ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 音楽・映画ランキング

 カチンコ

恋におちたシェイクスピア / 1998年 (日本語吹替)  







【解説】

 原題: SHAKESPEARE IN LOVE
 製作国: アメリカ

 シェイクスピアの秘められた恋物語を劇中劇と絡めて織り成した一大ラヴ・ロマンス。
 劇作家シェイクスピアと若き貴婦人の情熱的な恋が、ユーモアを交えて生き生きと描かれる。

 監督は、イギリス演劇界出身の「 クイーン・ヴィクトリア 至上の恋 」で成功を収めたジョン・マッデン。

 運命の女性ヴァイオラには、「Emma/エマ」、「スライディング・ドア」のグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)。男装のグウィネスは、ほっそりした少年といった風情で中性的な魅力を感じさせ、貴婦人ヴァイオラはとにかく美しいの一言に尽きてしまう!

 若き日のシェイクスピアに扮しているのは、「魅せられて」のジョセフ・ファインズ(Joseph Fiennes)。シェイクスピアの才気と情熱を強烈に演じている。

 共演に、「ハムレット」のジュディ・デンチ(Judi Dench)、「レ・ミゼラブル」のジェフリー・ラッシュ(Geoffrey Rush) 、「グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~」のベン・アフレック(Ben Affleck)など。

 第71回アカデミー賞では、作品賞/脚本賞/主演女優賞/助演女優賞/音楽賞/美術賞/衣装デザイン賞を受賞している。

【あらすじ】

 16世紀末のロンドン。スランプに陥っていた劇作家シェイクスピア(ジョセフ・ファインズ)はオーディションにやって来た一人の若者トマス・ケント(グウィネス・パルトロー)を追ってとある屋敷へたどり着く。
 そこには以前、芝居の最中に目を留めた美しい女性ヴァイオラ(グウィネス・パルトロー)の姿があった。 シェイクスピアと彼を信奉するヴァイオラはたちまち恋におちてしまう。
 燃え上がる恋心が創作意欲をかき立てたのか、シェイクスピアの台本は急ピッチで仕上がって行き、トマス・ ケントを主役とした芝居の稽古も順調に進んでいた。
 ヴォイオラの別れの手紙をトマスから受け取ったシェイクスピアは納得できず再びトマスの後を追うのだが、そこで彼はトマスこそヴァイオラの男装した姿だった事を知るのだった…。

【キャスト】

グウィネス・パルトロー(ヴァイオラ・デ・レセップス)
ジョセフ・ファインズ(ウィリアム・シェイクスピア)
ジェフリー・ラッシュ(フィリップ・ヘンズロー)
コリン・ファース(ウェセックス卿)
ベン・アフレック(ネッド・アレン)
ジュディ・デンチ(エリザベス女王)
ルパート・エヴェレット(クリストファー・マーロウ)
トム・ウィルキンソン(ヒュー・フェニマン)
サイモン・キャロウ(ティルマー)
ジム・カーター(ラルフ・バッシュフォード)
マーティン・クルーンズ(リチャード・バーベッジ)
イメルダ・スタウントン(乳母)
パトリック・バーロウ(ウィル・ケンプ)
Loading...



【スタッフ】

監督: ジョン・マッデン
脚本: マーク・ノーマン、トム・ストッパード
撮影: リチャード・グレートレックス
美術: マーティン・チャイルズ、ジル・クォーティアー
衣裳: サンディ・パウエル
編集: デヴィッド・ギャンブル
音楽: スティーヴン・ウォーベック

上映時間: 123分


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: 恋におちたシェイクスピア



ホームへ戻る
[PV]