ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 音楽・映画ランキング

 カチンコ

愛の新世界[R-18] / 1994年 日本  







【解説】

 SMクラブの女王様として働きながら、女優への道を進む若い女性と、ホテトルで働きながら、いつか玉の輿に乗ろうと考えている現代娘の姿をとらえた、エロティックで爽やかな青春ドラマ。 R-18指定作品

 原作は、風俗ギャルの生の声を綴った島本慶のエッセイと荒木経惟の写真を融合させた写真集『愛の新世界』。

 監督は、「禅 ZEN」の高橋伴明。
 SMクラブ、ホテトルという風俗界に身を置く二人のヒロインを大胆かつ繊細に描き出した。

 二人のヒロイン、オーディションで選ばれた鈴木砂羽と片岡礼子のアッケンラカンとして前向きな姿が痛快。
 また、劇中に挿入される山崎ハコの歌が、作品全体に一層の爽快さを与えなんとも心地よい。

 本作での鈴木砂羽・片岡礼子のヌードシーンが日本映画初のヘア・ヌードとして話題になった。

 1994年度キネマ旬報日本映画ベストテン第9位。

【あらすじ】

 レイ(鈴木砂羽)は、小劇団の女優。昼間は仲間と芝居の稽古に精を出し、夜は渋谷にあるSMクラブの女王様として働いていた。
 ある晩、レイはクラブの入ったビルのエレベーターで、時々顔を合わせるホテトル嬢のアユミ(片岡礼子)と親しくなる。
 アユミは、医大を目指して浪人中の健司と同棲中のチャッカリ娘。
 すっかり意気投合した2人は、夜の街へ繰り出す。飲んで踊って騒いだ後、いつか夜明けの海を一緒に見に行くことを約束して別れる。
 いよいよレイの劇団の公演日。
 アユミやレイの客・澤登らが見守る中、レイたちの芝居は成功し、拍手喝采を浴びる。
 1つのことをやり遂げた満足感に感動するレイ。
 そんな彼女の姿を見て感激するアユミ。
 2人は、ナンパで調達した男の車で、夜明けの海岸へと繰り出して行った…。

【キャスト】

鈴木砂羽(レイ)
片岡礼子(アユミ)
杉本彩(冴子)
萩原流行(澤登)
松尾貴史(記者)
鈴木ヒロミツ(医者)
田口トモロヲ(ナイフの男)
塩屋俊(店長)
松尾スズキ(松木)
袴田吉彦(ホスト)
武田真治(徹)
荒木経惟(写真家 )
哀川翔(ジロー)
Loading...


【スタッフ】

監督: 高橋伴明
原作: 島本慶、荒木経惟
脚本: 剣山象
撮影: 栢原直樹
美術: 望月正照
編集: 菊池純一
音楽: 山崎ハコ、かしぶち哲郎

上映時間 115分


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 愛の新世界



ホームへ戻る
[PV]