ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 音楽・映画ランキング

 カチンコ

ワイルドシングス 1998年 アメリカ (日本語吹替)  




【解説】

原題: WILD THINGS

フロリダを舞台にスリリングな男女の駆け引きが展開するサスペンス。
女子高生レイプ事件に仕組まれた陰謀と罠を描く。

監督は、「恋に落ちたら・・・」の鬼才ジョン・マクノートン。
ニ転三転(どんでん返し)する先の読めない犯罪劇をクールで軽やかなタッチで描き出した。

製作総指揮&主演を務めたのは、1980年代に青春映画のスターとして人気の高かったケヴィン・ベーコン。

共演には、「メリーに首ったけ」のマット・ディロン、「スクリーム」のネーヴ・キャンベル
そして、「スターシップ・トゥルーパーズ」のデニース・リチャーズ(Denise Richards)がケリー役を、ヌードを披露して熱演している。
他に「キングピン~ストライクへの道~」のビル・マーレー、テレサ・ラッセルなど。

本作は、興行的にも成功を収め、後にシリーズ化され、続編としてビデオ・ムービーが2本作られたが、本作とのつながりは無い。

【あらすじ】

女子高生ケリー(デニース・リチャーズ)は進路指導教諭サム(マット・ディロン)にレイプされたと訴える。
法廷での争いに発展し、サムはボウデン弁護士(ビル・マーレー)に助力を求めた。
刑事のデュケ(ケヴィン・ベーコン)は調査の過程で彼女の同級生スージー(ネーヴ・キャンベル)もかつてサムにレイプされたことをつかむ。
だが裁判でスージーは自らのレイプも、ケリーのレイプも偽証だと明かした。
サムヘの嫌疑は晴れ、示談金として850万ドルを得た。
彼はその夜ケリーとスージーと喜びを分かちあう。
すべてはケリーの母親から金を巻き上げるための作戦だった。
一方デュケは三人が共犯ではないかと疑っていた…。

【キャスト&スタッフ】

出演: ケヴィン・ベーコン(デュケ)、マット・ディロン(サム・ロンバード)、ネーヴ・キャンベル(スージー・トーラー)、テレサ・ラッセル(サンドラ・ヴァン・ライアン)、デニース・リチャーズ(ケリー・ヴァン・ライアン)、ロバート・ワグナー(トム・バクスター)、ビル・マーレイ(ケン・ボーデン)、キャリー・スノッドグレス(ルビー)、ダフネ・ルービン=ヴェガ(グロリア・ペレス)、ジェフ・ペリー(ブライス・ハンター)、マーク・マコーレイ、エドゥアルド・ヤネス 他。
監督: ジョン・マクノートン
製作: ロドニー・ライバー
スティーヴン・A・ジョーンズ
製作総指揮: ケヴィン・ベーコン
脚本: スティーヴン・ピータース
撮影: ジェフリー・L・キンボール
プロダクションデザイン: エドワード・T・マカヴォイ
美術: ビル・ハイニー
編集: エレナ・マガニーニ
音楽: ジョージ・S・クリントン

上映時間: 108分



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: ワイルドシングス



ホームへ戻る
[PV]