ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

ロンリBIGI バナー 2

YouTube









>
 YouTube

うしろの正面だあれ / 1991年 日本  









【解説】

 そこにはいつも、家族がいました

 東京大空襲によって家族を失った少女が自立していく姿を感動的に描く劇場版アニメーション。
 太平洋戦争を背景に、東京の下町に暮らす一家の温かな日常と、そんな家族を空襲でいっぺんに失った少女が悲劇を乗り越え自力で前へと進んでいく姿を描く。
 いつも大切な家族がいて、わらい声のあふれていた下町でのくらし。そのしあわせが、とつぜん戦争のために……。

 原作は、落語家の故林家三平師匠の夫人で、現在はエッセイストとして活躍する海老名香葉子が少女期の体験を児童用に書き下ろした『うしろの正面だあれ』。
 太平洋戦争開戦前から終戦直後までの東京の下町・本所を舞台に、釣竿作りの中根忠吉一家の庶民生活を、長女・かよ子を中心に描いてある。 

 脚本・監督は「火の雨がふる」の有原誠治。 共同脚本は今泉俊昭。 作画監督は小野隆哉がそれぞれ担当。
 絵と物語のバランスがほどよくとれた、感動のアニメとなった。
 当時の世相や懐しい遊びを交えての、丹念な暮らしの描写が、素朴なゆえにいっそうクライマックスの悲劇を際立てている。

 声優は、三輪勝恵、池田昌子、野沢雅子ら豪華キャスト。 原作者の息子、9代目林家正蔵(海老名泰孝)も声の出演を果たしている。

【あらすじ】

 昭和15年、東京の下町・本所に暮らす8歳の少女かよ子。
 彼女の家は、5代続いた釣竿づくりの老舗“竿忠”。
 働き者の両親と祖母、そして妹思いの3人の兄に囲まれ、楽しい毎日を送るかよ子。
 やがて弟が生まれ喜びに沸いたのも束の間、日本はついに太平洋戦争に突入、一家の周囲にも暗い 影を落としていく。
 その後昭和19年に入り、B29の来襲が頻繁になってきたことから、かよ子は一人で沼津のおばの家に縁故疎開するこになるのだった。
 昭和20年3月10日、沼津で箱根の山ごしに真っ赤に燃える東京の空を見たかよ子は…。

◎海老名香葉子さんに聴く 東京大空襲
【キャスト(声の出演)】

 三輪勝恵(中根かよ子)
 若本規夫(中根音吉)
 池田昌子(中根よし)
 林家正蔵(中根忠吉)
 佐々木望(中根竹次郎)
 野沢雅子(中根喜三郎)
 柳沢三千代(中根孝之輔)
 沼波輝枝(おばあちゃん)

【スタッフ】

 監督・絵コンテ: 有原誠治
 脚本: 今泉俊昭、有原誠治
 キャラクターデザイン・作画監督: 小野隆哉
 美術監督: 小林七郎
 色彩設定: 西川裕子
 撮影監督: 諌川弘
 編集: 尾形治敏
 音楽: 小六禮次郎
 音響監督: 明田川進
 音響担当: 三間雅文
 録音スタジオ: アオイスタジオ
 効果: 倉橋静男
 画面構成: 片渕須直
 企画: 鳥山英二、寺島鉄夫
 アニメーション制作: 虫プロダクション
 主題歌: 『愛はいつも』 白鳥英美子

 上映時間: 90分




スポンサーサイト



category: 未分類

 YouTube

約束の七夜祭り / 2018年 日本  









【解説】

 会いたい人に会える、軌跡のお祭り──。

 七夕間近のお祭りを舞台にした、ファンタジー要素あり、青春恋愛要素あり、バトルありと見どころ満載のオリジナル長編アニメーション。 YouTubeで XFLAG ANIME が配信した Webアニメでもある。

 製作は、アニメ版「モンスターストライク」などのアニメを配信してきた、XFLAGスタジオ。

 監督は、「正解するカド」や「翠星のガルガンティア」を手掛けた村田和也。

 キャストには、現在多数の作品に出演して人気を誇っている斉藤壮馬をはじめ、山本希望、嶺内ともみといった実力派声優が揃った。

 主題歌の『あわい』は、シンガーソングライターの熊木杏里が担当。 アニメの世界観をより引き立てる楽曲となっている。

【あらすじ】

 高校一年生・三波羅星真の元に、音信不通だった親友・敦史から3年半ぶりに連絡が来た。
 “珍しいお祭りがあるんだけど来ない?久しぶりに会って話がしたいんだ”
 星真が居ても立ってもいられず向かったのは、山奥の廃村で行われる“棚機七夜祭り(たなばたななやまつり)”だった。
 しかし、そこに敦史の姿は見当たらない。
 代わりに出会ったのは自分と同じく“会いたい人がいる”と言う少女・志織だった。
 “お祭りが終わるまでには敦史様にお会いできると思われます”
 祭りの進行役・カンナにそう伝えられた星真は、敦史に会うため、志織と共に祭りの準備を進めるが、その村で起こる奇妙な出来事に巻き込まれていく…。
 果たして星真は、親友と再会することが出来るのか--

◎主題歌 熊木杏里 『あわい』
【キャスト(声の出演)】

 斉藤壮馬(三波羅星真)
 山本希望(瀬ノ沢志織)
 嶺内ともみ(カンナ)
 山下大輝(藤井敦史)
 千本木彩花(瀬ノ沢香織)
 福原綾香(姫武者・湖月姫)
 柳田淳一(総大将・中条定清)
 手塚ヒロミチ(大将・平野源右衛門)
 豊崎愛生(星真の母)
 大原さやか(敦史の母)
 武虎(棟梁)
 石谷春貴(みつる)
 坂泰斗(なおと)
 松田利冴(咲)
 八百星杏(母)
 篠原侑(たく)
 熊木杏里(村人)
 小松奈生子(音声アナウンス)

【スタッフ】

 原案・絵コンテ・演出・監督: 村田和也
 脚本協力: 谷村大四郎、shachi
 企画プロデューサー: 平澤直
 キャラクターデザイン原案: 海島千本
 モンスターデザイン原案: 飯島弘也
 アニメーションデザイン・作画監修: まじろ
 美術設定: 橋口コウジ
 小物設定: 村山章子
 美術監督: 橘ヒロツグ(鹿児島ラメカヒリム)
 色彩設計: 小島真喜子(スタジオ・ロード)
 撮影監督: 山口侑真(レアトリック)
 編集: 坂本久美子
 音響監督: 明田川仁
 音楽: 岩代太郎
 アニメ制作: 横浜アニメーションラボ
 脚本・製作: XFLAG スタジオ
 主題歌: 熊木杏里 『あわい』

 時間: 約60分




category: 未分類

 YouTube

デモンズ / 1985年 イタリア (日本語字幕)  










【解説】

 原題: DEMONS
 別題: DEMONI

 映画館を舞台にしたゾンビの変種版ホラー映画。
 閉鎖された映画館で、悪魔と謎の仮面男に招かれた人々が戦う。

 本作は、ゾンビものの作品として知られることが多いが、ハワード・P・ラブクラフトのクトゥルフ神話を基盤にしている。またスプラッター映画としての位置付けも高く、特殊メイクが多用された作品でもある。

 イタリアンホラーを代表する「サスペリア」のダリオ・アルジェントが製作・原案・脚本をてがけた。
 監督・脚本は、1960年代のイタリア恐怖映画の大立て者マリオ・バーヴァを父に持つランベルト・バーヴァ。

 耳に残るほどの名テーマ曲。そして赤・青といった数々の色使い。映像・音楽共に名作「サスペリア」と同格。グロ・ゴア・スプラッター描写が満載ではあるが、予算を掛けた斬新奇抜なSFX効果の数々は見もの。

 冒頭の地下鉄シーンで監督のランベルト・バーヴァが、仮面の男役をダリオ・アルジェントの愛弟子ミケーレ・ソアビ、ボーイフレンドとデモンズに襲われる女性役をダリオ・アルジェントの長女・フィオーレが演じるなどアルジェントファミリーが多数出ている。

 本作の続編として、TVをテーマにした「デモンズ2」がある。
 「デモンズ2」、「デモンズ3」にはダリオ・アルジェントの次女・アーシア・アルジェントが出演している。

【あらすじ】

 謎の人物から試写状を受け取って見知らぬ劇場に集まってくる人々。
 スクリーンには悪魔の復活を描いたホラー映画が上映され始めるが、それと呼応するかのように場内には異変が起き始めていた。
 一人の女性客が怪物に変身したのきっかけに、観客は次々と“デモンズ”と化していく…。

【キャスト】

ナターシャ・ホーヴェイ(シェリル)
ウルバノ・バルベリーニ(ジョージ)
パオロ・コッツォ(キャシー)
カール・ジニー(ケン)
フィオーレ・アルジェント(ハンナ)
ボビー・ローデス(トニー)
パスクワリーノ・サレーメ(パンクのリーダー)
ゲレッタ・ジャンカルロ(ローズマリー)
ファビオラ・トレード(カルメン)
ニコレッタ・エルミ(受付嬢イングリッド)
ミケーレ・ソアビ(謎の仮面男)
ランベルト・バーヴァ(地下鉄の乗客)
ジョヴァンニ・フレッザ(ジープの少年)

【スタッフ】

監督: ランベルト・バーヴァ
製作: ダリオ・アルジェント
原案: ダリオ・アルジェント
ダルダーノ・サケッティ
脚本: ダリオ・アルジェント
ランベルト・バーヴァ
フランコ・フェリーニ
撮影: ジャンロレンツォ・バッタリア
特殊効果: セルジオ・スティヴァレッティ
音楽: クラウディオ・シモネッティ

上映時間: 88分



FC2 Blog Ranking

category: 未分類



ホームへ戻る
[PV]