ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 カチンコ

ビッグ・フィッシュ / 2003年 アメリカ (日本語字幕)  






【解説】

 原題: BIG FISH

 その大切さに気づいたのは、最期のときだった。
 人生なんて、まるで“おとぎ話”さ。

 自分の人生を“おとぎ話”のように語る男と、彼の家族との絆を描いた、感動のファンタジー・ドラマ映画。
 不思議なホラ話の数々をイマジネーション溢れる映像で綴る。
 老エドワードの語る、若き日の“おとぎ話”のような回想シーンと、彼が病で死にゆく“現実のシーン”とが交互に描かれる。

 原作は、ダニエル・ウォレスのベストセラー小説『ビッグフィッシュ―父と息子のものがたり』。

 監督は、「シザーハンズ」、「スリーピー・ホロウ」の“ファンタジーの名手”ティム・バートン。
 バートン監督ならではの映像マジックで綴られていく。

 若き日の主人公に扮するは、「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガー(Ewan McGregor)。
 共演に、「背信の行方」のアルバート・フィニー(Albert Finney)、「あの頃ペニー・レインと」のビリー・クラダップ(Billy Crudup)。
 女優陣では、「私は「うつ依存症」の女 」のジェシカ・ラング(Jessica Lange)、「猿の惑星・征服」のヘレナ・ボナム=カーター(Helena Bonham Carter)。
 「マッチスティック・メン」のアリソン・ローマン(Alison Lohman)。「銀幕のメモワール」のマリオン・コティヤール(Marion Cotillard)、「チャーリーとチョコレート工場」のミッシー・パイル(Missi Pyle) などが出演している。

 本作は、第76回アカデミー賞作曲賞にノミネートされた。

Loading...

【あらすじ】

 エドワード(アルバート・フィニー)は自分の人生を、常にロマンティックな“おとぎ話”のように語る。
 魔女や巨人、そして村の伝説だった“大きな魚”との出会い─。
 誰もが彼の話を楽しみ、彼を愛していた。
 ただ一人、ジャーナリストになった息子ウィル(ビリー・クラダップ)を除いて…。
 子供の頃は父の話に夢中だったウィルも、今は父の本当の姿を求めていた。
 だがその思いをぶつけても、エドワードは一向に事実を話そうとしない。
 しかたなくウィルは、ホラ話に隠された父の人生を探り始める…。

 
【スタッフ】

 監督: ティム・バートン
 原作: ダニエル・ウォレス
 『ビッグフィッシュ 父と息子のものがたり』
 脚本: ジョン・オーガスト
 撮影: フィリップ・ルースロ
 美術: デニス・ガスナー
 音楽: ダニー・エルフマン

 上映時間: 125分
【キャスト】

 ユアン・マクレガー(若き日のエドワード・ブルーム)
 アルバート・フィニー(エドワード・ブルーム)
 ビリー・クラダップ(ウィル・ブルーム)
 ジェシカ・ラング(サンドラ・ブルーム)
 ヘレナ・ボナム=カーター(ジェニファー・ヒル/魔女)
 アリソン・ローマン(若き日のサンドラ・ブルーム)
 ロバート・ギローム(ドクター・ベネット)
 マリオン・コティヤール(ジョセフィーン)
 マシュー・マッグローリー(カール)
 ミッシー・パイル(ミルドレッド)
 ティーヴ・ブシェミ(ノザー・ウィンズロー)
 ダニー・デヴィート(エーモス・キャロウェイ)
 ダニエル・ウォレス(教授)


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: ビッグ・フィッシュ



ホームへ戻る
[PV]