ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 音楽・映画ランキング

 カチンコ

時計じかけのオレンジ / 1972年 (日本語字幕)  





【解説】

原題: A CLOCKWORK ORANGE
製作国: イギリス/アメリカ

 レイプと超暴力とベートーベンだけに
 すべてのエネルギーを費やす 恐るべき若者たち!

 暴力やセックスなど、欲望の限りを尽くす荒廃した自由放任と、管理された全体主義社会とのジレンマを描いた、風刺的傑作SF。

 原作は、1962年発表のイギリスの小説家アンソニー・バージェスによる小説『時計じかけのオレンジ』。

 製作・監督・脚本は、鬼才スタンリー・キューブリック。
 「2001年宇宙の旅」と並んで、SF映画という枠におさまらない輝きを持っている。
 異常なほど残忍なアレックスから洗脳され模範市民のアレックスへ、そして再び残忍な性格に戻っていく彼を描き出し、近未来バージョンのウルトラバイオレンスSF作品に仕上げた。
 赤一色の画面からオレンジ色に変わってゆくオープニング、広々としたレコード店の独特のセットなどの演出が秀逸。
 そして、アレックスが心酔するベートーベンの『交響曲第9番』や、レイプシーンに流れる『雨に唄えば』など、音楽による効果的な演出が随所に見られる。

 公開当時、議論の的になった本作は、ニューヨーク映画批評家協会賞の最優秀作品賞と監督賞を受賞し、アカデミーでは作品賞を含む4部門にノミネートされた。

【あらすじ】

 山高帽とエドワード7世風のファッションに身を包み、麻薬、暴力、盗み、暴行など、悪の限りを尽くす近未来の不良グループの首領アレックス(マルコム・マクダウェル)は、ある殺人事件で仲間に裏切られ、ついに投獄させられてしまう。
 そこから、彼の“時計仕掛けのオレンジ”としての人生が始まる…。

【キャスト】

マルコム・マクダウェル(アレックス)
パトリック・マギー(アレクサンダー)
マイケル・ベイツ(バーンズ看守長)
アドリエンヌ・コリ(ミセス・アレクサンダー)
ウォーレン・クラーク(ディム)
ジェームズ・マーカス(ジョージー)
マイケル・ターン(ピート)
ミリアム・カーリン(キャットレディ)
スティーヴン・バーコフ(トム)





【スタッフ】

監督: スタンリー・キューブリック
製作: スタンリー・キューブリック
原作: アンソニー・バージェス
脚本: スタンリー・キューブリック
撮影: ジョン・オルコット
プロダクションデザイン: ジョン・バリー
衣装デザイン: ミレーナ・カノネロ
音楽: ウォルター・カーロス

上映時間: 137分


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 時計じかけのオレンジ



ホームへ戻る
[PV]