ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 カチンコ

ザ・グリード / 1998年 アメリカ (日本語字幕)  






【解説】

 原題: DEEP RISING

 喰って、喰って、喰いまくれ!

 魔の東シナ海を処女航海する ハイテク超豪華客船アルゴノーティカ号に 未知の恐怖が浮上する…
   いま、絶望の悲鳴が--食欲をそそる!

 海に浮かぶ豪華客船を舞台に、未知の巨大モンスターが大暴れするSF海洋パニック。
 人間を食って食って食いまくる恐ろしい巨大モンスターとの遭遇を描く。

 監督・脚本は、後に「ハムナプトラ」シリーズを撮るスティーブン・ソマーズ。
 テンポのよい演出が心地よい、よく出来たB級映画に仕上げた。
 また、「タイタニック」、「スピード2」、「エイリアン4」と1997年のヒット作を全てブチ込んだような設定が痛快。

 密輸船の船長フィネガンを演じたのは、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」、「プリンス・オブ・シティ」のトリート・ウィリアムズ。
 そして、「ゴールデンアイ」でボンド・ガールのファムケ・ヤンセン(Famke Janssen)が女スリ師に扮し、可愛いお色気を振りまいている。

 本作の日本公開時のキャッチフレーズは、“喰って、喰って、喰いまくれ”。

【あらすじ】

 目的不明の武装部隊を乗せた密輸船が東シナ海上で豪華客船アルゴノーティカ号に遭遇した。
 だがそこにはスリを働いたために倉庫に軟禁されていた美女トリリアン(ファムケ・ヤンセン)しかいなかった。
 3000人の乗客乗員の姿がどこにも見られなかった。
 そして密輸船の船長フィネガン(トリート・ウィリアムズ)と武装部隊のリーダー、ハノーバー(ウェス・ステューディ)らの眼前に突如奇怪な触手が現れた。
 アルゴノーティカ号は深海から浮上した未知の巨大生物に襲われ、人々はヤツらのエサになっていたのだ。一行は戦闘を繰り返しながら脱出路を探すのだが…。


【キャスト&スタッフ】

出演: トリート・ウィリアムズ(フィネガン)、ファムケ・ヤンセン(トリリアン)、ケヴィン・J・オコナー(トリリアン)、ウナ・デーモン(レイラ)、アンソニー・ヒールド(キャントン)、ウェス・ステューディ(ハノーバー)、デリック・オコナー(アルゴノーティカ号船長)、ジェイソン・フレミング(モリガン)、クリフ・カーティス、トレヴァー・ゴダード、ジャイモン・フンスー 他。

監督: スティーヴン・ソマーズ
製作: ローレンス・マーク
ジョン・バルデッチ
製作総指揮: バリー・ベルナルディ
脚本: スティーヴン・ソマーズ
撮影: ハワード・アサートン
特撮: ドリーム・クエスト
ILM
モンスター・デザイン: ロブ・ボッティン
音楽: ジェリー・ゴールドスミス

上映時間: 107分




FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

category: ザ・グリード



ホームへ戻る
[PV]