ロンリBIGI バナー 2

ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 カチンコ

マリリン 7日間の恋 / 2011年 (日本語吹替)  








【解説】

 原題: MY WEEK WITH MARILYN
 製作国: イギリス/アメリカ

 メイクを落として、ヒールを脱いで、
 それから―― 秘密の恋におちた。

 数々の伝説に彩られた女優 “マリリン・モンロー” と年下の英国人青年との知られざる純愛を描いた、甘く切ないラブ・ロマンス。

 当時駆け出しの助監督だった青年コリン・クラークが、これまで秘密にしてきた撮影の舞台裏を綴った2冊の回顧録を基に、ナーバスなモンローの世話役となったコリンが目の当たりにするモンローの実像と、次第に距離を縮めていく2人の儚いロマンスの行方を描き出す。

 監督は、TV、舞台を中心に活躍し、本作で長編映画デビューを飾ったサイモン・カーティス。
 「紳士は金髪がお好き」など名場面の再現シーンも見どころ。

 主演は、本作の演技で数々の映画賞に輝いた「ブロークバック・マウンテン」、「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)。華やかなスターが抱える複雑な心情を巧みに表現している。
 共演に、「ヘンリー5世」のケネス・ブラナー(Kenneth Branagh) 、「ブーリン家の姉妹」のエディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン(Emma Watson)、「あるスキャンダルの覚え書き」のジュディ・デンチ(Judi Dench) 、「サブリナ」のジュリア・オーモンド(Julia Ormond)など。

 アカデミー主演女優賞、アカデミー助演男優賞ノミネート。
 ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)受賞。

【あらすじ】

 1956年、マリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)監督・主演作「王子と踊り子」の撮影のためロンドンに降り立つ。
 演技派への飛躍を胸に、本作に並々ならぬ意欲を見せていたマリリンだったが、彼女の学んでいた演技法はオリヴィエによって否定されてしまい、様々なプレッシャーから遅刻も常習化していく。
 おまけに、結婚したばかりの夫アーサー・ミラー(ダグレイ・スコット)は、情緒不安定なマリリンを持て余し、さっさと帰国してしまう。
 そんな中、撮影がはかどらず苛立つオリヴィエからマリリンの見張り役を命じられる第3助監督のコリン・クラーク(エディ・レッドメイン)だったが…。


【スタッフ】

監督: サイモン・カーティス
原作: コリン・クラーク
脚本: エイドリアン・ホッジス
撮影: ベン・スミサード
プロダクションデザイン: ドナル・ウッズ
衣装デザイン: ジル・テイラー
編集: アダム・レヒト
音楽: コンラッド・ポープ
テーマ曲: アレクサンドル・デスプラ
ピアノ演奏: ラン・ラン

上映時間: 100分


【キャスト】

ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロー)
ケネス・ブラナー(ローレンス・オリヴィエ)
エディ・レッドメイン(コリン・クラーク)
ドミニク・クーパー(ミルトン・グリーン)
ジュリア・オーモンド(ヴィヴィアン・リー
ゾーイ・ワナメイカー(ポーラ・ストラスバーグ)
ダグレイ・スコット(アーサー・ミラー)
エマ・ワトソン(ルーシー)
ジュディ・デンチ(シビル・ソーンダイク)
Loading...


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: マリリン 7日間の恋



ホームへ戻る
[PV]