフ】

 監督: 細田守
 製作総指揮: 角川歴彦
 脚本: 奥寺佐渡子
 キャラクターデザイン: 貞本義行
 作画監督: 青山浩行、久保田誓、石浜真史
 美術監督: 山本二三
 美術監督補佐: 橋本和幸、増山修、丸山智宏
 色彩設計: 鎌田千賀子
 撮影監督: 冨田佳宏
 CG: ハヤシヒロミ
 ラインコーディネーター: 奈良井昌幸
 編集: 西山茂
 音響効果: 倉橋静男、米原想
 録音: 小原吉男
 音楽: 吉田潔
 ピアノ演奏: 美野春樹
 アニメーション制作: マッドハウス
 主題歌: 『ガーネット』奥華子

 上映時間: 98分




category: 時をかける少女(アニメ)

 YouTube

どろろ / 2019年 日本  











【解説】

 鬼か、人か。

 「どろろ」(2019年版)とは、手塚治虫の漫画『どろろ』を原作としたTVアニメ。

 アニメ「どろろ」は、1968年にプロダクションがパイロットフィルムを制作し、テレビ放送番組作品としてはプロダクションが1969年に、MAPPA が2019年にアニメ化している。 

 2019年版のアニメーション制作は、MAPPA と手塚プロダクション。 2019年1月から放送された(1話~24話)。

 原作『どろろ』は、手塚治虫による日本の少年漫画。 戦国時代の日本を舞台に、妖怪から自分の身体を取り返すべく旅する少年・百鬼丸と、泥棒の子供・どろろの戦いの旅路を描いてある。

 原作では百鬼丸は48体の魔物に身体の48箇所を奪われていたが、本作では体を奪ったのは12体の鬼神へと変更されている。 その他にも百鬼丸関連の設定は大きくアレンジされている。

 監督は、「機動戦士ガンダムUC 」や「るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚―」などの古橋一浩。

 物語の核となる主役の二名には、百鬼丸役にTVアニメ声優初挑戦となる舞台を中心に活躍中の鈴木拡樹、どろろ役に新世代の女優として注目を集める鈴木梨央が務めている。 鈴木拡樹は2019年3月公演の舞台版でも百鬼丸を演じる。

【あらすじ】

 時は戦国。
 醍醐の国の主である景光は、ある寺のお堂で十二体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。
 それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、忌み子としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。
 時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、国には平安が訪れた。
 そんなある日〝どろろ〟という幼い盗賊は、ある男に出会う。
 それは、鬼か人か
 両腕に刀を仕込む全身作り物の男“百鬼丸”は、その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた…。

◎ TVアニメ 「どろろ」- 1969年版
【キャスト(声の出演)】

 鈴木拡樹(百鬼丸)
 鈴木梨央(どろろ)
 佐々木睦(琵琶丸)
 内田直哉(醍醐景光)
 千葉翔也(多宝丸)
 大塚明夫(寿海)
 中村千絵(縫の方)
 麦人(ナレーション)

【スタッフ】

 原作: 手塚治虫
 監督: 古橋一浩
 シリーズ構成: 小林靖子
 キャラクター原案: 浅田弘幸
 キャラクターデザイン: 岩瀧智
 美術監督: 藤野真里
 色彩設計: 三笠修
 撮影監督: 大山佳久
 編集: 武宮むつみ
 音楽: 池頼広
 音響監督: 小泉紀介
 音響効果: 倉橋静男
 アニメーション制作: MAPPA/手塚プロダクション
 製作: ツインエンジン




category: どろろ (2019)

 YouTube

テレビまんが 昭和物語 劇場版 / 2011年 日本  









【解説】

 高度成長に沸く昭和39年の東京を舞台に、町工場(こうば)を営む一家がさまざまな困難を乗り越え、東京オリンピックをきっかけに家族の絆を取り戻していく姿を描き出す劇場版アニメーション。
 東京オリンピック開催や東海道新幹線開通など高度成長に沸く東京を舞台に、町工場を営む家族の触れ合いを描いた心温まる人情アニメ。

 シニア・団塊世代に向けたアニメーションとして制作された作品で、TVシリーズ版と総集編劇場版が同時制作された。 家族のきずなと日本が世界に誇る物作りをテーマに、約4年の歳月をかけて制作。

 監督は、村上匡宏。 昭和38年の大晦日から昭和39年のオリンピック開催までを舞台としている。 当時の情景をハイビジョンで忠実に再現。 そして、セリフや映像のカット割りはゆっくりとわかりやすく演出し、日本が活気に満ちていた昭和39年当時の情景を鮮やかに再現してある。

 本作では、全編を彩る『スーダラ節』や『東京五輪音頭』など、昭和を代表する名曲の数々が郷愁を誘う。

【あらすじ】

 東京大田区蒲田で町工場(こうば)を営む山崎家。父・有三、母・佳乃子、祖母・ヨシ、大学生の長男・太一、高校生の長女・裕子、そして主人公の小学五年生の次男・山崎公平。
 公平は野球と少年漫画が大好きな元気いっぱいの男の子。
 山崎家の新年はいつものように穏やかには明けない。
 職人気質で頑固者の有三と太一が正月早々大喧嘩をしたり、高校生の裕子が非行に走りそうになって一同がハラハラしたり、工場のお得意様から詐欺にあったりする。
 そこに、従業員のゴローさんや隣に住むアニメーターの良さんが加わって、山崎家をめぐる物語は展開する。
 そんな家族が、東京オリンピックをきっかけにバラバラだった家族の想いが一つになってゆく…。

◎ TV テレビまんが 昭和物語
第13話 ボクたちのオリンピック
【キャスト(声の出演)】

 松本保典(山崎有三)
 福圓美里(山崎裕子)
 高木渉(高柳良)
 塚田正昭(田代吾郎)
 吉野裕行(沢渡裕介)
 京田尚子(山崎ヨシ)
 玉川砂記子(山崎佳乃子)
 青木誠(山崎太一)
 千葉翔也(山崎公平)

【スタッフ】

 監督: 村上匡宏
 監修: 菅野哲夫
 脚本: 平野靖士
 富田祐弘
 荒川稔久
 丸尾みほ
 キャラクターデザイン・総作画監督: 柳野龍男
 美術監督: 脇威志
 編集: 廣瀬清志  音楽: 林魏堂
 音響監督: 本田保則
 音楽監修: 朝倉紀行
 効果: 倉橋静男
 配給: シンク

 上映時間: 100分




category: テレビまんが 昭和物語 劇場版

 YouTube

ちはやふる -結び- / 2018年 日本  









【解説】

 瑞沢高校競技かるた部最後の夏を描く、
 シリーズ完結編にして最高傑作!


 全国大会での激闘から2年後を舞台にして、競技かるたに打ち込む高校生たちのさらなる戦いを活写する青春熱血ドラマ。
 幼なじみの綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人が、競技かるたに魅せられて、高校生になった現在、頂点を目指して戦うというドラマ。

 末次由紀の大ヒットコミック『ちはやふる』を実写映画化した「ちはやふる-上の句-」、「ちはやふる-下の句-」の続編。

 広瀬すず、野村周平、新田真剣佑ら前作のキャストやスタッフが再結集。
 新たなキャストとして、瑞沢かるた部の新入生・花野菫役をNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の優希美青、筑波秋博役を「ミックス。」の佐野勇人、映画オリジナルキャラクターとなる千早のライバル・我妻伊織役を「 3月のライオン」の清原果耶、史上最強の名人・周防久志役を「斉木楠雄のΨ難」の賀来賢人がそれぞれ演じている。

 第40回日本アカデミー賞では、優秀主演女優賞(広瀬すず)、新人俳優賞(新田真剣佑)を受賞した。

【あらすじ】

 瑞沢高校競技かるた部員の綾瀬千早(広瀬すず)と若宮詩暢(松岡茉優)が、全国大会で激闘を繰り広げてから2年。
 真島太一(野村周平)、綿谷新(新田真剣佑)らと共に名人・クイーン戦に挑む千早だったが、詩暢と戦えない自分の実力不足を痛感する。
 そんな中、千早たちの師匠・原田秀雄(國村隼)が史上最強の名人とされる周防久志(賀来賢人)に敗れてしまい、新が彼に挑戦状をたたきつける。
 その後3年生になった千早は、高校最後の全国大会に向けて動くが…。
◎「ちはやふる -上の句・下の句-」ダイジェスト
【キャスト】

 広瀬すず(綾瀬千早)
 野村周平(真島太一)
 新田真剣佑(綿谷新)
 上白石萌音(大江奏)
 矢本悠馬(西田優征)
 森永悠希(駒野勉)
 優希美青(花野菫)
 佐野勇斗(筑波秋博)
 清原果耶(我妻伊織)
 松岡茉優(若宮詩暢)
 賀来賢人(周防久志)
 清水尋也(須藤暁人)
 坂口涼太郎(木梨浩)
 松田美由紀(宮内妙子)
 國村隼(原田秀雄)

【スタッフ】

 監督: 小泉徳宏
 原作: 末次由紀
 脚本: 小泉徳宏
 企画: 北島直明
 撮影: 柳田裕男
 照明: 宮尾康史
 録音: 竹内久史
 美術: 五辻圭
 装飾: 折戸美由紀
 編集: 穗垣順之助
 音楽: 横山克
 主題歌: Perfume 『 FLASH 』、『無限未来

 上映時間: 128分

 公式サイト




category: ちはやふる -結び-



ホームへ戻る
[PV]