ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 カチンコ

ココ・アヴァン・シャネル / 2009年 (日本語字幕)   







【解説】

 原題: COCO AVANT CHANEL
 製作国: フランス

 田舎のナイトクラブからパリへ、そして世界へ──  
 コネクションも財産も教育もない孤児院育ちの少女が、世界のシャネルになるまでの物語。

 もし翼を持たずに生まれてきたのなら、
 翼を生やすためにどんなことでもしなさい

 世界的ファッション・デザイナー、ココ・シャネルの前半生を描いた伝記ドラマ。
 現在も女性たちを魅了し続けているハイファッション・ブランド“シャネル”。創始者であるデザイナー、ガブリエル・シャネルが、愛する男性と出会い、永遠のアイコン“ココ・シャネル”になるまでの初期過程を描く。

 原作は、エドモンド・シャルル=ルーの小説『ココ・アヴァン・シャネル 』。

 「恍惚」のアンヌ・フォンテーヌ監督が妥協のない映像美で描き出した。
 様々な時期のシャネルのドレスやジュエリーが登場するファッションショーのシーンは、溜息が出るほど美しい。

 主演は、「アメリ」のオドレイ・トトゥ(Audrey Tautou)。 若い女性が自らの才能と個性を活かしながら自由と成功のシンボル“ココ・シャネル“に成長していくまでを演じている。
 そして、彼女の生涯の思い人を「しあわせの法則」のアレッサンドロ・ニヴォラが演じる。
 また、エイドリアン・シャネル役を「さよならモンペール」のマリー・ジランが演じている。

【あらすじ】

 孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル(オドレイ・トトゥ)。
 その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサン(ブノワ・ポールヴールド)の愛人となり、退屈な暮らしを送ることに…。

【キャスト&スタッフ】

出演: オドレイ・トトゥ(ガブリエル・“ココ”・シャネル)、ブノワ・ポールヴールド(エティエンヌ・バルサン)、アレッサンドロ・ニヴォラ(ボーイ・カペル)、マリー・ジラン(エイドリアン・シャネル)、エマニュエル・ドゥヴォス(エミリエンヌ)、レジス・ロワイエ、エティエンヌ・バルトロミュー、ヤン・デュファス、ファビアン・ベア、レシュ・レボヴィッチ、ジャン=イヴ・シャトゥレ、リサ・コーエン 他。

監督: アンヌ・フォンテーヌ
原作: エドモンド・シャルル=ルー
『ココ・アヴァン・シャネル』
脚本: アンヌ・フォンテーヌ
カミーユ・フォンテーヌ
脚本協力: ジャック・フィエスキ
撮影: クリストフ・ボーカルヌ
プロダクションデザイン: オリヴィエ・ラド
衣装デザイン: カトリーヌ・ルテリエ
編集: リュック・バルニエ
音楽: アレクサンドル・デプラ

上映時間: 110分

映画『ココ・アヴァン・シャネル』オフィシャルサイト




FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: ココ・アヴァン・シャネル



ホームへ戻る
[PV]