ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 音楽・映画ランキング

 カチンコ

シェルブールの雨傘 / 1964年 フランス (日本語字幕)  







【解説】

 仏題: LES PARAPLUIES DE CHERBOURG
 英題: THE UMBRELLAS OF CHERBOURG

 傘屋の娘ジュヌヴィエーヴと工員の青年ギィの恋が、アルジェ戦争によって引き裂かれ、互いに愛し合いながらも、別々の道を歩くまでを描いた悲恋劇。
 すべての台詞にメロディがつけられ全編、歌によってストーリーが進行していくという、語りが一切無い完全なミュージカル。

 [第一部 旅立ち 1957年11月-]、[第二部 不在 1958年1月-]、[第三部 帰還 1959年1月-]の3部構成になっている。1957年11月から1963年のクリスマスまでの6年間の物語。
 舞台になるシェルブールは、フランス北部の英仏海峡に面した港町。
 物語の始まったとき、ギィは20歳、ジュヌヴィエーヴ16歳という設定。
 物語の終わりでも、二人は、26歳と22歳ということになる。
 ギィとジュヌヴィエーヴの人生を変えてしまうことになるギィの出征の背景にある“アルジェリアでの戦い”とは、 1954年から7年半にわたって戦われた“アルジェリアの独立戦争”のこと。
 アルジェリアは1962年にフランスの植民地支配を脱し、共和国となる。

 本作は、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した。

【あらすじ】

 1957年11月。ジュヌヴィエーヴ(カトリーヌ・ドヌーヴ)はシェルブールの雨傘屋の娘で、近くのガレージに勤める恋人ギィ(ニーノ・カステルヌオーヴォ)を、深く愛していた。
 ある日ギィに召集令状が来て、二年間の義務兵役に発つことになった。
 その夜、二人は求めあった。
 1957年12月。雨傘屋の不況で、エムリ夫人(アンヌ・ヴェルノン)は自分の宝石を売ることにした。
 高級宝石商カサール氏(マルク・ミシェル)がそれを買いとったのは娘のジュヌヴィエーヴの美しさに魅せられたからだった。
 1958年1月。ギィからの便りはなかった。
 そしてジュヌヴィエーヴの体には愛の果実が宿るが…。


【スタッフ】

監督: ジャック・ドゥミ
脚本: ジャック・ドゥミ
製作: マグ・ボダール
音楽: ミシェル・ルグラン
撮影: ジャン・ラビエ
編集: アン=マリー・コトレ、モニーク・テッセール

上映時間: 91分


【キャスト】

[演]カトリーヌ・ドヌーヴ/[歌]ダニエル・リカーリ(ジュヌヴィエーヴ・エムリ)
[演]ニーノ・カステルヌオーヴォ/[歌]ジョゼ・バルテル(ギィ・フーシェ)
[演]アンヌ・ヴェルノン/[歌]クリスチアーヌ・ルグラン(エムリ夫人)
[演]ミレーユ・ペレー/[歌]クレール・レクレール(エリーズおば)
[演]マルク・ミシェル/[歌]ジョルジュ・ブランヌ(ローラン・カサール)
[演]エレン・ファルナー/[歌]クローディヌ・ムニエル(マドレーヌ)
Loading...


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: シェルブールの雨傘



ホームへ戻る
[PV]