ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

ロンリBIGI バナー 2

YouTube









>
 YouTube

スペシャルドラマ わが家の歴史 / 2010年 日本  











【解説】

  これはある家族の物語であり
すべての家族の物語。


 昭和2年から昭和39年までの激動の時代を明るく生き抜いた、八女(やめ)家の人々の物語を実際の出来事を絡ませて描いたホームドラマ。

 フジテレビ系列にて 2010年4月9日~11日に放送された3夜連続のスペシャルドラマ。
 脚本家・三谷幸喜が描く、激動の時代を明るく生き抜いた家族の姿を3夜連続で放送。

 開局50周年記念ドラマ作品として制作・放送された。“家族”をテーマに2006年に企画立ち上げとなり、構想4年、放送まで足かけ5年を要した。
 大筋となる部分はフィクションだが、当時の風俗や出来事、実在の人物等が八女家とそれを取り巻く人々の視点を通して多数登場するのが特徴。

 2010年度“国際ドラマフェスティバル in TOKYO ”の[単発ドラマ部門]で作品賞グランプリを受賞している。

【あらすじ】

 政子(柴咲コウ)と大造(佐藤浩市)の間に生まれた実は愛されてすくすくと成長していた。
 大造は仕事も順調で、東京と博多を往復する激務をこなす日々を送っていた。
 宗男(佐藤隆太)は芸能界で仕事を得て、波子(堀北真希)は雑誌の編集長に抜擢され、房子(榮倉奈々)はあこがれの手塚治虫(藤原竜也)のアシスタントになった。
 義男(松本潤)は大学に戻り、亡くなったゆかり(長澤まさみ)を吹っ切るため、一心にロケットの研究にいそしむ。
 ところがある日、ゆかりにそっくりな夜の女を宗男が目撃。
 それを聞いた義男はゆかりを探し続ける…。
 大造は胃の不調を訴えながら、忙しさを理由に検査を拒んでいた。
 政子が大造を説得、病院へ連れていく。 結果は末期の胃癌。
 政子は、博多にいる本妻・千晶(天海祐希)へ知らせる。
 大造本人には事実を伏せて博多の病院へ入院させることになった。
 気丈に振る舞う政子。そして大造を笑顔で見送ろうとする八女家一家。
 幼い息子のためにも回復したい大造。
 何があっても生きて欲しい八女家一家。
 家族の祈りは通じるのか…。

◎「わが家の歴史」 第二夜



◎「わが家の歴史」 第三夜
【キャスト】

 柴咲コウ(八女政子)
 佐藤浩市(鬼塚大造)
 西田敏行(八女時次郎…父)
 松本潤(八女義男)
 堀北真希(八女波子)
 榮倉奈々(八女房子)
 加藤憲史郎(八女実)
 天海祐希(鬼塚千晶)
 長澤まさみ(一之瀬ゆかり)
 大泉洋(津留つるたろう)
 玉山鉄二(大浦竜伍)
 山本耕史(阿野三成)
 鈴木砂羽(マリア)
 阿南健治(柳隆五郎)
 役所広司(ナレーション[声])
 ほか多数。

【スタッフ】

 脚本: 三谷幸喜
 企画: 大多亮
 和田行
 プロデューサー: 重岡由美子
 稲田秀樹
 江森浩子
 音楽: 服部隆之
 演出: 河野圭太
 エンディング曲: 中島みゆき 『時代
 撮影: 伊藤清一
 美術: 柳川和央




スポンサーサイト



category: わが家の歴史

 YouTube

笑う招き猫 / 2017年 日本  









【解説】

 結成5年目のパッとしない女性漫才コンビがお笑いの世界で奮闘し、挫折を味わいながらも友情を糧に夢を追う姿を描く青春ドラマ。

 原作は、女漫才師の友情を描き、小説すばる新人賞を受賞した山本幸久の長編小説『笑う招き猫』。
 『笑う招き猫』を原作としたテレビドラマが毎日放送のドラマイズム枠にて2017年3月20日から4月17日まで(全4話)放送されていた。

 監督・脚本は「荒川アンダー ザ ブリッジ」、「大人ドロップ」などの飯塚健が務めた。 ポップで不思議な世界観を持ちつつも、人の心の変化などの描写が緻密に描かれている。

 主役の夢を諦めない女漫才コンビ役には、NHKの連続テレビ小説「まれ」で知名度を上げた清水富美加と元<SKE48>の松井玲奈が扮し、息の合った掛け合いを披露、27歳という女性にとって難しい年齢を見事に表現している。 松井は本作のために髪の毛を金髪に染めるなど、女優としての気合が見られる。

【あらすじ】

 結成5年目の漫才コンビ<アカコとヒトミ>の高城ヒトミ(清水富美加)と本田アカコ(松井玲奈)は、小劇場で常連客に漫才を見せる日々を送っていた。
 ある日、ネタ合わせをする河川敷で自転車泥棒を捕まえてから、二人の状況が変化し始める。
 バラエティー番組に初めて出演し、それをきっかけに学生時代の旧友と再会。
 コンビとして売れそうになった矢先に…。

◎ 映画「笑う招き猫」主題歌
【キャスト】

 清水富美加(高城ヒトミ)
 松井玲奈(本田アカコ)
 落合モトキ(蔵前真吾)
 荒井敦史(大島洋次)
 浜野謙太(和田栄)
 前野朋哉(土井亮)
 稲葉友(草野崇)
 那須晃行(金田保)
 中西茂樹(平田豊)
 犬飼直紀(上杉慎太)
 森田想(安達泉)
 諏訪太朗(小松晴一)
 岩井堂聖子(中沢幸子)
 嶋田久作(権田)
 市川しんぺー(谷博信)
 中村倫也(三上)
 角田晃広(永吉悟)
 菅原大吉(高城仁)
 岩松了(岩倉丈治)
 戸田恵子(高城美子)

【スタッフ】

 監督: 飯塚健
 原作: 山本幸久『笑う招き猫』
 脚本: 飯塚健
 編集: 飯塚健
 漫才監修: なすなかにし
 音楽: 海田庄吾
 撮影: 山崎裕典
 照明: 岩切弘治
 録音: 田中博信
 美術: 吉田敬
 美術進行: 佐々木伸夫
 編集: 川村紫織
 衣裳: 白石敦子
 ヘアメイク: 内城千栄子
 VFXスーパーバイザー: 小坂一順
 主題歌: Mrs. GREEN APPLE 『どこかで日は昇る

 上映時間: 127分


忍者AdMax


category: 笑う招き猫

 YouTube

私をスキーに連れてって / 1987年 日本  










【解説】

 ゲレンデの恋人たちに贈る、
 とびっきりキュートなラヴストーリー


 人気ウィンタースポーツ、“スキー”の魅力を徹底的に描いたロマンティック・アドベンチャー・コメディ。
 クリスマス・イヴのゲレンデで出会った男女の恋の軌跡をハートフルに綴る傑作青春ムーヴィー。
 略称“私スキ”。 スキーシーンを語る上で欠かせない映画。

 ホイチョイ・プロダクションの馬場康夫が監督にあたった。 脚本は一色伸幸。
 “スキー”をモチーフに、現代の若者像を瑞々しく切り取った演出や、ゲレンデでの躍動感溢れるアクションなど、後に“ホイチョイ・ムービー”と呼ばれる礎を築いた記念作。
 「彼女が水着にきがえたら」、「波の数だけ抱きしめて」と続くホイチョイ三部作の第1作。
 ドラマ性より“スキー”の魅力を重視するというそれまでの日本映画になかった発想、若い観客にアピールするトレンド感が当時注目の的となった。
 そして、“スキー”や“冬”テーマにした、ユーミンこと松任谷由実の歌の数々(『 SURF&SNOW 』)をBGMにするなど、作り手の楽しみが観客を刺激するというアプローチは、以後の同プロの各作品にも受け継がれた。

 主題歌は、「サーフ天国、スキー天国」。
 挿入歌は、「恋人がサンタクロース」、「ロッヂで待つクリスマス(メロディーのみ)」、「A HAPPY NEW YEAR」、「BLIZZARD」。
 「恋人がサンタクロース」は、本作と言えばこの曲の名前が真っ先に挙がるほど一般に浸透した。 主題歌を凌駕した本作品の象徴とも言うべき挿入歌であり、クリスマスの定番曲として現在でも数多くのアーティストによってカヴァーされ続けている。

 主役は、映画「時をかける少女」でブレイクした原田知世、そして、当時無名だった三上博史が抜擢された。
 日本アカデミー賞では、話題賞(原田知世)を受賞している。

【あらすじ】

 大学時代、スキー選手としてならしたが、都会ではパッとしない商社マンの文夫(三上博史)。
 彼は友人と出掛けた奥志賀のスキー場で、OLの優(原田知世)と出会う。
 クリスマスのゲレンデで楽しい時を過ごす文夫と優。
 だが彼のシャイな性格を誤解した優は、再会しようと言った文夫にウソの電話番号を教える…。

【キャスト】

 原田知世(池上優)
 三上博史(矢野文男)
 原田貴和子(佐藤真理子)
 沖田浩之(小杉正明)
 高橋ひとみ(羽田ヒロコ)
 布施博(泉和彦)
 鳥越マリ(恭世)
 上田耕一(ロッジのオーナー)
 飛田ゆき乃(ゆり江)
 小坂一也(課長…文男の上司)
 竹中直人(所崎)
 田中邦衛(田山雄一郎)

【スタッフ】

 監督: 馬場康夫
 製作: 三ツ井康
 企画: 宮内正喜
 プロデューサー: 宮島秀司、河合真也
 原作: ホイチョイプロダクション
 脚本: 一色伸幸
 撮影: 長谷川元吉
 美術: 和田洋
 編集: 冨田功
 音楽: 杉山卓夫
 助監督: 佐藤敏宏

 上映時間: 98分



忍者AdMax


category: 私をスキーに連れてって

 YouTube

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT / 2006年  










【解説】

 動画題: THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT Movie CLIP (字幕 なし) 
 原題: THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT 
 製作国: アメリカ

 TOKYOは今、  
 サーキットと化した!  

 チューンナップした車でスピードの限界に挑む若者たちの姿を描いた大ヒット・カー・アクション・シリーズの第3弾。
 舞台を東京に移し、公道を使った極限のドリフトレース・バトルが展開する。
 ドリフト走行発祥の地、日本へ転校してきたアメリカ人学生の青春の日々を活写する。

 “ストリートレース”、“スポーツコンパクト”、“ドリフト走行”を題材としてる。

 渋谷をはじめ首都高、そして峠を舞台にチューニングカーが多数疾走する。特に立体駐車場での接触ギリギリのドリフトや派手なアクション、日本独特の雰囲気に拘ったシーンの数々は見もの。

 主演は「プライド 栄光への絆 」、「スリング・ブレイド」のルーカス・ブラック(ショーン)、共演にバウ・ワウ(トウィンキー)。
 敵役のボスには千葉真一が登場。また、モデル出身の北川景子がハリウッド・デビューを果たした他、妻夫木聡はじめ、日本人キャストも多数登場する。 また、ドリフトの第一人者であるレーサー、土屋圭市をアドバイザーに招いて撮影を行った。

【あらすじ】

 カリフォルニアの高校生ショーン(ルーカス・ブラック)は車好きが高じてたびたび警察の厄介になっている問題児。
 ある日、ついに大きな事故を起こしてしまい、少年院行きが確実となる。
 それを逃れるため、ショーンは軍人の父(ブライアン・グッドマン)を頼って日本へとやって来る。
 日本での高校生活に馴染めずにいたショーンは、留学生のトウィンキー(バウ・ワウ)に声をかけられ、深夜の立体パーキングで行なわれるアンダーグランドのカー・レースに誘われる。
 そこでショーンは、“ドリフト・キング”のD.K.(ブライアン・ティー)にいきなり勝負を挑まれ、完敗してしまう。
 しかしこれをきっかけに、ドリフト・レースという未体験の世界にハマっていくショーンだったが…。

【キャスト】

 ルーカス・ブラック(ショーン)
 バウ・ワウ(トウィンキー)
 千葉真一(カマタ組長)
 サン・カン(ハン)
 ナタリー・ケリー(ニーラ)
 ブライアン・ティー(D.K.…タカシ)
 北川景子(レイコ)
 妻夫木聡(パーキングシーンでのスターター)
 柴田理恵(高校の教師♯1)
 KONISHIKI(熊の刺青の男)
 中川翔子(女子高生♯1)
 虎牙光揮(カマタ組長の子分)
 波岡一喜(タカシの子分♯1)
 リンダ・ボイド(ショーンの母)
 ブライアン・グッドマン(ショーンの父)
 矢野未希子(女子高生♯2)
 土屋圭市(釣り人♯1)
 真木よう子(ショーンの父の愛人)
 ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)

【スタッフ】

 監督: ジャスティン・リン
 製作: ニール・H・モリッツ
 製作総指揮: クレイトン・タウンゼント
 脚本: クリス・モーガン
 撮影: スティーヴン・F・ウィンドン
 プロダクションデザイン: アイダ・ランダム
 衣装デザイン: サーニャ・ミルコヴィッチ・ヘイズ
 編集: フレッド・ラスキン、ケリー・マツモト
 音楽: ブライアン・タイラー

 上映時間: 104分



FC2 Blog Ranking

category: ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

 YouTube

笑う大天使(ミカエル) / 2005年 日本  










【解説】

 ようこそ乙女の園へ

 お嬢様学校に転校することになった普通の高校生と周囲の人々が巻き起こす騒動を描く青春コメディ。
 お嬢様学校に入学した超庶民派の少女が奇想天外な事態に巻き込まれていく。

 原作は、カリスマ的人気を誇る漫画家・川原泉の人気コミック『笑う大天使(ミカエル) 』。

 監督はTVドラマ「ごくせん」などのVFXを手がけ、本作が長編初監督となる小田一生。
 CGやワイヤーアクションを駆使して描いた。

 上流社会の生活に戸惑う主人公史緒を演じるのは「スウィングガールズ」、「のだめカンタービレ」の上野樹里。
 史緒の兄・一臣役に「嫌われ松子の一生」、「ハチミツとクローバー」の伊勢谷友介。
 史緒の友人・斎木和音を「 8月のクリスマス」、「ハチミツとクローバー」の関めぐみ。
 各人が個性的なキャラクターをユーモアたっぷりに演じている。

 主題歌には、『猫の恩返し』以来の映画主題歌となる つじあやの が新曲『そばにいるから』を書き下ろしている。

【あらすじ】

 母の死後、生き別れになっていた大金持ちの兄(伊勢谷友介)と再会し、聖ミカエル学園に転校してきた史緒(上野樹里)。
 庶民育ちの彼女は上流階級の生活に困惑するが、ひょんなことで“猫かぶり派”の和音(関めぐみ)や柚子(平愛梨)らと仲良くなる。
 そのころ、世間ではお嬢様ばかり狙う誘拐事件が多発し、学園にも危険が迫っていた…。

Loading...
【キャスト】

上野樹里(司城史緒)
伊勢谷友介(司城一臣)
関めぐみ(斎木和音)
平愛梨(更科柚子)
松尾敏伸(若月俊介)
菊地凛子(桜井敦子)
谷村美月(沈丁花)
手塚理美(史緒の母)
西岡徳馬(警察庁長官)

【スタッフ】

監督: 小田一生
アクション監督: 谷垣健治
原作: 川原泉
『笑う大天使(ミカエル)』
脚本: 吉村元希
小田一生
美術: 花谷秀文
撮影監督: 岡田博文
衣裳: 北村道子
VFX: 小田一生
VFXスーパーバイザー: 木村俊幸
ナレーション: 広川太一郎 主題歌: つじあやの 『そばにいるから』

上映時間: 92分



FC2 Blog Ranking

category: 笑う大天使(ミカエル)



ホームへ戻る
[PV]