ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC
ロンリBIGI バナー 2


 カチンコ

SPドラマ かもしれない女優たち / 2015年 日本  











【解説】

 まさにどん底の人生。
 女優ではなかったら、オーディションに落ちていたら、スカウトを断っていたら…


 2015年6月23日の22:00 - 23:24にフジテレビ系列にて放送されたスペシャルドラマ。

 バカリズムの妄想炸裂 !? バカリズムが脚本を手がけた。

 竹内結子、真木よう子、水川あさみの3女優が共演、女優本人の少しのリアルをもとに練り上げたファンタジーな新感覚ドラマとして2015年上半期SNSで最もコメントされたドラマになり、数々の話題をさらった。
 3人の女優が、“もし違う人生を歩んでいたら”という設定で、現在とは別の人生を歩む本人役を演じる。

 2016年放送の第2弾では広末涼子・井川遥・斉藤由貴が主演を務めた。

【あらすじ】

 とあるスタジオ玄関に颯爽(さっそう)と入ってくる女優・真木よう子、水川あさみ、竹内結子。
 女優としての輝かしい経歴を振り返りながら、楽屋へ入る と…そこは、真木が女優としてターニングポイントであった作品のオーディションでチャンスをつかみ損ねてしまった世界。
 水川が女優として ターニングポイントであった作品のオーディションでチャンスをつかみ損ねてしまった世界。
 竹内が女優としてターニングポイントであった原宿でのスカウト を断ってしまった世界。
 その世界では、真木はバーでアルバイトをしながら、エキストラ同然の端役を演じる日々。
 周りから取り残されてしまったと いう悔しさを忘れないため、ある日記をつけている。
 水川は、同い年で共に女優を目指していた友人・奈緒が順風満帆に重要な役をつかんでいることに不 安と嫉妬を感じている。
   竹内は、出版社で雑誌編集の仕事につき忙しい日々を送る一方、会社帰りに彼氏とデートするなど充実した生活ぶり。
 ある日上司か ら、知り合いが描いたという漫画の書籍化の仕事を指示される。 3人の人生がひょんなことから不思議な接点を持ち始め、やがて交錯していく…。

◎ 第2弾 かもしれない女優たち 2016
【キャスト】

 竹内結子(竹内結子)
 真木よう子(真木よう子)
 水川あさみ(水川あさみ)
 片桐仁_ラーメンズ(片桐仁)
 バカリズム(バカリズム)
 小松利昌(清水)
 生越千晴(三浦紗英)

【スタッフ】

 脚本: バカリズム
 演出: 関和亮
 音楽: 岩崎太整
 脚本・協力プロデューサー: 小林伸也(マセキ芸能社)
 企画・プロデュース: 櫻井雄一(ソケット)
 企画・キャスティングプロデューサー: 村瀬博之(キューブ)
 編成企画: 加藤達也
 制作プロダクション: ソケット
 制作著作: フジテレビ

 放送時間: 84分

忍者AdMax


スポンサーサイト

category: かもしれない女優たち

 カチンコ

TVM 雲のように風のように / 1990年 日本  













【解説】

 新皇帝の後宮として生活する少女たちの姿や、新皇帝の座を巡っての陰謀、さらにそんな国情を逆手にとっての謀反の勃発、そして、主人公と皇帝のせつない恋愛が描かれる長編テレビアニメ。

 1990年3月21日に日本テレビ系でTVスペシャルアニメとして放送された。 春分の日の日中に本編放送中はCMを入れないという異例の形式で放送。

 原作は、酒見賢一のデビュー作であり、日本ファンタジーノベル大賞の第1回大賞受賞作『後宮小説』。 

 監督は、タツノコプロ出身の演出家・鳥海永行が総監督。 スタジオジブリ作品に多く参加しているアニメーターの近藤勝也が作画監督を務めた。
 主にスタジオジブリ作品で活躍するアニメーター・近藤勝也をキャラクターデザインに起用して制作された。
   古代中国を想起させる、壮大なスケールの世界観が印象深い隠れた名作アニメ。 80分という短時間の中でドラマが入り乱れ、コミカルながらも壮大な偽史が描かれ、丁寧な語り口で物語の興奮を充分に味わえる。

 主題歌は、佐野量子の『雲のように風のように』。

【あらすじ】

 新たな皇帝が即位することになった素乾国。
 それに伴って全国から正妃候補が後宮へと集められることになり、田舎暮らしの少女・銀河は三食昼寝付きの生活を夢見て都へと馳せ参じる。
 聡明な彼女は後宮の女大学で優秀な成績を修め、そのまっすぐな人柄も買われ、正妃の座を射止めることに。
 しかし、現皇帝コリューンを亡き者にせんとする皇太后の策謀はやがて反乱軍の蜂起を促し、銀河はそれに対抗するため自ら後宮軍を率いることになった…。

◎『雲のように風のように』 - 佐野量子

【キャスト(声の出演)】

 佐野量子(銀河)
 市川笑也(双槐樹)
 小林昭二(渾沌)
 福田信昭(幻影達)
 井上瑤(江葉)
 麻上洋子(世沙明)
 高畑淳子(玉遥樹)
 田村錦人(角人先生)
 北村弘一(真野)
 京田尚子(垂戸婆)
 三ツ矢雄二(菊凶)
 谷育子(琴皇太后)
 秋元羊介(亥野)
 中村正(ナレーション)

【スタッフ】

 総監督: 鳥海永行
 製作: 読売広告社、スタジオぴえろ
 演出: 玉野陽美
 原作: 酒見賢一
 脚本: 宮崎晃
 キャラクターデザイン: 近藤勝也
 作画監督: 近藤勝也
 美術: 池田祐二
 撮影監督: 小山信夫
 編集: 瀬山武司
 音響制作: ザック・プロモーション
 音楽: 丸谷晴彦

 上映時間: 80分



忍者AdMax


category: 雲のように風のように

 カチンコ

下弦の月 ラスト・クォーター / 2004年 日本  










【解説】

 ずっとそばにいるって 
 約束したのに ごめんね…

 19年の月の周期が織りなす悲しい恋

 19年に一度だけ同じ形の月が同じ月日に現われるという奇跡を巡って繰り広げられるミステリアスなラブ・ファンタジー。 “下弦の月”の奇跡が織りなす悲しいラブストーリーを描く。

 原作は、矢沢あいの異色作で幻想的ともホラーとも言われる人気コミック『下弦の月』。 暗くシリアスな内容であり、しかもギャグやお笑い要素は極力抑えられている。

 監督は、「 Soundtrack 」の二階健。 矢沢あいの原作コミックを基に、二階監督自身が脚色。
 撮影を「 HIRAKATA ヒラカタ」の中山光一が担当している。
 ミュージック・クリップ出身の二階健監督ならではの凝ったヴィジュアルが原作の世界観とマッチして、従来の日本映画にはないファンタスティックな空間を構築した。

 主演は、「キル・ビル」、「いつかA列車に乗って」などの栗山千明(望月美月)。
 共演には、「あずみ」、「深呼吸の必要」などの成宮寛貴(安西知己)と、ミュージシャンで「 MOON CHILD 」に続く映画出演となる<ラルク・アン・シエル>のHYDE(アダム…茶髪に銀灰色の目をしたイギリス人と日本人のハーフ)ほか。

 主題歌は、HYDE 『 THE CAPE OF STORMS 』(アルバム『 ROENTGEN 』に収録)。

【あらすじ】

 空に下弦の月(ラスト・クォーター)が輝く2004年10月のある夜。
 女子大生の望月美月(栗山千明)が交差点でトラックにひかれ、生死を彷徨うことに。
 1週間前、恋人の安西知己(成宮寛貴)と別れ、ふらりと訪れた謎の洋館でミステリアスな青年アダム(HYDE)と運命的な出会いを果たした美月。
 そしてこの日、アダムとの待ち合わせ場所に向かう途中で事故に遭う。
 目を覚ました美月は“アダム”以外の記憶を失い、洋館に閉じ込められていた。
 やがて中学生の白石蛍(黒川智花)が洋館に足を踏み入れ、美月と出会う。
 蛍は美月を助け出そうと、同級生の助けを借り、彼女のことを調べ始めるのだが…。

【キャスト】

 栗山千明(望月美月)
 成宮寛貴(安西知己)
 HYDE(アダム)
 黒川智花(白石蛍)
 落合扶樹(三浦正輝)
 伊藤歩(上条さやか)
 さくら(綾)
 富田靖子
 うじきつよし
 小日向文世
 大森南朋
 陣内孝則
 緒形拳

【スタッフ】

 監督: 二階健
 原作: 矢沢あい
 『下弦の月』(集英社刊)
 脚色: 二階健
 撮影: 中山光一
 美術: 佐々木尚
 編集: 穂垣順之助
 音楽: 配島邦明
 VE: 佐藤隆彦
 照明: 松隈信一

 上映時間: 112分



忍者AdMax


category: 下弦の月 ラスト・クォーター

 カチンコ

君に届け / 2010年 日本  










【解説】

 本当に大切な想いは、ゆっくりと伝えればいい。

 素直で純粋ながら見た目が暗いため孤立しがちな女子高生が、クラスの中心人物の優しさに触れることで徐々に変わっていく姿を描く純愛ラブ・ストーリーの学園青春ドラマ。

 原作は、累計発行部数1,100万部を突破し、TVアニメ「君に届け」シリーズも好評を博した椎名軽穂の大ヒット少女コミック『君に届け』。  略称は“君届(きみとど)”。
 “実写化してほしい漫画作品ランキング”では常に上位に挙がり、ファンからも以前から期待が高かった。

 監督は、「ニライカナイからの手紙」、「おと・な・り」などの熊澤尚人。 コミカルな要素と温かな感動が融合した原作の魅力を見事に映像化した。 原作の名シーンや名台詞が多く盛り込まれている。

 主演は、爽子役に「夜のピクニック」などの多部未華子、翔太役に「恋空」などの三浦春馬。

 キャッチコピーは、“簡単になんて伝えられない。本当に、本当に大切な気持ちだから。”、“本当に大切な想いは、ゆっくりと伝えればいい。”。

 本作は、全国285スクリーンで公開され、2010年9月25・26日初日2日間で興収2億3395万500円、動員は19万278人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった。 また、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)でも第2位を獲得した。

【あらすじ】

 見た目が暗く周りから“貞子”と呼ばれる黒沼爽子(多部未華子)は、クラスになじめないでいた。
 しかし、その外見とは裏腹にけなげで純粋な彼女に、誰からも好かれるクラスの中心的存在の風早翔太(三浦春馬)はひそかに好意を抱いていた。
 風早の言葉を励みに、爽子は徐々にほかのクラスメートたちと打ち解けるようになっていく…。

【キャスト】

 多部未華子(黒沼爽子)
 三浦春馬(風早翔太)
 蓮佛美沙子(吉田千鶴)
 桐谷美玲(胡桃沢梅)
 夏菜(矢野あやね)
 青山ハル(真田龍)
 金井勇太(城ノ内宗一)
 富田靖子(黒沼陽子)
 ARATA(新井一市)
 勝村政信(黒沼喜多夫)

【スタッフ】

 監督: 熊澤尚人
 原作: 椎名軽穂 『君に届け』
 脚本: 根津理香、熊澤尚人
 脚本協力: まなべゆきこ
 撮影: 藤井昌之
 美術: 橋本優
 衣装: 宮本まさ江
 編集: 高橋信之
 音響効果: 北田雅也
 音楽: 安川午朗
 主題歌: flumpool 『君に届け


 上映時間: 128分



忍者AdMax


category: 君に届け

 カチンコ

ドラマSP この世界の片隅に / 2011年 日本  













【解説】

 主人公・北條すずが昭和18年から21年の4年間、原爆が投下された戦中を懸命に生きる姿を描いた戦争ドラマ。
 広島から呉へ嫁いだ海苔屋の長女・すずが、容赦なく襲い掛かる戦争の恐怖と時代の波に翻弄されながらも、笑顔を失わず生きていく姿を綴る。

 日本テレビで、2011年8月5日 21:00-23:24 に“終戦ドラマスペシャル”と銘打って放送された。 視聴率は 12.7 %。

 原作は、2007年1月23日号から2009年2月3日号までの『漫画アクション』に掲載され、上中下巻の累計部数25万部を誇るこうの史代の漫画『この世界の片隅に』。 第13回(2009年)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品。

 脚本は「ラブ ジェネレーション」、「ラスト・フレンズ」などを手掛けた人気脚本家・浅野妙子が担当。
 本作には銃撃戦や血しぶきなどは一切出てこず、あくまで血の通ったリアリティーあふれる人間ドラマが描かれている。 貧しいのに豊かで、降りかかる運命は過酷なはずなのに、温かさやすがすがしさを感じさせてくれる。

 「瞬 またたき」などの北川景子が幼少期に一度だけ出会った顔も覚えていない男性に嫁ぎ、新しい家族や環境に戸惑いながらも持ち前のおおらかさで明るさを灯すキャラクターの主人公 北條すず(20)を演じている。
 そんな北川の夫役・北條周作(24)を演じるのは、「シュアリー・サムデイ」などの小出恵介。 役者になって初めて日本の戦時下を舞台とした作品に携わったという。
 そして、周作の元恋人で娼婦の白木リン(21)を優香、すずの初恋の相手で彼女に思いを寄せ続けている水原哲(20)を速水もこみち、すずの義姉・北條径子(28)をりょうが演じている。 「うさぎドロップ」などの人気天才子役・芦田愛菜も出演する。

【あらすじ】

 太平洋戦争真っ只中の広島。海苔屋の長女すずは、幼少期に一度だけ出会った顔も覚えていない人に嫁ぐため、広島市から呉へ向かった。
 新しい世界に戸惑いつつも天性の大らかさで明るく過ごすすずだったが、リンという友達が夫・周作の結婚前にひそかに通じ合っていた女性だったことに感づいてしまう。
 昭和20年3月、ついに呉の街にも大規模な空襲が。姪っ子を連れていたすずは時限爆弾に遭遇、爆発に巻き込まれてしまい…。

【キャスト】

 北川景子(北條すず)
 小出恵介(北條周作)
 優香(白木リン)
 速水もこみち(水原哲)
 りょう(北條径子)
 篠田三郎(北條円太郎)
 市毛良枝(北條サン)
 萩原流行(浦野十郎)
 水野久美(森田イト)
 芦田愛菜(北條千鶴)
 小西舞優(北條晴美)
 木下あゆ美(テル )
 石井心愛(北條すず…幼少期)
 川島鈴遥(北條すず…少女期 )
 岡田和志(水原哲…幼少期)

【スタッフ】

 ・原作: こうの史代 『この世界の片隅に』(双葉社刊 漫画アクション連載)
 ・脚本: 浅野妙子
 ・チーフプロデューサー: 田中芳樹(日本テレビ)
 ・プロデューサー: 西牟田知夫(日本テレビ)
  森川真行(ファインエンターテイメント)
  渡邉義行(ファインエンターテイメント)
 ・音楽: 羽毛田丈史
 ・演出: 佐藤東弥




category: この世界の片隅に



ホームへ戻る
[PV]