ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 カチンコ

コーヒー&シガレッツ / 2003年 アメリカ (日本語字幕)  







【解説】

原題: COFFEE AND CIGARETTES

 人生は、コーヒーとタバコが必要!   


 18年に渡って撮りためた“コーヒー”と“タバコ”をめぐる11のエピソードを綴った珠玉の短編集。  個性溢れる俳優やミュージシャンが集い、“コーヒー”を飲みながら、あるいは“タバコ”を吸いながら、とりとめのない会話を繰り広げてゆく。

 監督・脚本は、インディペンデントの雄、「ミステリー・トレイン」、「デッドマン」のジム・ジャームッシュ。  監督ならではセンスのいい音楽とユーモアを最後まで楽しめる。映像は全てモノクロ。

 出演者は、ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)、ビル・マーレイ(Bill Murray)、スティーブ・ブシェミ(Steve Buscemi)、ロベルト・ベニーニ(Roberto Benigni)、ルネ・フレンチ(Renee French)など総勢24名。ちなみに、俳優の名前がそのまま登場人物の名前となっている。
 登場人物がコーヒー(時に紅茶)を飲み、煙草を吸いながら、とりとめもない会話をしているだけの映画なのだが、俳優達の台詞や表情、間などで会話している人々の関係や作中に込められたユーモアを垣間見ることができる。

 本作は「変な出会い」が1986年に撮られて以降、ジャームッシュが断片的に撮られた11の作品からなるオムニバス映画。
 本作のプロジェクトはもともと1986年にアメリカの人気テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のため、ロベルト・ベニーニとスティーヴン・ライトを起用して撮り上げた一編「コーヒー&シガレッツ/変な出会い」が始まり。
 1989年にはジョイ・リー、サンキ・リー、スティーヴ・ブシェミによって2作目「双子」がつくられた。
 続く1993年の「カリフォルニアのどこかで」ではイギー・ポップとトム・ウェイツの顔合わせでカンヌ映画祭の短編部門最高賞も手にしている。
 以後も10年以上にわたって撮りためられた全11編が集結した。

【キャスト】

[変な出会い (STRANGE TO MEET YOU)]
 ロベルト・ベニーニ、スティーヴン・ライト

[双子 (TWINS)]
 ジョイ・リー、サンキ・リー、スティーヴ・ブシェミ

[カリフォルニアのどこかで (SOMEWHERE IN CALIFORNIA)]
 イギー・ポップ、 トム・ウェイツ

[それは命取り (THOSE THINGS'LL KILL YA)]
 ジョー・リガーノ、ヴィニー・ヴェラ、ヴィニー・ヴェラ・Jr

[ルネ (RENEE)]
 ルネ・フレンチ、E・J・ロドリゲス

[問題なし (NO PROBLEM]
 アレックス・デスカス、イザック・ド・バンコレ

[いとこ同士 (COUSINS]
 ケイト・ブランシェット

[ジャック、メグにテスラコイルを見せる (JACK SHOWS MEG HIS TESLA COIL)]
 メグ・ホワイト、ジャック・ホワイト

[いとこ同士? (COUSINS?)]
 アルフレッド・モリーナ、スティーヴ・クーガン

[幻覚 (DELIRIUM)]
 GZA、RZA、ビル・マーレイ

[シャンパン (CHAMPAGNE)]
 ビル・ライス、テイラー・ミード






Loading...


【スタッフ】

監督: ジム・ジャームッシュ
製作: ジェイソン・クリオット
ジョアナ・ヴィセンテ
脚本: ジム・ジャームッシュ
撮影: トム・ディチロ
フレデリック・エルムズ
エレン・クラス
ロビー・ミューラー
美術: マーク・フリードバーグ
編集: ジェイ・ラビノウィッツ

上映時間: 97分


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: コーヒー&シガレッツ



ホームへ戻る
[PV]