ロンリBIGI バナー 2

ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 カチンコ

赤と青のブルース / 1960年 フランス (日本語字幕)  








【解説】

原題: SAINT-TROPEZ BLEUS

 1960年代の南仏のサントロペを舞台に、美しい娘を巡る3人の男たちの恋模様を描くオシャレなラブ・ロマンス。

 監督・脚本は、フランソワ・トリュフォー監督の名作1959年「大人は判ってくれない」で脚本を書いたマルセル・ムーシー。ヌーヴェルヴァーグの中心的人物の一人。
 育ちのいい娘と彼女のボーイフレンドたちの恋や遊びを即興的なタッチで描き出した。

 ヒロインのアンヌ・マリーを演じたのは、シャンソン歌手として人気を得た後、「太陽がいっぱい」で映画デビューしたマリー・ラフォレ(Marie Laforet)。アンニュイな表情の中に現代っ子らしい所も見せ、とても魅力的。
 サントロペの海、ヨット、船室、ギターなどにより「太陽がいっぱい」のヒロイン、マルジュのイメージもそのままに、エレガントなファッション・センスに加え、ギターに併せてタイトル曲の『赤と青のブルース』と『タンブルウィード』の2曲を歌っている。

 共演に、新人ジャック・イジュラン(Jacques Higelin)、ピエール・ミシェル(Pierre Michael)など。
 また、クロード・シャブロル監督が特別出演している。

【あらすじ】

 両親も避暑に出かけてしまい一人パリのアパートに残って試験勉強をしているアンヌ・マリー(マリー・ラフォレ)のところに、ジャン・ポール(ジャック・イジュラン)がドライヴのさそいにやって来た。
 勉強にもぼつぼつ飽きていたアンヌ・マリーは喜んで南仏サン・トロペへのドライヴに出発する。
 避暑客でにぎわうサン・トロペでアンヌ・マリーはジャン・ポールの紹介で愉快なグループと親しくなった。
 若い彼等とアンヌ・マリーはダンスにヨットにと楽しい時を過すのだった。
 ある夜、ジャン・ポールの発案で屋外パーティがひらかれた。
 モダンジャズとアルコールの興奮に、若い男女は次々に海に飛び込んでいった。
 アンヌ・マリーの大胆なビキニ姿の写真が土地の新聞のスキャンダル・ページをかざったのはその翌朝のことである…。

【キャスト】

マリー・ラフォレ(Anne Marie Bromont)
ジャック・イジュラン(Jean Paul Andrel)
ピエール・ミシェル(Jacques Bargeron)
ファウスト・トッツィ(Trabu)
モニーク・ジュス(Veronique)
ステファーヌ・オードラン
クロード・シャブロル
Loading...


【スタッフ】

監督: マルセール・ムーシー
製作:ジュール・ボルコン
脚本: クロード・シャブロル
マルセール・ムーシー
撮影:ピエール・ロム
音楽:アンリ・クロラ
アンドレ・オディール
主題歌:マリー・ラフォレ
 『赤と青のブルース』

上映時間:94分


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 赤と青のブルース



ホームへ戻る
[PV]