ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 音楽・映画ランキング

 カチンコ

バス停留所 / 1956年 アメリカ (日本語吹替)  







【解説】

 原題: BUS STOP

 男のことは表も裏も知りつくしたはずなのに、なぜかモンタナ出の純情青年の熱意にほだされ恋に落ちる歌手の物語をユーモアたっぷりに描くロマンス・コメディ。

 原作は、「ピクニック(1955年)」の劇作家ウィリアム・インジの同名ブロードウェイ・ヒット・コメディ。

 監督は、舞台出身で「ピクニック」などの名作で知られるジョシュア・ローガン。

 主演は、「七年目の浮気(1955年)」のマリリン・モンロー(Marilyn Monroe)。 モンローの歌声、ショーマンシップを堪能できる。
 “セックスシンボル”のイメージを脱したかったマリリン・モンローが、ニューヨークのアクターズ・スタジオで演技のレッスンを受け、いくつかの舞台を経験した後に、その成果を発揮した。
 本作でのモンローのトボけた演技は、『 N.Y.タイムス』誌で“彼女はついに女優になった”と高く評価された。

 共演に、舞台俳優でこれが映画デビューのドン・マレー(Don Murray)、「純金のキャデラック」のアーサー・オコンネル(Arthur O'Connell)など。

 本作でマリリン・モンローは、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネート(その後「お熱いのがお好き(1959年)」で受賞。)された。

【あらすじ】

 モンタナの牧場で生まれ育った世間知らずのカウボーイ青年ボー(ドン・マレー)はロデオ大会に参加するために、付き添いのヴァージル(アーサー・オコンネル)とともに、フェニックス(アリゾナ州)にやってくる。
 生まれて初めて都会にやって来たボーは、酒場の歌手シェリー(マリリン・モンロー)に一目惚れ、強引に結婚を決めてしまう。
 嫌がるシェリーの言葉に全く耳を貸さない傍若無人なボーを恐れたシェリーは慌てて逃げ出すが、ボーに無理矢理モンタナ行きのバスに乗せられる…。


【スタッフ】

監督: ジョシュア・ローガン
製作: バディ・アドラー
原作: ウィリアム・インジ
脚本: ジョージ・アクセルロッド
撮影: ミルトン・クラスナー
編集: ウィリアム・レイノルズ
音楽: アルフレッド・ニューマン、シリル・J・モックリッジ


上映時間: 95分


【キャスト】

マリリン・モンロー/向井真理子(チェリー)
ドン・マレー/橋本 功(ボー・デッカー)
アーサー・オコンネル/山内雅人(ヴァージル・ブレッシング)
ベティ・フィールド(グレイス)
アイリーン・ヘッカート(ヴェラ)
ホープ・ラング(エルマ・ダックワース)
ロバート・ブレイ(カール)
ハンス・コンリード(ライフ誌カメラマン)
ケイシー・アダムス(ライフ誌レポーター)
Loading...


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: バス停留所



ホームへ戻る
[PV]